MENU
7,779

体験談-大切なこと

投稿者:九代 投稿日:2015年 2月21日(土)21時03分46秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用 編集済
2月19日に起こった出来事について書かせて頂きます。
この日は、仕事で長崎方面での打合せがあり、朝から長崎へと向かいました。
早い時間からの打合せ設定でしたので、福岡から高速で長崎県内のサービスエリアまでノンストップで走行しました。

顧客との打合せが始まったのが、午前10時過ぎ頃でした。
1時間程打合せを行った頃でしょうか、突然に、ひどいめまいがして頭がぐるぐる回り一瞬気が遠くなる様な感覚がありました。
時間にして5~6秒、一緒に打合せを行っていた上司もお客さん達も、私の様子には誰一人気付いていませんでしたが、私自身は、血の気が引いた感覚でした。

それが段々に、回復して行き、打合せが終わる頃は、始まる前とほぼ同じ位の状態にはなりました。
ただ少し気がかりだったのは、帰りの運転中に、さっきの症状が起こったら大事故になるかもなと緊張気味に車を走らせました。
お昼の休憩を大村市でとる事になり、高速で大村インターまで行き、昼食となりました。
休憩中、神様の御伝えをされる方に連絡をして、なぜあの様なめまいが起こったのか聞いてみました。
すると、御伝えをなさる方からは次の様に言われました。

貴方を邪魔する者とか、貴方を苛めようとかする方々ではありません。
そう言う方々はいらっしゃいません。

今日は、上司と長崎へ来ているんです。と言うと、
福岡県を出られる時、他県に行く時に挨拶無しに行ったでしょ?
と言われました。
確かに、挨拶無しに、高速で佐賀県を通り長崎へ来ていました。
今思うと、前の週にも社員4名で大村まで打合せに来ており、その時も挨拶をせずに、打合せを終え、特段何ら体調の変化が無かった事が気持ちの緩みとなっていました。

神の御名を広める役目を戴いた者としての行動としては、いささか都合の良い考えだったと深く反省しております。

県外に出て、他県へ入る時にはきちんと御挨拶をする。
この大切なことを怠った事による、神様からのお仕置きを頂戴した訳です。

そしてこの大切なことは、実は去年の年末に起こった事がきっかけで、神様の御伝えをされる方から教えて頂いた事でもあったのです。

去年経験した事とは、やはり仕事で長崎方面へ高速道路を走行している時でした。
運転中に、気持ちが急に落ち込んでいき、運転するのが嫌になり、スピードが出せない状態に陥りました。
こんな状態では、危ないと近くのパーキングエリアに入り、気を落ち着かせていました。

そして、神様の御伝えをされる方に連絡をして、何が起こっているのか伺ったところ、沢山の神々がいらっしゃっているようです。
長崎にいらっしゃる御祭神に、御挨拶を行って下さい。
そして、打合せをされる場所の付近の神社にて長崎全域の御祭神に御集り戴いて、御挨拶して下さい。との返事でした。

パーキングエリアでは、長崎にいらっしゃる御祭神に御挨拶を行いました。
しばらくすると、気持ちが晴れ晴れとして行き、運転もスムーズになりました。
また、打合せ付近の神社で、神ノ大元ノ大神様に御挨拶して、御集りの場としてのお許しを頂く為、付近の神社の御祭神に挨拶を行い、長崎全域の御祭神の皆様に挨拶をさせて頂くと言う経緯があっての今回だったのです。

今回は、事後挨拶になってしまいましたが、長崎・佐賀の御祭神の皆様に改めて御挨拶とお詫びをさせて頂いたところ、スーッと身体が軽くなり、体調が戻りました。

今回のことは、今のところ会員だけが体験する出来事ですが、本来は、日本の各都道府県には、御祭神を司る親神様がいらっしゃいますので、礼を尽くすと言う意味合いでも、きちんと御挨拶をして、行動する事がとても大切だったのです。
これから、会員になられる方々にとっても、素晴らしい経験だったと思っています。

