MENU
6,900

スレッドNo.482

試練を乗り越えるには

投稿者:神周士の会 九代 投稿日:2022年 6月18日(土)11時33分30秒 i125-201-232-232.s42.a040.ap.plala.or.jp   通報 返信・引用
試練の話の前に、近況報告です。会社で請け負った仕事で、地方に泊まりで行くケースが出て来ました。古株社員が言うには、ここ25年以上、泊りでの出張は経験がなく、初めてだと言います。同行される方は、少し旅行気分になっている様でウキウキしています。

出張先が宮崎で、泊まる所が鹿児島なんですが、あれ?待てよと思う事が一つ、当会でも数年前から、鹿児島に行かなきゃねという話題があったけど、コロナなどの関係もあり全然実現出来ていない事。

それから、つい3日程前の事で、来月も出張になるかもですよという話が出て来て、出張先は島根になると。行くとなると泊まりになるので、今の会社的に可能か?はありますから、今はまだ決定ではありません。
そこで、あれ?待てよと思う事がもう一つ。島根方面も会で行かなきゃねという話題が数年前からあったけど、コロナなどの関係もあり全然実現出来ていないのです。

うーん、何でしょう。
場所の一致、、、
さっぱり分からん事ですが、何かあるんでしょう。

さて、本題に入ります。皆さんは、今住んでいる場所や地域が、例えば大雨や地震などの災害が起きた時、避難場所とか、どの程度冠水するかなど、何かで調べた事はありますか?
現在住んでいる所は、山の下の方だけど、または山の上の方だけどという方々も居られるでしょう。

現在住んでいる場所がたとえ危ない場所だったと分かっても、先祖代々居る場所であれば尚更、変わる事など困難でしょう。
そういう場合は、やはり、どこに逃げるかを確かめておき、直ぐに動ける体制をとっておくのが大事な事となります。

裏に山があって長雨が続いたら、または物凄い量の雨が降ったら、どうなるでしょう。木造2階建ての場合、1階だけが流される事はありません、家ごと流されてしまいますので、山の付近に住んでいる方々は、その場を離れるほか助かる道は無いと言えます。

また、大規模開発を行い、山を削って平坦な場所を作って家を建てている所もありますが、たとえ地形が変わっても、そこに、過去にもし何らかの災害が起こった事があるならば、再度起きる可能性は、起きていない所とは比べ物にならない事です。

図書館に行って調べるのも良いですが、付近にある神社やお寺に行けば、その土地で過去に何が起ったのかは調べられます。
先人達が、きちんと残している道標がありますから、それを蔑ろには絶対にしないで頂きたいと思います。

今、本当に至る所で、異常気象で東の方ではヒョウなどが降って、大変な事態になっている所もあります。
自分の身は自分で守るとは言っても、全てを天に任せると言って、自分が努力しないのであれば、生きられるチャンスを逃してしまうかも知れません。

何度も言いますが、自分の中に宿る神様に動いて戴く他に、手は無いと言っても過言ではないのです。まずは、日頃から自分に宿る神様に、私に宿る神様、日頃守って頂き、ありがとうございます。とか、言い方は色々あるでしょうが、それを言うようにして下さい。

また、今宗教団体で活動している方々に、言いたい事があるのは、自分の運命を投げ出す事を必死にやっているだけだという事に気付いて欲しいのですが、中に入ると外が見えなくなる。これは私も経験している事なので分かるのですが、家族からまたは、親しい人からの助言であれば聞いてくれる可能性はありますから、身近な人がそういう団体に入信しているのであれば、伝えて欲しいと思います。

神から与えられた、その人その人の運命があり、たとえ病気になっても、自然の治癒能力を発揮させて戴ける能力を身に着ける事は出来るのですよと。
私自身が、リウマチという病気を宿る神様と連携して、不自由なく生活できるまで回復出来たのです。

そういう人がいるらしいよ、だから、宗教に関わらなくても幸せになれるんだよと伝えてみて下さい。

宗教は、ただの金儲け集団です。
自分の身を削ってまで入り込む様な所でも無いし、いる価値もありません。

神様は、人間一人一人に自分の人生を歩いてほしいのです。
自分の人生とは、宗教という鎧を付けないという意味です。
神様と自分という、間に何も邪魔が無い、透き通っていて、繋がっている状態になる事を望まれているのです。

分かれ、分かれと試練を与えられているのです。

引用して返信編集・削除(未編集)

このスレッドに返信

ロケットBBS

Page Top