MENU
21,307

スレッドNo.88

白い砂浜の絵  もりた りの

朝陽の差し込むリビングにいつもその絵が掛かっている
あなたと住み始めた頃にワゴンセールから探し出したもの
砂浜と題したその絵はわたしにはちっとも砂浜に見えなかった
あなたは一目気に入り誕生日のプレゼントに欲しいと言った
もっと素敵なものを贈りたかったのにあなたはそれがいいと言った
甲斐性のないわたしのことを気遣っているのかと思った
後ろめたいわたしがいた
あなたはその絵を東の窓が見える壁に掛けたいと言った

わたしはあの砂浜の白い砂になれるかしら
あなたと一緒に砂になって過ごせるかしら
いつもあなたはその絵を眺めてそう言った
わたしは絵に描かれている砂浜を探していた

ある日のあなたは綺麗なドレスを着てこの砂浜にピクニックに行きたいと言った
わたしは砂浜でドレスを着たらすぐに汚れてしまうと言った

ある日のあなたはこの砂浜に可愛いテーブルと椅子にくつろいで一日過ごしたいと言った
わたしはこんなところに一日いたら退屈してしまうと言った

ある日のあなたはこの砂浜でおいしいコーヒーを飲みたいと言った
わたしはこんなところでコーヒーは買えないと言った

ある日のあなたはこの砂浜に行くなら早春がいいと言った
わたしは風邪をひくのでもう少し暖かくなってからにしようと言った
その日のあなたは珍しくそれでは少し遅いかもしれないと
わたしはどうして遅いのかと尋ねた
あなたはただ砂浜の絵を眺めて応えてくれなかった

それからあなたは砂浜のことは言わなくなった

桜が舞う季節にふとあの砂浜に行かなければならないと焦燥した
わたしはあなたを乗せて行く先も決めずに車を走らせた
あの絵の砂浜の場所を感じるままにハンドルを切った
白い砂浜と水平線
夜明け前に視界が開けた

あなたの笑顔に救われた
何故だか間に合ったような気がした
あの絵の白い砂浜に辿り着いた
小さな丸いテーブルと椅子が二つ
紐が揺れる白いワンピースにつば広の白いレディースハット
あなたはコーヒーカップを片手にわたしを見つめていた
 
わたしはこの砂浜の白い砂になれるかしら
いつものようにあなたは言った
わたしは早朝の肌寒さを感じながら
いつものようにはぐらかした

わたしはこの砂浜の白い砂になりたいな
あなたは言った
それを決めているようだった
わたしはあなたの白いサンダルに視線を移した
これ以上わたしは逃げることができなかった
あなたに視線を移したのに霞んで見られなかった

真っ白な砂になれるよ
わたしははじめてあなたに言った
あなたはとてもうれしそうに微笑むと
手元のコーヒーが白い砂になった

コーヒーカップ
丸いテーブルと椅子
白いサンダル
ふんわりしたドレス
つば広の帽子
つぎつきと砂になり
あなたもきらきらとした白い砂になり砂浜に溶けていった

だからわたしは最期まで言いたくなかった
でもこれが最期だったから
あなたに言ってあげたかった

わたしは一人砂浜に佇み白い砂を掬い
あなたが話し掛けてくれるのをいつまでも待っていた

その日から朝になると絵のなかにあなたを探しているわたしがいる

編集・削除(未編集)

ロケットBBS

Page Top