引用して返信編集・削除(未編集)

年初めの集いの会

投稿者:神周士の会 九代 投稿日:2015年 2月14日(土)09時27分22秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用
掲示板をご覧の皆様、こんにちは。

今日は、先日高山市で行われた年初めの集いの会で、新しい作法を御使いの神様より賜わりましたのでご報告致します。

例年よりも雪が多い高山でしたが、集いの会当日は天候に恵まれ、日差しを頂戴した、明るい情景の中とても充実した集いとなりました。

集い会後のホテルでは、いい温泉といい寛ぎのご褒美を戴きました。
ただ、露天風呂でゆったりしている私に、残っている周りの雪をせっせと丸めて投げ付けていた方、いらっしゃいましたね。
丸めている姿は、ばればれでしたよ。
それと豪速球で投げないで下さい、コントロールが悪かったので当たりませんでしたがね。


はい、では余談はこのくらいにして、作法についてご説明します。


新しい作法とは、正座をして頭を下げて御挨拶をする際の、手の置き方についてです。

手の平を下に置き、両手の人差し指と親指を着けて三角を作って下さい。
その時、肘は下に着けても着けなくても構いません。

また、頭を深く深く下げた時、三角を作った両手の平が、頭の所でも、頭より位置が上でも構いません。

これから、神様への御挨拶は、この作法で統一しますので、早速今日から実践して下さい。

なぜ三角なのかは、図を元に後日ご説明致します。

引用して返信編集・削除(未編集)

謹んで新年のお祝いを申し上げます。

投稿者:神周士の会 愉人 投稿日:2015年 1月 1日(木)14時54分17秒 zaq7d04e9e4.zaq.ne.jp   通報 返信・引用 編集済
謹んで新年のお祝いを申し上げます。

神の大元の大神様、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。
神の大元の大神様、又、各神々様、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。
神の仕事を進める事をお許し戴けましたから、新年を迎えることができました。
神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。
まだまだ至らぬ私達ではございますが、本年もよろしくお願いいたします。

掲示板を見て下さっている皆様、新年おめでとうございます。
昨年はお読み頂きまして、ありがとうございました。
おかげさまで良き新年を迎えることができました。
日が昇りかけ夜が明け、周りが明るくなる様子を見て、年が明ける新しい時の始まりを感じました。

周りが明るく明けてから、氏神様に初詣をして、早々に家に帰り、掲示板の書き込みを書いています。

皆様も氏神様に初詣してきましたか、明るい内に済まされます事をおすすめします。

掲示板を見て下さっている皆様、本年も昨年同様、よろしくお願い申し上げます。

引用して返信編集・削除(未編集)

~お知らせ~

投稿者:神周士の会 九代 投稿日:2014年12月29日(月)14時31分41秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用 編集済
神社と御祭神のカテゴリーで、神社での正しい祈り方
にあります、神ノ大元ノ大神様に対する祈りの文言を一部下記の様に致しますので、今後はこちらの祈り方をお使い下さい。

二拝
二拍手
一拝(深々と頭を下げた状態で下記を祈ります)

神ノ大元ノ大神様、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。
神ノ大元ノ大神様 又、各神々様(かくかみがみさま)、神(まこと)に、神(まこと)に、ありがとうございます。

日々生かされております事に、感謝申上げます。
まだまだ至りませぬ私で、申し訳ない事でございますが、
どうぞ、神様の御役に立たせて頂ける魂へと御許し賜われますよう、お願い申し上げます。
本日は、○○神社に御挨拶に参りました。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

下線の文字を、御名(みな)を広めていく者として、と致します。

どうぞ、神様の御名を広めていく者として、御許し賜れますよう、お願い申し上げます。
、となります。

引用して返信編集・削除(未編集)

