MENU
7,752

守られています

先日、会社の代表がコロナに感染しました、前日に少し喉が痛むから様子見で休むと連絡がありました。
次の日の事、喉の痛みも無くなったからと、出社されました。私はその姿を見るや、あ!近寄ってはいけない!と、咄嗟に2m以上離れた所から、PCRは受けたんですか?と尋ねました。

本人曰く、ただの風邪よと軽く返して来たので、私は、代表なのですから、一応検査だけ受けられてはいかがですか、陰性ならみんなも安心すると思いますと伝えました。
代表は、そうだねと近隣の病院へ行かれました、数時間後、笑いながら陽性だったよと連絡が来ました。笑っている場合かよと思いながら、お大事にして下さいとなった訳です。

私が驚いたのは、代表が会社に来たであろう瞬間、まだ姿は見えない距離に居たのに、何か空気が枯れた様な感覚というか色というか、そういうものを感じ、咄嗟にあ、この人多分コロナだと思った事でした。
これは、正に私を守っているという事であり、私に宿る神様が、視覚的では無く、感じ取る力と言いますか察知する力を与えて下さっているからだと思いました。

しかも、代表が罹る前からですが、コロナが会社にというよりも、割と近い所まで近付いて来ているという感覚があり、代表が罹った事で、ああやっぱり近くに来てたのかとなりました。

その他に守られていると感じる所は、あらゆる面でタイミングがドンピシャな事です。
あ!電話しなきゃと思ったら、直ぐにその相手から電話が来ますし、色んな検討をしていて、ここは時間を取って解決していく必要があるよななんて思っていると、初めて掛けて来る人でこういう商品が出来まして、是非ご紹介に伺いたいとなります。

それが時たま、先に起る事を宿る神様が手回ししてか、相手から素早く電話が来て色々と話を進めるのですが、なぜ?今はいらんと思い、一旦はお断りする訳です。それが少し経つと、あー、これだったのかあ、もうこの時間店仕舞いしとるがなとなるのです。色々と学ばせて戴いている事が有難い限りです。

もう一つ守らている事を書くと、最近、出掛けたお店で、色々と会話していました。相手の人に、ちょっと下心があったのでしょう、途中からどんどん、相手の人がボロを出し始め、物凄く落ち着かない態度になった事がありました。私は、ふむふむと聞いては、答えてという普段の会話をしていたつもりでしたが、最後には、机に頭を擦り付けて、お願いします、お願いします。と連呼され、もはや何をお願いされているのだろうと思い、いえいえ今はまだ無理ですからと、帰って来ました。

あれは、相手の本心を引き出して戴いた出来事だったと思っています。
最初の印象とは違い、あまり他人には見せない様な雰囲気を、恐らく初めて会う私に見せてしまったのではないかと感じました。でも、その態度を見た事で、もうあそこにはあまり行きたいと思わないだろうと感じました。

これからも、沢山の学びを通し、成長させて頂きたいと思っています。
神に、神に、ありがとうございます。
ありがとうございます。

引用して返信編集・削除(未編集)

御守護

以前より 書いておりました、 御守護の体験談を追加で載せたいと思い投稿しました。

少しずつですが 今回も 御守護を戴いていると言う思いを書かせて頂きます。

この時勢 コロナが蔓延しております、私共の職場も二人目の感染者が出ました。

同じ環境で同じ職場、同じ部屋で活動している同僚です。

ても私は感染せず症状も熱も出ておりません。
しかし同僚は、同じ仕事場で同じ仕事をして同じ時間を過ごしております。

違うのは仕事が終わった後の活動する世界、場所、時間帯が違います。

当然、此処には後ろに居られる方々が、色々な仕組みを構築され、御守護して戴いて居るから感染しなかったと思います。

仕事外で接する人達 、場所等での仕組みが起きるから、やはり感染する人と、しない人が出て来るのだと思います。

やはり、この時間帯に外に出るべきか、出ないか、そこでの閃きは、宿られている神様から御助言戴いていると思います。
閃きで、この場所には行かないほうが良い、又、気分的にも、行きたくないような気分にもして頂いて、ストップを掛けて戴く等の、ご指導を戴いて居ますから感染しないです。

御守護の中にストップを掛けて頂けると言う事柄が有ると以前に書きましたが、これも色々なストップの掛け方の一つでしょう。

もう一つ、物質的な御守護も戴きました。
先週、私が住んで居る住居の給湯器が動かなく、お湯が出なくなりました。
給湯器のリモコンの電源が入らなく給湯器が起動出来なくなりました。

