MENU
7,783

体験談-試された日

投稿者:神周士の会  九代 投稿日:2015年 8月14日(金)15時39分37秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用
先日、五島列島に50年に1度と言われる大雨が降った早朝、私は長崎に向けて車を走らせていました。
長崎には仕事で向かっていたのですが、その他に大切な神の仕事があると思い込まされた長い一日の始まりです。

話しは遡る事、11日のお昼頃、神様の御伝えをされる方と話していた時です。
会話の途中で、明日長崎に仕事で行く事になったんですよと話すと、御伝えをされる方が急に苦しみ出し、苦しい、苦しい、喉が焼けると言い出しました。
私は、すかさず、原爆の関係者ですかね?と尋ねると、恐らくそうでしょうねと言われました。

そして、御伝えをされる方から、挨拶に行って下さいと言われ、どこへ?と問うと、探して下さい。と言われました。
夜中でも何時でも構いませんので、場所を探してメールして下さいと言われ、通話は終わりました。

仕事を終え、帰宅したのが9時過ぎ頃、それからネットで検索するも全く感じる所がありません。
時間だけが過ぎて行き、違うだろうなと思いつつ幾つかメールをしたものの、やはり違うと返事が返って来ます。
意識を集中して下さいと言われても、少しは寝ないと身体に堪えるとか考えていると、少しも集中なんて出来ません。

そしてその日に私が出した結論は、今回は無理の様ですでした。

それでも尚、出発前になると、気になり、□□町の○○神社はどうですか?とメールをしたところ、□□町へ行って下さいと返事が来ました。
それを見てまず思った事は、へ?行って探すって事?行くのも時間が掛かるのに、行って探し回るって、時間無いでしょ、でした。

ま、とにかく、今日のメインは仕事だから、仕事が早目に終われば、行くだけ行ってみようと思い、車を走らせました。

高速道路はどこもかしこも猛烈な雨です。
これじゃ、仕事も大変だと思いながら、午前中の打合せ先に約30分遅れで到着しました。
午後からの打合せ先に行く頃、雨は小康状態となり小雨程度になっていました。そしてその日のメインの打合せでは、すっかり雨も上がり、晴れ間が出て来る程に明るくなり、あの猛烈な雨が嘘のような天気でした。
仕事は何ら支障も無く、とても充実した時間を過ごしました。

その日予定していた打合せとは別に、施主より、せっかくいらしたのだから、他の打合せもしたいと、要望があり、打合わす事になりました。
打合せが終わったのが、午後5時過ぎでした。

あ!今日はもう□□町は無理だ、直ぐに諦められる程の時間でした。
しかも、その後の事を考えても、時間的な余裕は全くありません。
なぜなら会社に戻り残務整理がある事と、夜はSkype集いの会開催日だったからです。

会社に戻ったのが、7時30分過ぎ、残務整理が思った以上に時間が掛かり、Skype集いの会の開始が、10時40分頃になってしまいました。

私は集いの会で、達成出来なかった御叱りを、受けるかもしれないと思っていました。
会員に今日あった出来事を話すと、それは踊らされただけじゃない?と第一声。
私はきょとんとなり、一瞬考えが止まりました。

会員曰く、先月末のSkype集いの会で話があったでしょ。

会話の一部
霊を救うとか神を救うとか、してはいけませんよね。
パフォーマンスとかで肉体を持っている人達に、こう言う事が出来ますよとか、こう言う風にして救われて行くんですよとか、そう言う言葉なんて一切出してはいけません。
これは神の仕事、神々が行う事と、肉体を持った我々が行う事と、仕事の内容が違いますから、踏み込んではいけない領域には、踏み込んではなりません。
そこを皆解らずやっているから、行き詰まり、もがき苦しむ、良いものとされていたものが、段々と要らなくなって来るのが、今の世であると。

この会話の直後神示しを頂戴しました。

そなた達に与えしもの、これがマコトの神の仕事、よくよくわきまえて、行うべし、特に九州の者、良いな。

でした。

私は以前、所属していた所で、正に会話の一部に書かれているパフォーマンスを行っていました。
正義感が強いため、救いと聞くと何とかしなければと、いろんな場所に赴き、パフォーマンスを行っていました。
そんな所属先も、ある事がきっかけで、去る事になりました。
それは、動物霊の集団が指揮していた事に気付いたからです。

