MENU
553,987

スレッドNo.1707

雪 紫陽花

南国育ちの彼女の上には
いつの頃からかずっと
冷たい雪が降っているという
ひらひらひらひら
音もなく 
きりりとした青空から
ひらひらひらひら
止むことを知らない雪が降り続く

ただ困ったことに私には
その雪が見えない
今日も私と彼女は
同じ空を見上げている
けれど もしも私に
その雪が見えたなら
私はその雪と踊ろう
その雪の中で踊ろう
ららららなんて歌いながら

銀の小鳥が降りてきて
私と一緒に歌うでしょう
銀の子うさぎやってきて
私と一緒に遊ぶでしょう
雪が冷たいから
見える景色もあって
雪が冷たいから
会えることだってある

編集・削除(未編集)

ロケットBBS

Page Top