色々な事を調べていたら、給湯器の電源を切り、リセットすれば復活する可能性が有る事を知りました。
電源を切ってリセットを行ないましたが作動しませんでした。
しかし、此処からが御守護を戴いたなと思いました。
故障したのは私がお風呂を使ってから寝る前に、お湯が出なくなったからです。

そして次の日が仕事で考えて居たのは、帰った時に、お風呂を、どうしようかと悩んでおりましたら、その時に、閃きが起こり、もう一度リセットすれば給湯器が 復活する、そのようなイメージが脳の中に閃いて来ました。

実際、仕事が終わり帰って来まして、もう一度リセットして給湯器の電源を入れれば復活して、お湯が使えるようなイメージが沸き起こり、リセットしてみました。
給湯器のリモコンに電源が入り、給湯器が起動し、お湯が出て来ました。

物質的な、かたち有る御守護の例として、故障した物が作動し、お湯が使え体が洗え、お風呂に浸かる事が出来ました。
御守護、お仕組み、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。

これは、凄い御守護、お仕組だと思うのですが私が、もっと感動、感激したのは、この閃きのイメージを寸分たがわず、伝えて戴いた、私に宿って居られます神様の御守護とお仕組みを感じました。
宿って居られる神様の考えが、そのまま私の閃きとして伝わり、その仕組み通りに物事が起きた事に対して感激が、溢れました、ご指導戴いて給湯器が復活する事も驚きですが、寸分たがわずの閃きを、お伝えて戴いた事の方が私としては、凄い驚きでした。

本当に見守られ、御守護を戴き、ご指導して頂いて居る。
宿って居られる神様に、本当に感謝しなければならないと思いました、閃きのイメージは 現実的だっただけに感謝の思いが膨らんできました

宿って居られる神様、閃きを戴きまして、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。

神ノ大元ノ大神様、全てを戴いております、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。
神ノ大元ノ大神様、又、各神々様、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。

引用して返信編集・削除(未編集)

神のシアター更新しました!

久し振りの更新です。
神のシアター、実に8年振りです。
ご興味のある方は、http://kamiamanesimono.com/category4/entry24.html をご覧ください。

宜しくお願い致します。

引用して返信編集・削除(未編集)

宿る神様

御守護の中に ストップを掛けて頂けると言う 事柄が有ると 以前に書きましたが 、色々なストップのかけ方のうちで、私の職場において、どうしても近づき難いと言うか、愛想が悪いと言うか、 付き合いづらい方が居られます。
無理に近づかずに遠目で、お付き合いをさせて頂いておりますと書きました。

人付き合いが悪く、なかなか話しづらい方々も多いのですが、他の方々とは上手く付き合っているのですが、人との付き合いの中で、他人の方が行った事柄において、後ろに居られる方々からの情報を、宿る神様が収集して私共に、虫の知らせ的に伝えて戴く事もあります。

例えば簡単な事柄では、仕事場において、私に関わりが有る方々が、行う失敗等を先に察知すると言うか、扉の鍵の施錠忘れ、室内の照明の消し忘れ等、その場に行く前に 閃きとして、知らせて戴く事もありますと、書かせて頂きました。

今まで、後片付け、後始末的な手助けを、していた方が転勤される仕組みが起きました、何もしない接点の無い方とは、そのままで、関りが有り、失敗をしていた方が居なくなりました。
転勤です、仕事場を換わられました、その事により私の活動が楽に成る仕組みも有るのだと体験させて頂きました。

毎日の現状が私にとって都合の良い仕組みを起こして下さっています。
これも御守護で、宿る神様が動き、後ろに居られる方々との活動の、お陰です。

大変な事になる事を、それ以前に付き合いすら分断した接し方を、神々と相手方、私の御先祖様が仕組んで戴いて居るのだと思いました、当然、その相手側の後ろに居られる、ご先祖様の皆様方、又、神々の皆様方、その方達との付き合い、折り合い等も宿る神様が仕切られていると思います。
人との付き合い方にも御守護に繋がっている事に 気づかせて戴きました。

