MENU
8,377

スレッドNo.180

annsFMarchive Ver11.01 を公開しました

annsFMarchive Ver11.01 を公開しました。

今回 64bits版を作成しました。「DLL」は 32bits版を使用するので、「BonsFMmini 64bits版」と同じで「ISO」等は対象外になります。

「Susie」を使用した圧縮ファイルは対象外で、使用したい場合は「BonsSpmSpl」を使用して下さい。

画像ファイルの表示は「SPI 32bits版」のみ使用が可能です。

用途によって、32bits版と 64bits版を使い分けて下さい。
64bits版では、画像表示の時にファイルサイズが大きい場合に有利になります。

よろしくお願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)

不具合を確認しました。
対策を行いましたので、確認をお願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)

annsFMarchive v11.11
マークですが画面外になった時
画面スクロールしなくなってる様です
残ってたv10.13ではスクロールしました
よろしくお願いします

引用して返信編集・削除(未編集)

対応ありがとうございます
annsFMarchive 11.11
BonsSpmSpl 01.12
動作確認しました

引用して返信編集・削除(未編集)

不具合を確認しました。
拡張子を削除する処理を行っていたので、ピリオド以下が削除されていました。
フォルダの場合はそのまま、ファイルの場合は拡張子を削除する、と条件を分けました。

「annsFMarchive」「BonsSpmSpl」を更新しました。

よろしくお願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)


どうもお世話になってます
annsFMarchive v11.06
BonsSpmSpl v1.09

以下の様な中身の書庫(7z/zip/lzh/cab)
---
a.b\1.jpg
c.d.e\2.jpg
f.f\3.txt
---

ファイルリストのフォルダ表示が
a
c.d
f
になる
ファイルインフォメーションは正常
a.b
c.d.e
f.f

またフォルダ内が表示出来無い
こちらの
ファイルインフォメーションは
a
c.d
f
になる

7z の通常書庫をテキスト形式で取得
Zip の通常書庫をテキスト形式で取得
オンオフどちらもダメでした

取り敢えず
32bits版 xp環境
でしか試せてません

よろしくお願いします

引用して返信編集・削除(未編集)

ダウンロードページのトップ画面
BonsMemoがBonsMmeoと表示されてます

引用して返信編集・削除(未編集)

対応ありがとうございます
動作確認しました

引用して返信編集・削除(未編集)

動作確認、ありがとうございます。

>annsFMarchive
>パラメータ設定 Extract(4)の解凍先の部分の表示
修正しました。

>BonsSpmSpl
>解凍先が3つ位欲しいです
メニューの「ファイル」に解凍先を追加しました。
「パラメータ設定」画面の「Extract」タブで設定して下さい。

>全ファイルをカレントに解凍の後画像表示が出来ない
表示を可能にしました。

よろしくお願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)

annsFMarchive
パラメータ設定 Extract(4)
の解凍先の部分の表示が
1:Extract
2:Extract
3:Extract
になってる
ポップアップ解凍画面は
1:解凍先
2:解凍先
3:解凍先

引用して返信編集・削除(未編集)

対応ありがとうございます
BonsSpmSpl 1.08
annsFMarchive 11.05
要望&報告分一通り試しましたが
動作しました

annsFMarchive 64bit版
zip形式の時のポップアップ解凍画面
解凍用zipdll選択が7-zip32.dll/LMZIP32.dll
と32bit版の表示のままのようです

BonsSpmSpl
> 今回「全ファイルをカレントに解凍」を追加しました。フォルダ配下を含めて全てを解凍します。
> その他の解凍が必要であれば作成しますので提案して下さい。

全ファイルをカレントに解凍の後
画像表示が出来ない
TmpSpmSplには残ってますが再度解凍が必要なようです
仕様ですか

全ファイルをカレントに解凍
1:解凍先
2:解凍先
3:解凍先
の様な設定した解凍先が3つ位欲しいです

よろしくお願いいたします

引用して返信編集・削除(未編集)