今回の事は、神様の御伝えをされる方を御使いになり、苦しみもがく者を目の前に置いたら、どう行動をするのかを試された訳です。

案の定私は、被爆者が苦しんでいるので何とかしなければと、奔走していました。
しかし、存在しない場所を追い求め検索し、時間的な制約で断念させられ、当日も仕事をギリギリまで延ばされると言う仕組を戴いて、時間的な制約で断念した訳ですが、実際行った所で、果たして何が出来ていたでしょうか、何も出来る筈がありません。

神社に挨拶をしたら、救われるのか、いいえ、救うか救わないかどうするかを決めるのは神々なのです。
それは神の領域の話しです。
そこを間違えたら、または行っていたならば、元の木阿弥だったのです。

先程、神示しを記した最後に、九州の者と申されたのは、会員の中で一番正義感が強い者だからこその御言葉なのです。
この事は、人間全員に当てはまる事です。

どんな人間でさえ、神の領域を侵してはならないのです。

短い時間でのSkype集いの会でしたが、そこに気付かされる大切な時間でもあったのです。
神様から、軟らかくなりなさいと、言われました。

目まぐるしい日の終了です。

また、何かありましたらご報告させて頂きます。
》記事一覧表示

引用して返信編集・削除(未編集)

高山集いの会

投稿者:神周士の会  九代 投稿日:2015年 8月 1日(土)17時35分40秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用
7月19、20日は、岐阜県高山にて集いの会が開催されました。

高山で開催された集いでは、神々から、未だかつて誰も知る事が許されなかった神実(しんじつ)が明かされました。

今回高山で初めて伺った神社で、明かされました。
そこは、かつて神々が沢山いらっしゃった場所だったのです。

残念ですが正確な場所をお知らせする事は、神々より止められておりますので、想像が出来る範囲内で伝えてみたいと思います。

そもそもその神社に行く事になったのは、神様の御伝えをされる方より高山のある土地名が、ヒントになりました。

ただ、土地周辺は、神社だらけで、中々ここだと言う場所は見付かりませんでした。
そこで少し日数を置いて改めて個々で探す事となり、検索していました。
すると、検索中に時々ヒットするものすごーく気になる神社があったんです。

直ぐに、神様の御伝えをされる方に報告したところ、よく探したと喜んでいらっしゃいますよと返事が返って来ました。

すると何故だか、行ける!では無く、帰る!と言うキーワードが飛び込んで来ました。
私は、これまでの人生でその土地に足を踏み入れた事はありません。

しかも、場所の記憶さえありません。
それが、何故か、帰る。と自然発生的に思ったのです。

不思議な懐かしさが込み上げて来たのを覚えています。

当日の話しになりますが、前日までに、何度も道順は検索していた功が奏し一度も間違える事無く、神々から導かれて参道付近まで車で辿り着きました。

そこは、車で参道らしき付近まで近付いても神社の姿を確認する事さえ出来ず、車を降りて探す事になりました。

斜面の方向を見ると、階段らしき段が確認できました。
その上がどうなっているのかはまだ見えません、逸る気持ちを抑えながら進んで行きました。

階段を昇っていると狛犬が見えて来ました。

見付けた!

とホッとした気持ちと、迷わずその地に足を踏み入れさせて戴いた感謝の気持ちがじわっと込み上げて来ました。

拝殿に到着し、辺りを見渡すと、静寂に包まれた神社がそこにはありました。
早速に準備をしてご挨拶を行うと、御祭神が御出になり、御褒めの言葉を頂戴し、次に大切な言葉を頂戴しました。