もう一つ、これも御守護だと思い当たった事が有りました。

御守護の中にも入ると思うのですが、肉体の脳との付き合いにも、宿る神様の働きが必要です。
脳と言う細胞に関りが有る神々との連携、情報交換にも神々の力と宿る神様の働きが有り。
耳の音の聞き取りが悪い時など、脳に、おかしいなと伝えるのにも、脳担当の神様に現状の情報を正確に伝える事が出来るのも、宿る神様を通して、神ノ大元ノ大神様の御守護が有るからです。

人生の中で、身近な人達がこの世を去る、歳を取り老いて行くのは順番にやって来る、それが常識だと。
私達の身体は、生まれてから一定期間を経て行くと、肉体は、目が衰えて行き、足が不自由になり、物を忘れて行き、そして朽ちて行くのが肉体を持った人間の現状だと思っています。

しかし、歳をとり、老化による衰えで目が見えにくくなったとしましょう。
脳に対して【おかしいよね?目が見えにくくなっているのは、おかしいよね、俺、まだ若いのに、見えにくくなっているの、おかしいよね】と心の中で呟いてみます。
毎日呟きます。
言葉の掛け方は自由ですが、おかしいよね?は必ず入れて呟きます。

脳は、きちんと応えてくれます。

おかしいよね?の言葉に付け加えて、目が見える有難さも感謝して、呟きます。

目ってほんとに有難い、少しでも見えてほんと助かる、感謝しますと。
時が経ち、少しでも見えてきたら、又、感謝します。

身体に限らず、生活の中でも使えます。
物事が滞っていて中々上手く行かないときにも、脳に、【おかしいよね?何でこんな事になったのだろう、】と。
何度も呟きます。
そうすれば、必ず活路が開いて行き、物事が上手く運んで行きます。
当然この時にも、宿る神様、後ろに居られる方々との活動が有ります。
宿る神様と連携が取れる様になれば、解決の糸口を見つけらます。

九代さんも書いておられますが、若返りたい人、やってみて下さい。
【おかしいよね?私はまだ30代なのにこんなに老け顔で、おかしいよね】例え、自分が60代・70代でも、なりたい年齢でやってみてください。

身体の変化については、脳に役割があって、日々活動していますが、こちら側からもアプローチが出来るという実践です。
やってみて下さい。

神ノ大元ノ大神様、全てを戴いております、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。
神ノ大元ノ大神様、又、各神々様、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。

引用して返信編集・削除(未編集)

人間の老化

私達の身体は、生まれてからある一定期間を経て行くと、目が衰えて行き、足が不自由になり、物を忘れて行き、そして朽ちて行く。症状に多少の違いはあれど、みな、同じ過程を踏んで、この世を去って行きます。

この老化というものを何とか止められないか、永遠に生きる術はないのかと歴史上の人物が財を成して探しても、叶わなかったのは有名な話です。
しかし、永遠に生き続ける事は、不可能としても、生きている間、元気はつらつとして目もよく見え、足腰も軽快に動き、記憶もバッチリ、そして眠る様にこの世を去って行く。
こういう生き方こそが、本来、私達が神から与えられた身体の使い方だと言えます。

私達は人生の中で、身近な人達がこの世を去る過程を見て来て考えるのは、歳を取り老いて行くのは順番にやって来る事なので、仕方が無い事だ。それが常識だ。と何の迷いも無くそう思っています。
自分の脳さえもその考えに賛成している事でしょう。

最近の研究で、分かり出して来た事は、足を怪我した時に痛みをどこで感じるのか、実際に怪我をした部位そのものではなく、脳から、そこそんなになっちゃったら痛いよね?と指令が行き、痛みを感じるのだと。
お腹に違和感がある時、例えば、お腹の表面は何にも症状が無くても、お腹の中のこの辺りという具合に考えますよね。あれも、脳から、表面じゃないよね、その奥だよね?と指令が来て、いたたたた!となる訳です。

この様に、身体の変化については、脳に役割があって、かゆみや痛みを知らせて来る訳ですから、逆に言えば、こちら側からもアプローチが出来るという事です。

例えば老化によると衰えで目が見えにくくなったとしましょう。
脳に対して【おかしいよね?目が見えにくくなってるの、おかしいいよね】と心の中でも呟いてみます。【 】の言葉に付け加えて、目の有難さもきちんと感謝して、呟きます。
【目ってほんと有難い、少しでも見えてほんと助かる、感謝します。でもおかしいよね、俺、まだまだ若いのに、見えにくくなっているの、おかしいよね】
と毎日呟きます。言葉の掛け方は自由ですが、おかしいよね?は必ず入れて下さい。

