MENU
7,763

ぴーこさんへ

投稿者:九代 投稿日:2014年 5月13日(火)14時38分36秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
> No.32[元記事へ]

会関係者の九代と申します。
掲示版への書き込み、ありがとうございます。
また、お返事が遅くなり申し訳ありません。私の方からもお尋ねしたい事等があるのですが、暫しのお付き合いお願い出来ますでしょうか^^;

まず、ぴーこさんが、お仏壇に手を合わせて行っている感謝の内容を、差し支えなければ教えて欲しいのです。
その理由は、日頃の感謝とは、人それぞれの生立ちや環境が関係して来るものだと思います。
なので感謝の内容にしても、一人一人違うものになって然りですから、ぴーこさんが日頃行っている何気ない感謝も、実はとても貴重なものなのです。
是非この会での糧とさせてもらえたら、嬉しいです。

それと、お願い事についてですが、ぴーこさんのお願い事を聞いて下さる御方は、ご近所にある神社の御祭神の皆様ですから、お仏壇では、どうぞ私をお導きくださいとお願いをする程度にしておいて下さいね。
 お願い事の詳しい内容は、近所にある神社の御祭神の皆様にご報告をお願いします。
そしてお参りする方法については、このHPの手順で行ってくださいね。

それから、ぴーこさんが最初に書き込まれた中に「気になりながら」と書いていましたが、ぴーこさんのご先祖様がぴーこさんに分かる様に、気付く様に合図(閃き)を送って下さっていたんですね。
ご先祖様が送って下さった閃きを、ぴーこさんはちゃんと受取っていたんですよ。
良かったですね。

10/ 4(Fri) 11:07[31]

引用して返信編集・削除(未編集)

(無題)

投稿者:ぴーこ 投稿日:2014年 5月13日(火)14時35分59秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
神周士の会の愉人様
再度ホームページ内の神社と御祭神以下をよく読ませて頂きます。お答えくださいまして有難う御座いました。

10/ 3(Thu) 23:34[30]

引用して返信編集・削除(未編集)

Re: (無題)

投稿者:神周士の会 愉人 投稿日:2014年 5月13日(火)14時34分20秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
> No.30[元記事へ]

今晩は神周士の会の愉人です。
質問についてお応えします、お仏壇に手を合わせ、日頃の感謝をお伝えする事は良いことですが、どの神様に祈られるかが、重要ですよ。

ご先祖様は子孫の御守護を担当される方以外の方々は、神様の御用をしておられますから、子孫が危険に遭う時以外は係わりが持て無いのです。
悩みや救いを求めるならば、ホームページ内の神社と御祭神の項、朝夕の挨拶の仕方と神社での正しい祈り方の所を読んで真剣に、その内容を実践して見て下さい。
そして、掲示板内の記事も熟読して下さい。

仏壇に手を合わせる時は、ご先祖様の後ろに連綿と続く神々が居られ、そして、神の大元の大神様まで通じている事を、いつも想って手を合わせて下さい。

10/ 3(Thu) 23:10[29]

引用して返信編集・削除(未編集)

(無題)

投稿者:ぴーこ 投稿日:2014年 5月13日(火)14時32分18秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
はじめましてこんばんは。
以前より疑問に思っていたことを質問させて頂くか迷っておりましたが、ある方に背中を押して頂き今に至りました
私は、朝晩にお仏壇に手を合わせ日頃の感謝をお伝えいたします。その時にお願い事をしてはいけないと知り合いから聞きました。理由は聞いておりません。気になりながらも神様ご先祖様に心配事があるときは、お導きくださいとお願い致してしまいます。いけないのでしょうか
10/ 2(Wed) 22:04[28]

引用して返信編集・削除(未編集)

Re: (無題)

投稿者:九代 投稿日:2014年 5月13日(火)14時27分47秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
> No.27[元記事へ]

とんちゃまへ
新しいカテゴリー、神のシアターのご感想ありがとうございます。
この写真の光景を目の当たりにした時、何か凄い事が起こるんだ!と、閃きがあって夢中になって撮影したんですよ。何と言っても色がとっても綺麗で、うっとりしてしまいましたが、その辺の感動が、この静止画像でどの位伝わったかな?と思います。

また、とんちゃまが言われた虹に写っている観音様も、機会がありましたらお見せ下さいね。

それから、最近では神社が明るく感じられます、と書かれている事についてですが、人間が御祭神を求めて崇める者ならば、神社は変わらず御守護をお与えになられるのです。

もうお気付きかも知れませんが、神社は古代から何も変わっていなんです。
変わってしまったのは、人間の方だったのです。
とんちゃまが変わったから、神社が変わった様に感じるんですよ。
良かったですね。

もっともっと沢山の方々にも、広まればいいですね。

9/14(Sat) 16:57[26]

引用して返信編集・削除(未編集)

(無題)

投稿者:とんちゃま 投稿日:2014年 5月13日(火)14時26分37秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
こんばんは。
凄い写真ですね。神様のお顔がよくわかりませんでしたが、本当に天界現象が現実のものとして肉眼で見られる様になってきているのですね。

以前、知り合いの方から頂いた写真ですが、北海道に行かれた方が撮影されたなかに虹の写真があって、その中に拡大したら観音様が写っていたのです。その時以来の、いやもっと強烈な写真ですね。
九代さんが代表で撮影して戴けたのですね。
これ以降に下ろされた伝言はありますか?
この新しい神様は今後どの様なご活躍をされるのでしょうかとても楽しみです。