それは、
この地から神々が出て行った。

と申された事です。

私達が迎え入れられ、辿り着いた神社は、正にそこから神々が出て行った唯一の場所だったのです。

こんな事聞いた事は無いでしょう。

人間が作った書物には、残念ながら掲載されていないでしょう。
なぜなら、書物と言うのは人間が創作して作ったものであり、神々から直接聞いた話では無いからです。

ただし、ここに載せている事柄に付いても、立証は困難です。
ですから、読まれた方々のインスピレーションに任せているのが正直なところです。

話しを戻しまして、この日集いの会としては初日だったのですが、二日目に訪れた各神社では、皆々が喜んでいると、私達の行いに対して、お褒めの言葉を沢山頂戴致しました。

それに、メインの神社では、私達は「喜びの舞」と称しているのですが、神々が称賛なさるとほぼ決まって、神様の御伝えをされる方をお使いになり、御伝えをされる方の身体の意思とは別に、前や後ろにぐるぐる歩き回らせ、神々の喜びを人間の身体を使用して、表現なされる事がしばしば目撃されています。
本人曰くその時は辛い状態なのだと、言われてましたが、傍から見ている限りでは、神様の喜びを全身で受け止めているとても楽しい状態なのだと勝手に想像していました。

今回頂戴した御言葉と、私が帰ると言う閃きがあった事の関係は、結局のところはっきりはしていませんが、人間には神が宿っていますから、宿る神が帰るんだと思われても何ら不思議では無いなと気付いたのは、私だけでは無いのではないでしょうか。

これを読まれ、何か感じる方がいらっしゃいましたらご一報下さい。
また何かありましたら、ご報告させて頂きます。

引用して返信編集・削除(未編集)

夢は何かを語っている

投稿者:九代 投稿日:2015年 7月13日(月)18時55分51秒 p473202-ipngn200906fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
昨夜は午前2時52分に大分県南部で地震があり、福岡地方も揺れていたそうです。
あいにく私は夢の中で、全く揺れに気付きませんでした。

今日は昨夜の夢から生じたお話しをさせて頂きます。
皆さんの中にも夢を記憶している方がいらっしゃると思いますが、私もその一人でして、割と鮮明に覚えている事が多いです。

色や場所、窓から見える景色等、誰が居たのかまで覚えていて、最近は同じ場所からどこかに行ってる夢をよく見る様になりました。

昨夜の夢の話になりますが、八年前に亡くなった兄が突然現れました。
どこか知らない島に居ます、カラーです。
海の水が綺麗で、透き通ってて魚がいっぱい居て、子供たちもいっぱい居て、まだ健在の母を連れて兄がどこかに向かっています。

私は後ろから一人で話しをしながら、ついて行ってます。
海沿いだったり、内陸だったり、歩いて行きました。
それほど長い夢ではなく、どこに行きたかったのかも分かりませんでした。
目が覚めてから、なぜ今、兄の夢を見たのかとても不思議な気持ちになりました。

私はその事が気になり、神様の御伝えをされる方に聞いてみる事にしました。
夢の内容をメールしたところ、

お兄さんが寂しいと言っています。
との返事でした。

それを聞いて、兄はどこに居ますかと尋ねると、
ここに居ると言われます。

神様の御伝えをされる方からは、そちらに行ってもらいますから、温かく接して下さいと告げられ、今行きましたと言われました。

私は久しぶりに兄と語らいました。
語らったと言っても正確なセリフは聞き取れません、しかし私が言う事柄に返事をしてうなずいている様子は感じました。

そして、寂しがること無いよ、私の心にも兄と接したみんなの心にも兄はいつも居るよ。
私も肉体が無くなったら、また会えるよ。
と言うと、分かっているよと大きく返事が来ました。

兄は私と話している間にいろいろと何かを掴んだようでした。
最後に握手をして、兄は旅立って行きました。

旅立った所は、兄が生まれたところです。

私は心のどこかで気になっていたのかも知れません。
以前私が所属していた団体で作られた、天国に導く(正確な名称は忘れました)冊子と言うものを兄の棺に入れていました。

