MENU
8,369

スレッドNo.51

蘇州の鵜匠の思い出

『野鳥』7・8月号に中国の鵜飼いについて卯田さんと上田さんの興味深い対談が掲載されました。
卯田さんによると、中国の鵜匠はカワウを飼い慣らして(人工繁殖)紐なしで漁をすることが多いとありました。
 2017年12月に蘇州に行く機会があり、同里古鎮の運河で鵜匠(観光用)に出会いました。
私が見た同里古鎮の鵜匠の鵜は足に紐が結わえてありました。
残念ながら、鵜が魚を捕る様子は見られませんでした。

引用して返信編集・削除(未編集)

鵜が捕った魚を人が食べるためにさばいているのか、
鵜の餌として魚をさばいているのか、
時間が無かったので確認することが出来ませんでした。

引用して返信編集・削除(未編集)

卯田さんの著書『鵜と人間』はぜひ読みたいのですが、
値段が高くて(12,650円)手が出ません。
野鳥の会群馬で購入していただき、お借りできれば良いのですが・・・

引用して返信編集・削除(未編集)

こんにちは。
お近くの公立図書館でリクエストしてみてはどうでしょう。購入してくれるか、他館から借りてくれると思われます。

引用して返信編集・削除(未編集)

群馬県立図書館(https://www.library.pref.gunma.jp/)には在庫があるようですよ。

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年07月10日 10:38)

いろいろ手立てを教えていただき、ありがとうございます。
高崎図書館にはまだ入っていない様です。
県立図書館にはありました。
https://www1.library.pref.gunma.jp/winj/opac/switch-detail.do?idx=0

引用して返信編集・削除(未編集)

亀レスですみません。ご存じかもしれませんが、相互貸借によって、別の図書館の資料を近くの図書館で借りることができます。私も何回か利用したことがありますが、遠出をしなくて済むので便利です。

https://www.library.pref.gunma.jp/?page_id=590

引用して返信編集・削除(未編集)

このスレッドに返信

ロケットBBS

Page Top