MENU
23,272

スレッドNo.422

夏、失意の中で  U.

今日、夏が来た
独り砂浜に寝転ぶと
空高く雲が湧いていた

見失った微笑みを探しに
ここに来た
波打ち際の砂に、埋もれていない?
白けた桜貝の間に、落ちているかもしれない
おかあさん、ありますよね

おかあさん
あなたが読んでくれた絵本が好きでした
  向日葵は、太陽の涙
  大きな空からこぼれて
  花となりました

夜、空は雨
探し物はまだです
雨は音もなく皮膚に滲みこみ
喪服の少女達が遊ぶ
黒いベールの震えが、風を呼ぶ
風は夏だと云うのに、氷の粒の流れ

水銀灯に揺れる影は、黒い壁に閉じ込められた
一匹の蛾が、光の粒に戯れる
手ごたえのない戯れに疲れきり
朝日の昇る頃、燃え尽きた水銀灯の下に
ぼろぼろの死骸だけが
軟らかい陽の中で、朝露に濡れるでしょう

そして、私の中の琴線が切れた
ポロンとやけにまろやかな音と共に切れた
深い夜の闇にこだまして
ころころとこだまして
メフィストを呼んでいる

でも
私はまだ生きているよ
まだ生きているのだよ

編集・削除(未編集)

ロケットBBS

Page Top