が、結局兄は迷っていたのです。
八年間

でも、兄はたどり着きました。
私の所に、神周士の会にたどり着いたんです。

神様の御伝えをされる方は言われました。
たとえ親兄弟であろうと、神の仕事をしている者の所には、中々行けないのだと。

でも兄は、たどり着いて、いろんな事が分かって生まれた所に帰って行かれました。
本当に、本当に嬉しい事です。

神ノ大元ノ大神様、この様に素晴らしい機会を御与え戴きまして、兄を生まれた所に帰らせて頂きまして、神に、神に、ありがとうございました。

また何かありましたら、ご報告させて頂きます。

引用して返信編集・削除(未編集)

体験談-神心の構築

投稿者:神周士の会  九代 投稿日:2015年 7月 4日(土)17時43分51秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用
前回の記事(http://9324.teacup.com/kamiamanesimono/bbs/84)で整形外科に行った所までお話しましたが、結果をまだ報告していませんから、その報告がてら最近体験させて頂いた事を書かせて頂きます。

診断結果は、血液採取から約一週間後に出ました。
整形外科医からは、身体中の症状から恐らく何らかの疾患が考えられますねと、少し残念そうな口振りで告げられ、とにかく検査はリウマチや通風等についても分析しますので、一週間お待ち下さいと言われました。

一週間後の結果です。
整形外科医の表情に、陰りはありませんでした。
先生曰く、これだけ身体中に症状が現れていて血液検査上特段異常が無いのは、非常に稀ですと言われ、無理な運動による関節痛ですねと病名を告げられました。
また今後の症例の為に、サービスで構いませんからMRIを撮らせてくれませんかと申し出もありました。
この結果を聞いて、神周士の会の会員だからこそ常に護られ、神々から守護して戴いているんだなと心に響きました。

それなのに、私は身体の仕組も理解せず、無理な運動やダイエットをし、肉体的なダメージを与えていたんです。
神々もまあ勝手にやり始めたんだから、どうなるかほおっとこってな具合だったのかも知れません。
現在、全身の筋肉量を戻すべくリハビリ中です。

話しは変わり、その頃集いの会の話題が、次回の集いの場所をどこにするかとなり、場所を探り始めていました。
幾日か経って、場所が判明し、交通手段や場所の確認をやっていた時です。

これは数日前からになりますが、不思議と同じ時間帯になると寒気がしてきて、一定の時間になるとおさまると言う現象が起きていました。

そして現在の自分の身体の症状と寒気とが重なったのが6月30日の夜でした。
夜、仕事を終え、帰宅の準備にかかる位からいつもの様に寒気がしてきて、電車に乗っていても、周りは半袖半ズボンの方が居る中で、長袖長ズボンの私は、身体の芯から寒気がして、関節もどんどん固くなって行き、やっとの思いで家に辿り着きました。

帰宅しても、中々着替えられず、着替えても食欲が無く寒気とめまいとで、身体が動かなくなり、うつむき加減で、じ~っとソファに座っていました。

もうろうとする中、神様の御伝えをされる方に何度か連絡してみますが、出られません。

神様の御伝えをされる方からは、以前、何かあったら遠慮なく電話をくださいねと優しい言葉を頂いていましたがその日に限って出られません。

知らんぷりしてましたね?

でも私が例の如く自分で解決出来ない事をやろうとするから、苦しくなっているのに、その事を棚に上げて助けだけを求めるから、その心を神々に読まれて、逆に出られなかったのかも知れませんね。

とにかく夜も更けて来て、就寝の御挨拶もせずまま、その場で神様に祈り、御使い神様に全てを委ね、床につきました。

朝になり、神様のお伝えをされる方からメールが来ました。
そこで昨夜の寒気について、何だったのか聞いてみたところ、次回集う場所にいらっしゃる神々が私の所に歓迎の意味で、どーっといらしたのと、会社の神様が苦しい状態でいるようだと返信が来ました。