話はかわりますが、御祭神の皆様がとても身近に感じられるように感じてます。以前の団体の時のように、心強い感じがします。
最近では、神社が明るく感じられますよ。何かが動き始めているのでしょうかねえ。早く交信できるようになりたいものですね。

9/13(Fri) 23:21[25]

引用して返信編集・削除(未編集)

~お知らせ~

投稿者:神周士の会 九代 投稿日:2014年 5月13日(火)14時25分23秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
本日更新しましたので、お知らせします。
神のシアターと言うカテゴリーを新たに設けました。

私達人間の世界には、沢山の神々が、大空や自然の風景をスクリーン代わりに使用して、様々な形で神の世界を見せて戴いているのです。
どうぞ、ご覧ください。

9/13(Fri) 12:15[24]

引用して返信編集・削除(未編集)

Re: (無題)

投稿者:九代 投稿日:2014年 5月13日(火)14時23分27秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
> No.23[元記事へ]

とんちゃまへ
神の書と人間の書についてのご感想ありがとうございます。
勉強になった事、嬉しく思います。
これらの書に関しては、これから徐々に増やしていき、内容についても更に充実させたいと考えております。そしていずれ一つ一つの書をそれぞれに集約して、神周士の会としての解説書を作っていく事を目標に掲載して参ります。

それから、氏神様へのお参りについて書かれていますが、自分なりにこれではいけないと気付いた時には、改めて行くことも一つの方法ではありますが、出来ましたら、お参りする時の状態を整えて、参った時にしっかりとお伝えする事を目指して下さい。

夕方は、あまり落着かないと言うのであれば、自宅で御挨拶をして、明朝改めて参らせて頂きますので、どうぞ、よろしくお願い申し上げますと祈ったらいいですよ。

また、祈りの言葉について、正直に言葉を選ばずにお参りされたと書かれていますね。
丁寧な言葉遣いと言うのは、大切ですが、普段あまり使い慣れない言葉で、説明しようとすると、言い回しばかりにとらわれて本題が薄くなる事がありますよね。
何を伝えたいのか、その事を素直にお話ししたら良いです。
また、何か変化等ありましたら、ご報告ください。

9/ 2(Mon) 20:07[23]

引用して返信編集・削除(未編集)

(無題)

投稿者:とんちゃま 投稿日:2014年 5月13日(火)14時21分20秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
こんにちは。
九代さん、神の書と人間の書は勉強になりました。
今まで神様との関係をあまり深く考えたことはなかったように思います。教えられるままに全てをそのまま受け入れていましたね。
このように改めて向き合ってみると、奥の深さを知ることができ楽しいです。

今朝、氏神様にお参りに行ってきました。
昨日お参りさせて頂きましたが、夕方だったので落ち着いてお参りできなかったので、今朝改めてお参りさせて頂きました。

7月に最初のお参りをさせて頂いた時のように、心地よい風を吹かせて頂きました。
改めて、経過とお願い事をお話させて頂きました。
素直ということから、本当に素直なら正直にありのままの自分を出さないといけないとわかっていても、中々言葉に出せない自分がいますね。今日は、そうであっては通じないと解りましたので、正直に言葉を選ばずにお参りさせて頂きました。

気持ち良いですね。
人には段階がありますが、今までの自分は心の奥底からの実践が出来ていないところがあったなって反省しました。そうかといって、全てできていないとはないんじゃないかと思っています。

人間が本来持っているものを、確実に発揮できるように己を見つめ直していきたいと思います。
今までしてきたことが活きるように精進させていただきます。

皆さん、これからも宜しくおねがいします。

8/31(Sat) 11:59[22]

引用して返信編集・削除(未編集)

【人間の書】1

投稿者:神周士の会 九代 投稿日:2014年 5月13日(火)14時19分59秒 p1170-ipad103fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp   通報 返信・引用
これまで、宗教に関係して来た人々は、ある種の呪縛にかかっていると言っても過言ではありません。

人々が宗教を求める時と言うのは、どのような状況下でしょうか。
世界平和を願って求めるのでしょうか、家族の幸せを願って求めるのでしょうか、自分の行いを悔い改める為に求めるのでしょうか。

いずれにしても、宗教から得るものとは、儀礼的なものや教義として伝えられる神の存在でしょう。
果たして、神々は本当に、人々が特定の宗教を求める事を御望みなのでしょうか。

4月に、存在している宗教は、神々が最初に降ろされたものとは、違うものに成っていると神示しされました。

これでは、現存するどの宗教に係わったとしても、神の大元の大神様と繋がる事は困難でしょう。
ですが、神様は私達に、神の大元の大神様と繋がる為の最も大切なものを残して置いて下さったのです。

それこそが、正に、神社であり社なのです。

神社で正しい祈りを行う事で、御祭神と繋がる事が可能になります。
そして、神の大元の大神様の御名を唱える事で、呪縛からも解放されて行くのです。

ただし、解放されるかどうかは、あなた自身の想いが神の世界に届くかどうかに、懸かっているのです。

8/23(Fri) 21:59[21]

引用して返信編集・削除(未編集)
合計491件 (投稿491, 返信0)

ロケットBBS

Page Top