脳は、きちんと応えてくれますよ。

身体の異変に限らず、何事にも使えます。例えば、物事が滞っていて中々上手く行かない事について、脳に、【おかしいよね?何でこんな事になったんだろう、おかしいよね】と。何度も呟きます。そうすれば、必ず活路が開いて行き、物事が上手く運んで行きます。

若返りたい人、やってみて下さい。【おかしいよね?私はまだ30代なのにこんなに老け顔で、おかしいよね】例え、自分が60代・70代でも、なりたい年齢でやってみてください。

まずは、やってみて下さい。何か変化がありましたら、投稿をお願いします。

私の場合は、数か月前より実践している事があって、少しお話すると、掲示板に以前から書き込んでおりますが、身体の中の細胞には神が入っていて、それぞれの働きによって身体は機能していて、その細胞を司る神々が居るというお話です。

私が、私の中に宿る神様と連携している事は以前お話した通りですが、自分の身体の異変、例えば、関節のどこかが腫れて少し痛む等の症状が出て来た時、神ノ大元ノ大神様に祈り、宿る神様と話をさせて頂きます。
そこで、細胞の神々様に対してもお話もさせて戴くのですが、血の巡りが滞っている場所で働いている細胞の神々様、どうぞ、血の巡りの改善の働きをお願い致しますと、数回唱えると。

午前中に唱えれば、夕方には、腫れが無くなり、痛みが段々取れて行くという現象を体験させて戴いています。

自分の身体に起る内容にもよるとは思いますが、宿る神様と連携が取れる様になれば、解決の糸口を見つけられるのではないかと思っています。

皆さんはまず、先ほどの、おかしいよね?をやってみて下さい。
そして、注意点を一つ、何かをやる時に、否定から入らない事です。否定という言葉は、読んで字の如く、全てを台無しにさせる言葉です。
何事も素直に実行する人だけにしか体験は許されない事なのです。

リニューアルしたカミアマネシモノの会掲示板、これからもよろしくお付き合いをお願い致します。

引用して返信編集・削除(未編集)

サイトの引っ越し

皆さんこんにちは、愉人です、8月より、今まで使わさせて頂いていた掲示板のサイトを引越しした事を報告します。
前のサイトとは、使い方が変わっている処も有ると思いますが、宜しくお付き合いを、お願い致します。

引用して返信編集・削除(未編集)

起こる事から変わる事

投稿者:神周士の会 九代 投稿日:2022年 7月23日(土)17時40分3秒 i125-201-232-232.s42.a040.ap.plala.or.jp   通報 返信・引用
最近身の回りで起こった事から考える、ひとつの方向性について気付いた事などを書かせて頂きます。
今月も残すところ後一週間強ですが、七月だけで、私が今世で出会った人が三人亡くなりました。理由は様々ですが、お一人だけが自〇というかたちでこの世の幕をおろされました。

まだまだ、働き盛りの年頃でいて、選択肢がそれ一点だった事が、とても残念です。

実際に思い悩んでいる事があった時、気軽に話が出来る人が周りに居なければ、そういう状態である事すら見逃してしまいます。
私などが社会に出て悩みなどを打ち明けていたのは、同年代ではありませんでした。上司などの人生の先輩から飲みに誘われながら悩みを打ち明けたものです。

今、コロナ禍の中でおいおい飲みにも行けず、社内コミュニケーションのみでとなると、悩み云々では無く、日々仕事に追われ過ごしている環境であり、その部分だけでは非常に厳しいものがあると感じてなりません。

しかし人智だけで考えるとそうなってしまいますが、人智を超えた存在に働き掛ける事が叶えば、社会そのものが変わって来るでしょう。
その為にも、多くの人々の目覚めが必要となって来ます。

そして重要な事は、誰しも一人では無いという事を理解して欲しいのです。
一人の人間の中には、自分自身を導いて下さる宿る神様がいらっしゃいます。
宿る神様には司る神様も居られ、他の神々と繋がっている限り、人は、戴いた人生を全う出来るのです。