>annsFMarchive 64bit版

「SPI」だけでなく「SPH」にも対応しました。

>BonsSpmSpl

現状では「全ファイルを解凍」を実行した後に「annsFM起動」または「BonsFMmini起動」を実行して必要な個所に移動が可能です。フォルダ付きの場合は、カレントのみ解凍され、フォルダの配下は解凍されません。

今回「全ファイルをカレントに解凍」を追加しました。フォルダ配下を含めて全てを解凍します。
その他の解凍が必要であれば作成しますので提案して下さい。

よろしくお願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)

> 「Susie圧縮ファイル」の対応を無効にしても
BonsSpmSplがあるので無効でいいのですが
annsFMarchive Susie圧縮ファイルでマルチページpdfの部分解凍をよく使うので
無効の場合BonsSpmSplの
一時解凍だと終了で消えるので通常解凍が欲しいです
よろしくお願いします

引用して返信編集・削除(未編集)

>annsFMarchive 64bit版

現状では、画像は32bits版と同じで「SPI」のみの対応としています。
これから「SPI」と「SPH」に対応するように変更していきますので、しばらくお待ちください。

「annsFMarchive」32bit版ですが、64bits版とおなじように「Susie圧縮ファイル」の対応を無効にしても大丈夫でしょうか?
可能なら「Susie圧縮ファイル」は「BonsSpmSpl」のみとしたいのですが、要望があれば現状のままでも大丈夫です。
不便となる箇所は、「annsFMarchive」では内蔵の画像ビューワがあるので、圧縮ファイル内の画像表示の連続起動が簡単ですが、「BonsSpmSpl」では「Ctrl+Enter」を操作して全てのファイルを解凍する必要があります。

よろしくお願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)

annsFMarchive 64bit版
画像表示の画像ビューア「Susie」の設定方法教えてもらえますか
パラメーター設定→Susie
の設定は
> 「SPI」は、「32bits」を使用します。
とのことで32bit版と同じにし
annsFMunbypass.exeを入れました
32bit版は表示できますが
64bit版は表示できないです
Information:画像が読み込めません(1)
Ver11.01で表示確認した気もしますが削除してしまって
Ver11.03で表示できないです

> annsFMunbypass.txt
> 「annsFMunbypass.exe」を 実行する Susie のプラグインファイルのある
> フォルダと同じフォルダーにコピーします。
> annsFMarchive_01Win64.txt
> 同梱の「annsFMunbypass.EXE」を「annsFMarchive.exe」と同じフォルダ
> にコピーします。
annsFMunbypassはどこに入れればいいのでしょうか
annsFMarchive.exeと同じフォルダやspiフォルダどちらに入れてもダメでした

よろしくお願いします

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年07月24日 20:49)

7-zip32.dllは
DLL読込フォルダ設定
DLLはアプリケーションの起動フォルダのフルパス(推奨で起動できない場合)
で動作しました
そこでD:\Software (x64)\annsFM\UNBYPASS.DLLとUNBYPASS.EXE
と重複してる
SysWOW64\側のUNBYPASS.DLLとUNBYPASS.EXE削除で
DLLはSYSTEM32とアプリケーションの起動フォルダ(推奨)
でも動作しました
7-zip32.dllは重複しても大丈夫でした

LMZIP32.dllはこれでもダメでした
DLLの関数 LMZipOpenArchive のアドレスが見つかりません.

あとこのページの一番下フィードがエラーでRssビューアで読み込めないです

引用して返信編集・削除(未編集)

BonsFMmini x64
でも試しました
7-zip32.dll
LMZIP32.dll
を使うオプション
で解凍も試しましたがこちらもダメでした
あと
32bitdll使うでも解凍画面の解凍用dllの表示が7-zip64.dll/LMZIP64.dll
アーカイブパラメータ設定のSettingの上4つdllの選択は
64bitdllでも7-zip32.dll/LMZIP32.dll
よろしくお願いします