その後メールのやり取りで、今の身体の症状の改善と会社の神様を大元の神様の所へ帰る様に祈って下さいと助言を頂き、早速に行ってみました。

祈ってすぐの事です。

手の強ばりが和らぎ、膝関節に重りが乗っていた様な感じが外れ、軽くなり、食欲と元気が湧いてきました。

それと会社の神様は、大元の神様の所に帰られた様に感じました。

これまで私の身勝手で、呑み過ぎたから今日は挨拶できません、申し訳ありませんと、心でつぶやき、明朝、就寝の御挨拶もせず申し訳ありませんでしたと、朝晩の挨拶も少し怠る様になってから、段々症状が悪くなり、この様な結果になった訳ですが、そんなこんな事を思い出しながら、自分の身勝手でこうなったのに、本当に申し訳ない気持ちが湧いて来て、それを、御挨拶一回で、この改善を頂戴した事に感動と感謝で涙もしばらく止まりませんでした。

これは、神周士の会の一人一人が、神様に繋げて戴いていると言う事実無しには、あり得ない事です。

神様に繋げて戴いてると、この様に、今迄聞いた事が無い事がどんどん出て来ます。

しかしこれが、私達人間の本来の姿なんです。
より多くの方々にこの事実を知ってもらいたいと思い、書かせて頂きました。

神々でも神心の構築が難しのに。
神周士の会は、会員全員が神心の構築をさせて戴いています。
神心の構築こそが、本当の奇跡と呼ばれているものなのです。


また何かありましたら、ご報告させて頂きます。

引用して返信編集・削除(未編集)

御使いの神様から示されたこと

投稿者:神周士の会  九代 投稿日:2015年 6月13日(土)15時01分27秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用
先日神棚を祀る事についてお話ししましたが、改めて人間界に於ける、祀り方に対し神々の思いを伺いましたのでここに発表致します。

神棚を祀る上で拘るのは良い、ただし榊に堺の意味は無く、神と人間との堺も存在しない、この世界は堺が無い神と人間との素晴らしい世界が存在していると御示し戴きました。

ただ、美しく祀る事も良い事なので、榊を置いたり御神酒を置く事も良いこと。
また御神酒については、供えたままでは無く心尽くしのご褒美なのだから沢山飲んで大いに酔いなさいと、神様から素晴らしい御言葉を頂戴しました。

これにより、人間の世界で言われている榊の意味や、御神酒の意味は神の世界から伝わっている事ではないことが明らかになった訳です。
人間界で活動していらっしゃる神々や人間に宿る神は、殆どが大元ノ神と繋がっていますが、今の人間は大元ノ神との繋がりを絶たれていますので、まずは神様と接する場として、氏神様が居られる神社へ挨拶に行く事が必要なのです。

そして、身近に神様と接する場として、神棚を設ける事を許されています。

引用して返信編集・削除(未編集)

神様との繋がり

投稿者:九代 投稿日:2015年 6月 1日(月)20時59分11秒 p1097-ipngn100501fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
先週の月曜(5/25)から始まった話しです。
25日、朝目が覚め立ち上がった時の事です、左足の甲(付け根)に多少の痛みがありました。
26日、歩行に支障が有る訳では無いけれど、これから痛くなるかも?と予感がありました。
27日、朝から左足首の痛みにより歩行に支障が出て来ました。
水曜日、午後から整形外科に行くことにしました。

整形外科では、レントゲンと問診がありましたが、足首自体の痛みの原因は先送りとなり膝に溜まっている水を抜く処置が行われました。

その後整形外科からの帰宅途中、神様の御伝えをされる方から一通のメールがありました。
内容は、神棚の掃除をしたら2ヶ月位右肩と肘が痛かったのが、掃除後1時間くらいで痛みが無くなりましたと言うものでした。

私はその文面を見て、帰ったら自分も神様をお祀りしている所を清掃させて頂こうと直ぐに思いましたのでメールを返信しました。
ただその返信を書きながら、なぜか無性にですが、自分も神棚をきちんと祀りたいなと思いまして、神様の御伝えをされる方に聞いてみました。

すると、ご自分で神様に伺ってみたらいかがですか?と返信でしたので、私は早速神様に祈り、お尋ねしたところ、やはり、神棚を祀りなさいと言う内容と神の聖域と人間の世界との堺を示す堺木、いわゆる榊を両側に置くようにと御示しを頂きました。