自〇をして肉体との縁は切れても、魂と神々との縁は切れませんので、戴いた人生を自ら絶ってしまうと、魂が受ける罪は大変重いものとなってしまいます。

人であった時に受ける苦労は、その人に必要だから、あるのです。
自分自身に起る事全ては、神から与えられた試練ですから、必ず、乗り越えられる様になっているのです。

試練を乗り越えるのに必要なのは、地道な、切なる神心の思いなのです。
誰も、一足飛びに試練を無かった事には出来ません。
一歩、一歩、自分の足で歩く他、無いのです。
その一歩、一歩が、神に通じ、宿る神様と繋がる事が叶うのです。
戴いた命を守り抜き、人生を全うする。

これが、人である生き方です。

日頃の生活自体が、やはりコロナ禍以前とは、違ってしまったと皆さんも感じている事でしょう。家に籠って黙々と何かに打ち込んでいたり、人との接触を避け、一人でいる時間が増えた人、こう考えると結局、悩みを打ち明ける人が居なくなったとも言え、孤独死が増える環境が続くという意味合いにも繋がってきます。

私達の暮らしが、なぜ、コロナの様なウィルスによって脅かされているのか、いかに、いち個人が弱い存在かというものをまず、示されているのではないでしょうか。
そこで、人間の知恵でワクチンや対抗手段を講じる、がしかし、何をやっても、上手く行かない。

なぜか。

人智を凌駕した存在を忘れているからです。

人間が尽してだめならば、昔であれば、神頼みです。
なぜ、全国に、これだけの神社があるのか、誰か考えた事はあるだろうか。
その土地、その土地で起こった災害、疫病、飢饉によって、人間が減って行く、それを食い止める為に、神様にお願いをするんですよ。

それをやって来たから、私達は命を繋いで来られたのです。ご先祖の方々が頑張って神様に祈ったから、今の私達の生活があるんです。
私達の命そのものは、近くの神社の御祭神のおかげなんですよ。
だから守って戴いている感謝を伝えに、挨拶に行かなければならないんですよと何度も伝えているのです。

その事に気付きなさいと仰っているんです。

今後、社会の構造は方向が分かれて行く事になるでしょう。
人間を信じるグループと神様を信じるグループとに。
どっちに入るかは、神様次第です、言い換えれば、貴方次第という事です。

また、住みよい社会をつくる為には、社内にカウンセラー部門を配置して運営する事になって来るでしょう。仕事をする人と、人を見る人とに別れて、同じ場所で営んでいく社会です。悩み事を専門に見る事が出来る人が社内にいたら、どんなに思い悩む人々が減って行くか、本当に親身になって応対してくれる人が身近に居ると安心するか、そういう環境を整える必要があります。

自〇者をどう減らしていくのか、同じ世界で暮らす人間として、一緒に考えなければならない事だと思います。
神様との連携無くして、人間の存続はあり得ません。

本当に、真剣に、行動して行く必要があるのです。

引用して返信編集・削除(未編集)

起った事は許されている

投稿者:神周士の会 九代 投稿日:2022年 7月16日(土)21時08分9秒 i125-201-232-232.s42.a040.ap.plala.or.jp   通報 返信・引用
掲示板をご覧の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
世間では日々色んな事が起こっています。その中でも、なぜこの様な事が、と思う事や、なぜこんなに理不尽な事がと思うケースもある事でしょう。

幼い頃は裕福だったのに、ある事をきっかけに貧乏になって、なぜ自分だけがこんな思いをしなければならないのかと犯罪に走る人、または自分はそうなるまいと一生懸命生きて幸せをつかむ人。

どちらの人生を選択するかは、自分自身です。
犯罪に走る人は、それまでの育ちが緩く甘かったからでしょうか、甘えて育った人が全員犯罪者かというとそうではありません。やはり、独り立ちする時期が早いか遅いかの関わりから始まり、自分の思想がどういう状態で過ごす事になるのかが大きいです。

環境は自分で変えようと思わなければ変わらないものです。
自分で人生を切り開く他に活路は見いだせないのに、自分の今の不幸は誰かのせいだと言い出したら、心がどんどん荒んでいきます。
他人に対して、強く殺意や怒りを送り続ければ、それ相応の方々が、近寄って来たり、目に見えない世界からアプローチされる事となります。

私の経験上から言えば、思いは通じるという事。
病がしんどい状態にあった時、しんどいけれど、きちんと礼を尽くし、神社へお詣りをして、少しで身体が和らぐ働きを戴きたいと願い、何か月も何十回もそう唱えたら、身体が段々楽になって来て、努力を続けた結果今の様に普段と変わらない生活が送れる様になったのです。