バージョン確認しましたが
LMZIP32.dll Version 2.33
最新でした

引用して返信編集・削除(未編集)

対応ありがとうございます
報告分確認しました

記事修正で追記しましたがお互いの投稿同時だったみたいですね
annsFMの起動はannsFM.extでした

7-zip32.dll
LMZIP32.dll
がやはりダメみたいです
UNBYPASS.DLLとUNBYPASS.EXEは入ってるし
cab32.dll
tar32.dll
UNLHA32.DLL
unrar32.dll
UNZIP32.DLL
は同じ場所ですが大丈夫です

引用して返信編集・削除(未編集)

>annsFMのパラメータ設定→Tools→アーカイバでの起動
annsFM で設定されたのではなく、拡張子対応で起動されていると思いますので確認して下さい(annsFM.extをannsFM.ext- 等に変更してみて下さい)。
自分の環境では「"D:\Software (x64)\annsFM\annsFMarchive.exe" hwnd=%h」は起動できませんでした。
「D:\Software (x64)\annsFM\annsFMarchive.exe」なら起動できました。

>マクロ起動&annsFMarchive x64単体起動
こちらでは正常に起動しました。
D:\Software (x64)\annsFM\annsFMarchive.exe
D:\Software (x64)\annsFM\7-zip32.dll
D:\Software (x64)\annsFM\UNBYPASS.DLL
D:\Software (x64)\annsFM\UNBYPASS.EXE

「DLL」の読み込み設定を変えた Ver11.03 をアップロードしましたが変化は無いかもしれません。
このメッセージは自分の場合は「UNBYPASS.DLL」が無い場合に表示されました。

>annsFMarchive画像表示
表示内容を変更しました。
ショートカットキーを設定しました。

>BonsSpmSpl
修正してアップロードしました。

よろしくお願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)

対応ありがとうございます
BonsSpmSpl 1.07
annsFMarchive 11.01
修正分動作確認しました

annsFMarchive 11.01
annsFMのパラメータ設定→Tools→アーカイバでの起動
"D:\Software (x64)\annsFM\annsFMarchive.exe" hwnd=%h
"D:\Software (x86)\annsFM\annsFMarchive.exe" hwnd=%h
とどちらにしてもヘルプをみると32bitsになる
annsFMarchive.exe単体起動でそれぞれ32bitsと64bitsと表示で
入れ間違いではなさそう
追記
すいません
起動出来ました
annsFM.ext
の方が効いてました
パラメータ設定よりannsFM.extの方が優先なんですね

マクロ起動&annsFMarchive x64単体起動
---
-KR
/"D:\Software (x64)\annsFM\annsFMarchive.exe"
hwnd=%h
/Q
---
では
DLLの関数 SevenZipOpenArchive のアドレスが見つかりません.
のウィンドウが出る
C:\Windows\SysWOW64\7-zip32.dll
D:\Software (x64)\annsFM\7-zip32.dll
と7-zip32.dllは入ってる
D:\Software (x64)\annsFM\UNBYPASS.DLLとUNBYPASS.EXEも
こちらはヘルプで64bits
BonsFMmini x64からannsFMarchive x64起動でも同じ
追記
他も試しました
cab32.dll
tar32.dll
UNLHA32.DLL
unrar32.dll
UNZIP32.DLL
は大丈夫でした
LMZIP32.dll
DLLの関数 LMZipOpenArchive のアドレスが見つかりません.
はダメでした

annsFMarchive画像表示
ウインドウサイズより画像が小さい場合はを拡大しない

チェックが次回起動時外れる
annsFMimageと同じキーCtrl+R追加して欲しい
"を"が余分?

annsFMimage
ウインドウサイズより画像が小さい場合はを拡大しない

"を"が余分?

BonsSpmSpl
BonsSpmSpl.txtとダウンロードページ
> Ver1.07 2022-07-09
日付間違い?

よろしくお願いします

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年07月24日 11:07)

このスレッドに返信

このスレッドへの返信は締め切られています。

ロケットBBS

Page Top