~お知らせ~

投稿者:神周士の会 九代 投稿日:2014年12月28日(日)14時13分31秒 58x5x70x30.ap58.ftth.ucom.ne.jp   通報 返信・引用
神社と御祭神のカテゴリーに、初詣の大切さ追補(1)という記事を新しく掲載しました。

掲示板を見て下さっている皆様の今年の初詣は、いかがでしたか。

今年は、ここに示されている通りの祈りが出来なかったと言う方々も、来年の初詣は必ず、地元の氏神様にお詣りに行き、氏神様から御守護を戴ける存在となって下さい。

新しい記事は、初詣前に必ずご確認下さい。

引用して返信編集・削除(未編集)

スカイプ談義その3

投稿者:愉人 投稿日:2014年11月30日(日)01時29分7秒 zaq7d04e9e4.zaq.ne.jp   通報 返信・引用

ERROR
投稿できない言葉が含まれているため、処理を中止しました。

引用して返信編集・削除(未編集)

スカイプ談義その2

投稿者:九代 投稿日:2014年11月13日(木)20時16分43秒 p21150-ipngn100505fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
こんにちは、神周士の会の九代です。
愉人さんが書かれた「毒」について、私も、私なりの意見を書かせて頂きます。

まず毒には、掴める物と掴めない物があり、掴めるものの代表としては、薬や食べ物等が考えられます。
私が考える薬の毒とは、全般的な薬も然り、特に抗生物質の類だと考えます。
これを飲むと効き目が良いですが、効き目が良い薬には毒がありますね。

食べ物の毒とは、人間が流出した物に侵された物や遺伝子組換の物、それに過剰に摂取する事も毒になり得る要素があります。

また、掴めない物とは、目に見えない感情や思いです。
感情とは相手に対しての妬み・恨み・怒り・悲しみなどです。
これらの行為は、思うだけでも心に毒を植え付けてしまい、実際に言葉に出してしまったら、相手が受ける感情をも言葉に出した本人の心に植え付けられてしまいます。

この行為を繰り返すならば、植え付けられた毒は身体を蝕む病原体に成長していくことでしょう。
言葉は、癒しにもなり、凶器にもなります。
逆に言うと言葉の癒しとは自分をも癒し、凶器とは自分にも大きな影響を与えると言う事。

本来、毒を持って生まれて来ると言うのは稀で、殆どが成長過程で体内に入ってきます。
その毒が、悪い方へ変化するかどうかは、個々の生き方に掛かっています。
現在不調な方は、今一度自分の言動を振り返ってみてください。

他人から恨まれていないですか。

誰かを妬んでいないですか。

今、個々が目覚め、神様に繋がる祈りを奉げることが求められています。
自己流の祈り方では駄目なんです。

実践する事と、ただ見ているだけではこれからどんどん差がついてきます。
地元の神社に行ってください。
氏神様がどこか分からない方はご一報ください。

最後に、人に宿る神にお伝えします。
心のふるさとを思い出してください。

引用して返信編集・削除(未編集)

スカイプ談義

投稿者:愉人 投稿日:2014年11月12日(水)08時18分7秒 zaq7d04e9e4.zaq.ne.jp   通報 返信・引用

ERROR
投稿できない言葉が含まれているため、処理を中止しました。

引用して返信編集・削除(未編集)

氏神様

投稿者:神周士の会 響 投稿日:2014年10月 5日(日)16時29分50秒 Megiddo.aitai.ne.jp   通報 返信・引用 編集済
皆様、こんにちは。神周士の会の響です。

昨日、毎年ある氏神様の秋祭りの前の参拝に行ってきました。ご近所の方々と拝殿でお参りした後、禰宜さんを囲んでの直会。その場で友人に聞いたことです。

私が住んでいる人口4万人位の町は、いくつかの区に分かれています。バブル期のころか、住宅開発され、そこだけで一区作ることになりました。その区に近い神社がその区に、氏子としての話をしたら、氏神は要らないとの返事が来た、というのです。