これは、神々に思いが通じたと言える事です。

反対に、自分は五体満足で、その状態に感謝もせずして、他人の事を恨み、殺意を願い、思い続ければ、思いを遂げさせようとなさる方々に思いが通じる事となります。
そうなれば、本当に思いを遂げる事が出来るでしょう。

これは、目に見えない違う方々に思いが通じたと言える事です。

他人への思いが、その方にも通じる事は皆さんも経験されているでしょう。
初めてお会いした方で、第一印象が良ければ、相手からも同じ様に印象が良く思われ、反対に、第一印象が悪ければ、相手からもよく思われていないケースです。
大抵の場合、第一印象が悪いと、その後も態度や顔に出てしまい、お互いに気まずい状態になったりします。

これは考え方にもよりますが、自分が苦手と思う方をよこされたんだなと割り切って、どうしたら穏やかに関係を保てるかを考えたり行動したりする事も一つの学びだと思います。手を尽くしてもだめなら、神様に、関係をうまく運べるようにお願いしてみる事も大事な事です。

先程、悪い思いも違う所に通じると書いた通り、願いが叶い実行され、本当にそれが起った時、それはその行為が邪魔されなかったという事であり、許されたという事です。
神々は、人間を守護して護っているのですが、神を崇めず、神から離れた者は、神々でも守り様が無いという事です。

その様な事になってしまったのは、そうなってしまった人の思いと行動が大きく関係していた訳です。

今の世の中は、神を崇めず、神から離れた人がほぼ大多数となります。
不幸の順番を待っているの?と思ってなりません。
貴方の中に宿る神様は、貴方の目覚めを待っているのです。
起った事は、全て許されているからなのです。

そこをもっと大切な事として、受け止めて、思い、行動して欲しいと思っています。

引用して返信編集・削除(未編集)

気付いた事

投稿者:神周士の会 愉人 投稿日:2022年 6月24日(金)16時56分8秒 zaq31fa8f1d.rev.zaq.ne.jp   通報 返信・引用
宿られて居る神様について、気が付いた事を書かせて頂きます。

御守護の中にストップを掛けて頂けると言う事柄が有ると 以前に書きましたが 、色々なストップのかけ方のうちで、これも御守護だと思い当たった事が有りました。

私の職場において一人だけ、どうしても近づき難いと言うか、愛想が悪いと言うか、 付き合いづらい方が居られます。

毎日、私と知り合う方々、その後ろに居られる、御先祖の方々に、朝、宜しく、お願いしますと、トラブルが起きないように、挨拶しておりますが、何か不穏な、私に何か文句でも言いたそうな雰囲気で前世からと言うか因縁と言うか訳の分からない雰囲気の中で行動し、毎回、職場で顔を合わせて活動して居ります。

しかし、考えてみれば、その方と無理に近づく関係が生じたらトラブルが起きるから、 事前に 後ろに居られる神々、御先祖の方々がトラブルが起きる以前に普段から付き合いづらく、して戴いている可能性が有るなと思いました。

人付き合いが悪く、なかなか話しづらい方々も多いんですが、他の方々とは上手く付き合って居れるのですが、どうしても、その方だけは気まずい雰囲気が残ってしまいます。

そこで 無理に近づかずに遠目で、お付き合いをさせて頂いております。

もし、何らかの事柄、関係が生じ、トラブルが起きてたら大変な事になる事を、それ以前に付き合いすら分断した接し方を、神々と相手方、私の御先祖様が仕組んで戴いて居るのだと思いました、当然、その相手側の後ろに居られる、ご先祖様の皆様方、又、神々の皆様方、その方達との付き合い、折り合い等も宿る神様が仕切られていると思います。

相対する相手だけでなく、周りに居られる人々、何の接点もない方々の配置、仕組みをして戴いて居る事。
因縁が有って遠くに居られる方々と接点が出来れば大変な惨事に成る可能性が有るります。

人との付き合い方にも御守護に繋がっている事に 気づかせて戴きました。

宿られて居る神様の行動には感謝しかありません

人間に宿る神様に如何にして感謝を示せるかを日々考えております。

神ノ大元ノ大神様、全てを戴いております、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。
神ノ大元ノ大神様、又、各神々様、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。

引用して返信編集・削除(未編集)