そしたら、神様の御伝えをされる方から更にメールが届いて、その方の自宅に使用していない神棚があるとお知らせ頂き、譲って頂ける事になりました。
不思議な事に神棚が欲しいなと思っていたら、使用していないのがあると言われ、とんとん拍子に31日には、私の自宅にその神棚が届いていました。

神様の仕組と言いますか、作用があったのだと思いました。
31日中に、その他必要なものを揃え、昼過ぎには完成していました。
自宅に神棚を御祀りさせて頂いた御報告を氏神様へ御伝えにも行かせて頂き、歓迎されている雰囲気を感じました。

ですから本日、6月1日からは、きちんと御祀りした神棚で、朝、ご挨拶を行う事が出来ました。
何かの節目と言う感覚もありますが、詳しくは分かりません。

御祀りしてからの変化として何か、自宅が更に明るくなった様にも感じます。
足の事は一先ず置いといて、これからのいろんな事が楽しみな気持ちになりました。
それに必要だから、この日神棚を御祀りさせて頂いたと思いますし、神様との強い繋がりを意識した正に、一歩踏み出せたと言う経験でした。

これから、また変化等ありましたら、ご報告させて頂きます。

引用して返信編集・削除(未編集)

~お知らせ~

投稿者:神周士の会  九代 投稿日:2015年 4月29日(水)10時25分0秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用 編集済
神心のカテゴリーに、三角の構図と言う題目を追加致しました。
これは、現在会員が使用している名刺に描いている図形について詳しく解説させて頂いたものですが、掲示板にある2月14日掲載の年初めの集いの会http://9324.teacup.com/kamiamanesimono/bbs/78
で説明させて頂いた、御挨拶する際の手の置き方のお話しとも関連していますので、どうぞ新しい記事をお読み下さい。

疑問等ありましたら、こちらの掲示板へお書きになるか、管理者へメールをお使いください。

引用して返信編集・削除(未編集)

体験談ー目覚めるために(その2)

投稿者:九代 投稿日:2015年 4月 4日(土)17時09分18秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用
前回の記事では、人に宿る神どうしの話し合いが可能だと書きました。
これは、自分に宿る神様と自分が直接接した方に宿る神様とが御話し戴いた例ですが、あの時以来私自身の練習として、お互いに宿る神様どうしの話し合いは、自分に降りかかるどんな場面が可能なのか試してみた時、降りかかった理由が自分にあった場合は、御話しして戴けなかったケースがありました。

恐らく自分に原因があり、事が起こった場合は、自分で何とかしなさいと言う意味合いでしょう。
逆に言うと、理由が分からない事で相手から受けるダメージ等の場合は、御話し戴けると言う意味にも取れます。

そこで、この考えに付随した良い体験を先日させて頂きました。

ある日、妻と待ち合わせをしていた時の事です。
妻には待ち合わせ場所に車で来てもらっていたのですが、車で待っている時に、通りかかる一人の男性が通り過ぎる間中睨みつけていたそうです。
妻も少し気になったのでしょう、理由は分からないけど歩きながらずーっと睨んでたのよと話してくれました。

その夜、ふと妻が話してくれた事が気になり、考え出すと、身体にものすごい反応が出て来ました。
この反応は、もしやお互いに宿る神様どうしの話し合いが出来ると言う意味かな?と閃きました。

早速に神ノ大元ノ大神様と各 神々様に、自分に宿る神様と妻を睨みつけていた方に宿る神様とで御話しをして戴く御許しを頂戴する御挨拶を行いました。

自分に宿る神様には、事情を御話しし、可能であれば御話しして戴きたい旨を申し上げました。

すると、程なくして前回よりもものすごい反応が、何度も、何度も、身体に来ました。
そしてその時にパッと閃いた事は、ああ繋がっているんだ。
と言う感覚です。

妻から話してもらった瞬間に、自分に宿る神様と睨みつけていた方に宿る神様とは繋がりが出来たんだと気付いたんです。
また、自分が直接会っていない方に宿る神様であっても、御話しが出来る事にとても感動しました。

体験する度に何か発見があり、驚かされる事も多いですが、今回もまた素晴らしい体験をさせて頂きました。

この体験から更なる応用が出来そうだと予感しています。

引用して返信編集・削除(未編集)