「氏神様は要らない、と断った方々は、初詣とかに行くよね?」と言ったら、「氏神様が居ないんだから、好きなところに行けるんじゃない?」と言われました。

私の住んでいる区にも、新興住宅の地域があります。神社のご奉仕を回すと、苦情を言われると聞いたこともあります。生まれた時から、ここが氏神様、と育った、先祖代々住んでいる私たちは、唖然とするばかりです。

神様は、私たちが神様のことを忘れている時にも守護してくださっています。普段そんなことを考えもしないのに、正月や観光で神社に行くと、少ない賽銭を投げ、いろいろとお願いをするのが多くの人間のパターンだと思います。いったいどう思ってそういう行動をしているのだろうと、不思議です。神様を信じているのか信じていないのかよくわからない、と私は感じるのです。

引用して返信編集・削除(未編集)

九州集いの会

投稿者:神周士の会愉人 投稿日:2014年 9月30日(火)02時32分15秒 zaq7d04e9e4.zaq.ne.jp   通報 返信・引用 編集済
読者の皆様、ご無沙汰しております、神周士の会の愉人です。

この度、9月の22日・23日に開催された九州集いの会の事をお話させて頂きます。

先に九代さんが述べて、おられる通り、行き先を探さなければならず、お伝えをされる方からは、(高原にある所、人間が作った神社では無い)との事、人間が作った神社では無いと言う事は物質である限り人間が手を添えなければ現存しない、ならば、人間が私利私欲、見栄や虚栄心等で作った神社では無く、神が人間に作らせた神社を探さなければならないと言う事。
又、日本の各都道府県には、御祭神を司る親神様が居られ、その親神様に挨拶に行く仕事も与えられました。

探している神社は熊本県の御祭神の親神様か居られる所でした。
何とかその神社を見つけました、そこは岐阜県高山に有る我々の活動の大元でもある神社の雰囲気と同じ感じと言うか、同じ空気・光・優しさ・音・心に感じる響き・何か心が、肉体の全てが、落ち着く、安心する、表現が出来ないほどの、浸り感、満足する時間を見つけた嬉しさを感じました。

拝殿に入り、社に向かい、膝をつき、頭を低く低く下げ、お参りをさせて頂き、挨拶をしました。
神々から教えて頂いたお参りの形、姿でさせて頂き、正に神の世界に参らせて頂きました。御祭神の親神様からお伝えを頂き、それだけでも嬉しき事ですが、社の前に居ることが楽しいのです、何故かお参りが済んでも離れたくない、その場に居たい、社の前に居たいのです、それほど神の世界に参らせて頂く事が楽しいのです、開き直りでは無いのですが神様が誘うのであれば、何処に導かれても良いとの思いで集いの会に参加しております、仲間と観光したり、直会するのも、楽しいのですが、やはり、神の世界に参らせて頂く時の、あの安堵感・安らぎ・感じる響き、浸り感が最高です。

次の日は福岡ですが、いつも集いの会を開催していた神社が、実は福岡の中心、御祭神を司る親神様が居られるところ、だったのです。
しかし、場所は人間が作った神社では無く、横の小山に神が人間に作らせた神社、社でした。
此処では膝をついてのお参りは出来ませんでした、けれど、神の世界に参らせて頂き、あの安堵感・安らぎ・感じる響き、浸り感は最高でした。

皆様も親神様が居られる神社にお参りを許される事をお祈りいたします。
又、氏神様への挨拶に行かれて下さい、機会が有れば拝殿に行かせて頂き、社に向かい、膝をつき、頭を低く低く下げ、お参りをさせて頂き、挨拶をしましょう。

これを読まれ、興味がありましたら、是非、神周士の会の活動に、ご参加ください。
参加申し込みは、掲示板下の管理者へメールをお使いください。

掲示板へのご感想等もお待ちしております。

引用して返信編集・削除(未編集)
合計491件 (投稿491, 返信0)

ロケットBBS

Page Top