試練を乗り越えるには

投稿者:神周士の会 九代 投稿日:2022年 6月18日(土)11時33分30秒 i125-201-232-232.s42.a040.ap.plala.or.jp   通報 返信・引用
試練の話の前に、近況報告です。会社で請け負った仕事で、地方に泊まりで行くケースが出て来ました。古株社員が言うには、ここ25年以上、泊りでの出張は経験がなく、初めてだと言います。同行される方は、少し旅行気分になっている様でウキウキしています。

出張先が宮崎で、泊まる所が鹿児島なんですが、あれ?待てよと思う事が一つ、当会でも数年前から、鹿児島に行かなきゃねという話題があったけど、コロナなどの関係もあり全然実現出来ていない事。

それから、つい3日程前の事で、来月も出張になるかもですよという話が出て来て、出張先は島根になると。行くとなると泊まりになるので、今の会社的に可能か?はありますから、今はまだ決定ではありません。
そこで、あれ?待てよと思う事がもう一つ。島根方面も会で行かなきゃねという話題が数年前からあったけど、コロナなどの関係もあり全然実現出来ていないのです。

うーん、何でしょう。
場所の一致、、、
さっぱり分からん事ですが、何かあるんでしょう。

さて、本題に入ります。皆さんは、今住んでいる場所や地域が、例えば大雨や地震などの災害が起きた時、避難場所とか、どの程度冠水するかなど、何かで調べた事はありますか?
現在住んでいる所は、山の下の方だけど、または山の上の方だけどという方々も居られるでしょう。

現在住んでいる場所がたとえ危ない場所だったと分かっても、先祖代々居る場所であれば尚更、変わる事など困難でしょう。
そういう場合は、やはり、どこに逃げるかを確かめておき、直ぐに動ける体制をとっておくのが大事な事となります。

裏に山があって長雨が続いたら、または物凄い量の雨が降ったら、どうなるでしょう。木造2階建ての場合、1階だけが流される事はありません、家ごと流されてしまいますので、山の付近に住んでいる方々は、その場を離れるほか助かる道は無いと言えます。

また、大規模開発を行い、山を削って平坦な場所を作って家を建てている所もありますが、たとえ地形が変わっても、そこに、過去にもし何らかの災害が起こった事があるならば、再度起きる可能性は、起きていない所とは比べ物にならない事です。

図書館に行って調べるのも良いですが、付近にある神社やお寺に行けば、その土地で過去に何が起ったのかは調べられます。
先人達が、きちんと残している道標がありますから、それを蔑ろには絶対にしないで頂きたいと思います。

今、本当に至る所で、異常気象で東の方ではヒョウなどが降って、大変な事態になっている所もあります。
自分の身は自分で守るとは言っても、全てを天に任せると言って、自分が努力しないのであれば、生きられるチャンスを逃してしまうかも知れません。

何度も言いますが、自分の中に宿る神様に動いて戴く他に、手は無いと言っても過言ではないのです。まずは、日頃から自分に宿る神様に、私に宿る神様、日頃守って頂き、ありがとうございます。とか、言い方は色々あるでしょうが、それを言うようにして下さい。

また、今宗教団体で活動している方々に、言いたい事があるのは、自分の運命を投げ出す事を必死にやっているだけだという事に気付いて欲しいのですが、中に入ると外が見えなくなる。これは私も経験している事なので分かるのですが、家族からまたは、親しい人からの助言であれば聞いてくれる可能性はありますから、身近な人がそういう団体に入信しているのであれば、伝えて欲しいと思います。

神から与えられた、その人その人の運命があり、たとえ病気になっても、自然の治癒能力を発揮させて戴ける能力を身に着ける事は出来るのですよと。
私自身が、リウマチという病気を宿る神様と連携して、不自由なく生活できるまで回復出来たのです。

そういう人がいるらしいよ、だから、宗教に関わらなくても幸せになれるんだよと伝えてみて下さい。

宗教は、ただの金儲け集団です。
自分の身を削ってまで入り込む様な所でも無いし、いる価値もありません。

神様は、人間一人一人に自分の人生を歩いてほしいのです。
自分の人生とは、宗教という鎧を付けないという意味です。
神様と自分という、間に何も邪魔が無い、透き通っていて、繋がっている状態になる事を望まれているのです。

分かれ、分かれと試練を与えられているのです。

引用して返信編集・削除(未編集)
合計491件 (投稿491, 返信0)

ロケットBBS

Page Top