MENU
355,795

スレッドNo.916

裁判のスパンがこれまでの半分になりました

次回は更に詳細な答弁書を出すとトドの代理人が2021年12月10日の裁判で申告をし、2か月のスパンで開廷した2022年2月7日の裁判で提出した被告の答弁書は、これまでの焼き直しで新たな事実や詳細な申告は無しでありました。

2021.12.10の裁判に証拠として提出すると、トドがSNS上に公開したゼネコンの総監督の意見書なるもの、これも前回に続き2022年2月7の今回の裁判にも提出なしです。

次の裁判までのスパンが今までの半分になりました。次は3月14日です。

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年03月13日 17:11)

実質的な裁判開始が2021年1月15日なので裁判期間が1年を超えました。裁判経過を記憶に頼っていると、何回目の裁判なのかすら不明になりそうなので、記録を残しておきます。

●2020年9月4日:
裁判所は原告から訴状が提出されると口頭弁論の期日を指定して被告と原告を裁判所に呼び出します。原告側弁護士にはその通達が7月20日くらいに届いています。
被告にも同時期に届いているのですが、その通達書類の受け取りを拒否し続けています。何度送付しても返送されるとのこと。
そんなわけで9月4日の前日に口頭弁論中止と決まり、10月16日に延期になりました。

●2020年10月16日:
被告に代理人弁護士二人が就き,答弁書が提出されたので開廷と決まった。しかし提出された答弁書は中身なし。被告も被告側の弁護士も出廷せず、実質口頭弁論は延期相当。陳述擬制と言う処置らしい。
当方の代理人弁護士と村田が出席して開廷され、裁判の開始を宣言して2分程度で終了。

●2021年1月15日:
口頭弁論開始、ただしコロナの影響もあり、インターネットを使ったリモート裁判。裁判の様子は後日代理人からメールで報告を受ける。もちろん東京の弁護士事務所に出向けば裁判に参加できるが、難しい裁判ではないので、当面パスです。霞が関の高裁に移って公開法廷になれば出廷するつもりです。

●2021年3月15日:口頭弁論
●2021年6月14日:口頭弁論
●2021年8月27日:口頭弁論
●2021年10月29日:口頭弁論
●2021年12月10日:口頭弁論
●2022年2月7日:口頭弁論
●2022年3月14日:口頭弁論
●2022年4月25日:口頭弁論
●2022年6月17日:口頭弁論
●2022年8月8日:口頭弁論
次回裁判

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年08月19日 09:20)

■セキュリティーログで、トドからのアクセスを拒否した記録をみると、
相変わらず来てますね、裁判日程とのリンクはあるのかな?
最近のを拾うと、
2月1日、12月13日、12月7日、12月2日、
同日に複数回来ているので、計11回のシャットアウトです。インターネットの構造を理解する能力が欠落しているんだろうね。

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年08月25日 12:01)

全く進歩がありませんね。
尤もトドのツイッターを見ていると同じことの繰り返しですからね。天下の恥晒し!!。

引用して返信編集・削除(未編集)

「侮辱罪」の厳格化が閣議決定されました、1年以下の懲役または禁錮です。

政府は、懲役刑と禁固刑を一本化した「拘禁刑」を新たに創設し、また、侮辱罪を厳罰化し、懲役刑を導入した刑法の改正案を閣議決定した。
・・・・
このほか、インターネット上の誹謗中傷対策として「侮辱罪」を厳罰化し、「1年以下の懲役または禁錮」などが加えられた。

業務停止は勿論、免許取り消しも視野に入りました。

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年03月09日 22:02)

↑の記事に関して当の本人のツイートには一切触れられておらず相変わらず自慢話や同じことの繰り返しです。

書ける訳ないですね、自分のことだから(汗)。

まさにグッバイ!!です。

引用して返信編集・削除(未編集)

このスレッドに返信

ロケットBBS

Page Top