MENU
67,190

スレッドNo.1076

山茶花  ゆき

カーテンを開けて
窓から見下ろすと山茶花の花が
地面に散らばっていて
もう秋はここにはないのだと
教えてくれた

目を見張るような鮮やかな花びらが
癒してくれたのに
短い秋はもう僕を通り越してしまったようだ

厚手のセーターを探しながら
ため息をつく

冬はやってくる
青白い早朝と共に
吐く息が白くなって
肌が痛くなるほどに
日毎に凍えていく

そのうちに雪も降るだろうから
マフラーも探しておこう

初めて貰った手編みのマフラーは
今でも僕のお気に入りだ

二人で煌びやかな
クリスマスのイルミネーションを
観にいった時に写真を撮るのに夢中になって
寒さも気にならないでいると
風邪ひいちゃうよと
後ろからそっとかけてくれた

雪の中の散歩で
繋いだ君の手が暖かかった事も
来年もよろしくねと笑った
可愛らしい笑顔も

まだそんなに前の事ではないのに
思い出に変わっていきそうで

山茶花の花が散って
君からの返事が来なくなっても

君が戻って来るまで
寒くて凍えそうな夜も
僕は一人で過ごすだろう

編集・削除(編集済: 2022年11月23日 20:05)

ロケットBBS

Page Top