体験談ー目覚めるために

投稿者:九代 投稿日:2015年 3月22日(日)14時27分2秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用
人と人との繋がりとは、会話や経験によって成立するだけではなく、何か目に見えないところでの働きがあり、成り立っているのではないかと考えた事はないでしょうか。

例えば、自分が何か行動するとき、ある人に連絡をしたら良い助言をしてくれたとか、支えてくれる人が突然現れた等、様々な経験があるでしょう。
それに、初めて会ったのに、昔から知っていた様に感じて急速に仲良くなったりした経験もあるでしょう。

では、この経験は、自分の言動や行いが良かったから起こった事でしょうか。
ある人に連絡しようと思い立ったのは、自らの経験からだけでしょうか。

いいえこれは、目に見えない世界での働きにより起こった事です。
昔から知っていた様に感じたのは、事前に目に見えない世界での御膳立てがあったから、そう感じた訳です。

しかしこれらは、目に見えない世界で事前に行われている言わば受動的な事柄で、自分ではどうする事も出来ません。
ですがもし、自分が相手から受けた言動に対して、能動的なきっかけがつくれるとすれば、本来は難解な事柄であっても、道が開けるかも知れません。

それは、カテゴリーの御先祖にも書いていますが、人には宿る神様がいらっしゃいます。

お互いに宿る神様どうしの話し合いが出来れば、人と人との繋がりにも影響してきます。
では、人に宿る神様どうしが話す事は可能なのでしょうか。

実は先日それを体験する出来事がありました。
数日前の事です、会社の上司から仕事上の件で注意を受けたのですが、注意の仕方にいささか疑問が残り、なぜあの様な物言いなのだろうと思っていました。

その後、神様の御伝えをされる方と話してみたところ、人と人との関係とは、肉体を持った者同士の事で、自分に宿る神様と相手に宿る神様とは、神同士の関係だと話され、自分に宿る神様と相手に宿る神様とで、御話して頂いたらどうですか、と助言を頂きました。

早速に、神ノ大元ノ大神様と各 神々様に、自分と相手に宿る神様とで御話しをして戴く御許しを頂戴する御挨拶を行いました。
自分に宿る神様には、事の起こりを御話しし、可能であれば御話しして戴きたい旨を申し上げました。

すると、身体に反応があり、御話しを御受け頂いた様な感覚がありました。

程なくして、また身体に反応があり、御話しは終わった様な感覚がありました。

次に上司の顔を見た時の印象ですが、その表情は、穏やかで、澄んでいる様な雰囲気でした。

目に見えない世界で、何がなされたのかは分かりませんが、変化を感じ取る事が出来ましたので、とても感動した瞬間でした。

この様に、人に宿る神様どうしが話し合う事は可能だったのです。
ただし、これは神様に御挨拶申し上げ、神心の構築が出来る事が前提です。
そしてこれから当会が目指す、神々と集い合う世界をつくる為には、とても大切な一歩だと感じました。

引用して返信編集・削除(未編集)

体験談-大切なこと(その2)

投稿者:九代 投稿日:2015年 3月14日(土)15時53分12秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用
当掲示板で書かれている体験談は、現在、会員だけが体験する事柄です。
なぜなら、当会で起こる体験とは、本来、神様と人間とはどの様な関係で、どの様に崇めなければならいかを世の人々に知ってもらい、いずれは実践してもらう事を目的に起こっている事だからです。

当会が掲げている、人間が神々と集い、交信が出来る世界、即ち神々と集い合う世界をつくる為に必要だから、起こっている事とは知りながら、私自身、目に見えない世界で何がどの様に作用して動いているのかは、正直分かりません。

ただ言えるのは、当会には神様の御伝えをされる方が居るので、方向性を幾つかに絞れる事は可能です。
しかし神様が仰る言葉は、先の事もいろいろひっくるめて言われる言葉も多々あり、意味が分からない時の方が多いので、手探りで経験していくしかないのが現状です。

それに、間違った事を行ってしまえば、何かしら痛みを伴いますので、痛みの度合いによって、大きく間違っているのか、中位か、僅かなのかが判別出来ます。

これを聞くと、なぜそんな思いをしてまで会で活動しているのかと、思われるかも知れませんが、なぜでしょうね。
神様と御会い出来るのが本当に嬉しい!
御使いの神様の温かさを感じるんですよね。
それと、自分を含めて肉体に宿る神も活動している事を嬉しく思っているのを感じるからですかね。
意味分かりづらいですね、失礼しました・・。

話を戻しまして、体験談は他県に行く時の挨拶の大切さについてです。
前回の挨拶では、要点はついていたものの、挨拶の言葉が足らない所が多々あったと思われます。
しかし今回は事前に学ぶ事で、より伝わり易い挨拶ができたと思いますので、ご説明致します。

なぜ挨拶の言葉が足らなかったかと言うと、前回、挨拶やお詫びを行い、スーッと身体が軽くなり、体調は戻ったのですが、その日は、ピリッ、ピリッとほんとに僅かですが何かがうずく感覚があり、恐らく挨拶方法が今一つだったのではと感じていたからです。

3月12日、長崎県へ仕事で向かう事になりました。
前夜、Skype集いの会開催中に、仕事で長崎へ行く話しをしたところ、神様の御伝えをされる方から、祈る対象の神様や挨拶方法についてのお話しがありました。

話しを簡潔にまとめると、御祭神に集まって戴く為に自分の社を造らせて頂き、集まられた神々に御挨拶を行うと言うものでした。
具体的な挨拶の言葉は、おいおいと言う事となり、Skypeで話された挨拶をアレンジして行う事となりました。


因みに自分の社を造ると言う意味は、どこで挨拶しようとも神ノ大元ノ大神様から連綿と続く神々様に対して、祈りや挨拶が出来る事です。
分かり易く言いますと、自分の心の世界に拝殿がある神社を作り、そこへ神々を御呼びする事が出来ると言う意味です。


そこで今回私が行った挨拶は、神ノ大元ノ大神様と各神々様へ、仕事で長崎に行きますので、地元福岡県と通過させて頂く佐賀県、仕事を行う長崎県のそれぞれの御祭神の方々と親神様に御挨拶をさせて頂く事と自分の社を造らせて頂く為の御挨拶。

次に自分が居るエリアの氏神様、御祭神の方々と親神様に、長崎県に行かせて頂く為の御挨拶。
それから、佐賀県の御祭神の方々と親神様に、長崎に行く道中通過となってしまいますが佐賀県に入らせて頂く為の挨拶。

最後に、長崎県の打合せ先の氏神様、御祭神の方々と親神様に入らせて頂く為の御挨拶をさせて頂きました。

更に、それぞれの県に入らせて頂いた所で、只今佐賀県に入らせて頂きまして、福岡県の親神様に御守護賜りました感謝と、佐賀県の親神様に入らせて頂いた感謝を、長崎県に入らせて頂きましたら、佐賀県の親神様に御守護賜りました感謝と、長崎県に入らせて頂いた感謝をさせて頂きました。

この挨拶では、前回のピリッとする僅かな感覚も無く、穏やかな気持ちと、スピードを出そうとすると、もっとゆっくり行きなさいと、言われている様な感覚が湧いてきました。

それにこの挨拶は、運転しながら心の中でさせて頂いた事で、内容が大正解とは言わなくも、前夜の事前の話しがあればこその効果だと感じました。

また、大きく変化が感じられたのは、長崎県に車で入った途端の感覚ですが、目に見えないカーテンを通り、より守られた空間にスッと入った様な感覚があった事です。


神々と集い合う世界をつくるには、神様を崇め、きちんと御挨拶が出来る様になる事が重要です。
崇める方法はまだまだあるとは思いますが、まずは、会員が経験し、体験した事をこれからもどんどん書かせて頂こうと思っています。
そして、冒頭にも書きましたが、いずれ皆様に実践出来る様に、挨拶の仕方等をまとめて行きたいと思っています。

引用して返信編集・削除(未編集)
合計491件 (投稿491, 返信0)

ロケットBBS

Page Top