MENU
26,404
固定された投稿

何でもご相談ください!

1.ボードに関する疑問を解消します!
■ ボード選びについて
・人気ブランドの〇〇モデルはどんなボードか知りたい!
・性能について知りたい!
・体格、波質などのマッチングについて知りたい!
・ボードの違いについて知りたい!
・相性の良いフィンについて知りたい!

■ シーコングのサービスについて
・買取・委託販売について教えて!
・無料試乗ボードの借り方について教えて!
・無料DVDの注文方法について教えて!
・サーフボードのリペアについて教えて!

2.ボードの要望お聞きします!(こんなボードがほしい!)
・他ブランドも含め、どんなボードがほしいか教えてください!
・シーコング取扱ブランドの中でどのモデルがほしいか教えてください!
・シーコングの在庫ボード以外に希望のデザイン、カラー、長さを教えてください!

3.海外トリップの質問コーナー(いろいろ聞いてください!)
・カリフォルニアを中心としたサーフトリップの質問
・デリバリー、キャリー方法についての質問

4.取扱商品について(いろいろなご提案お待ちしてます!)
・こんな商品があったらいいと思う商品の提案をしてください!

5.その他(何でも結構です!)・・・
・画像も貼り付けられます!
ご自慢のボード画像、ライディングシーンなどの掲載もお待ちしております。

◆掲示板投稿の場合は、【MENU】の新規投稿から投稿お願い致します。
※こちらの掲示板の趣旨と大きくはずれる投稿の場合、公開されない場合がございます。ご了承ください。

◆メールでの返信をご希望の場合は、ページ下部の【お問い合わせ】から、ご質問ください。
ご記載していただいたメールアドレス宛に、ご返信させていただきます。

====掲示板移行:2022年8月1日=====

編集・削除(編集済: 2022年08月02日 12:23)

ドナルドタカヤマ

ハワイアンプロデザインのDT2は、シングルフィンで乗った事ありますか?またはシングルフィンはオススメできないボードですかね?ポリッシュとかもよくわからないので、高価な買い物に色々躊躇しております。

投稿日:2020年 6月 9日(火)23時00分45秒

引用して返信編集・削除(未編集)

このたびはお問い合わせいただきまことにありがとうございます。

DT2はマニューバーを意識したスタビライザーのついたオールラウンドタイプのロングボードです。

基本的には、サイドフィンを装着して使用することを前提としてデザインされていますので2+1でご使用されたほうが、ボード本来の性能を発揮できると思います。

サイドフィン付きのロングボードはもともと「ショートボードのようにロングボードを動かす」というコンセプトでボードが作られているため、一般的にボードが短く、テールが細く、軽量でロッカーが強くなります。

全体的にダウンレールが多く、テールまわりのレールにはエッジが施されています。ボトムにはVEEが施されています。

このようなボードは波から受ける力が小さく、そしてボード全体に力が伝わらないためテイクオフが遅くなります。

そして、波の斜面をすべる落ちる感覚もないので、ウネリからテイクオフすることが比較的難しくなります。

また、このボードを使ってハイパフォーマンスのラインを描くにはまずボードにスピードが必要となりますが、そのスピードを得るためにボードを波の斜面を使ってアップスンダウン(アップスン)を繰り返す必要があります。

そのためうまくボードを操れない場合は、ボードは加速せず、不安定になります。

波のコンディション(サイズとパワーが必要)、技量が整えばショートボードのようなマニューバーを描くこともできますが、技量、コンディションが整わなければ、バランスの悪いボードの上に立っている状態になります。

ただし、シングルフィンロングボードが優れていて、サイドフィン付きのロングボードが劣っているという意味ではありません。


もっとゆったりと簡単にサーフィンを楽しみたいとお考えであれば、シングルフィン、ソフトレール、抑えめのロッカー、ボトムの形状はフラット部分が多く、適度な重量があるボードという選択がおすすめでございます。

もし、ご来店が可能でしたら、当店で人気のファットキャットやスタイリストは無料で試乗ボードをご用意しておりますので、お気軽に何度でもお試ししてみてください。

他にご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

なにとぞよろしくお願いいたします。


シーコング東京江戸川店
渡辺

引用して返信編集・削除(未編集)

秀逸な至宝について

ザーベルとキラーの違いを教えてください。
いい波のいいセクションで、切り裂く感覚を夢見てます。

宜しくお願いします。

投稿日:2020年 6月 9日(火)21時21分30秒 返信・引用

引用して返信編集・削除(未編集)

このたびはお問い合わせいただきましてまことにありがとうございます。
返信が遅くなりましてまことに申し訳ございません。

ザーベルとキラーの違いにつきましてご説明させていただきます。


【ザーベル】
本来スピードグライダーとして、速い波をメイクし、なおかつ波をできるだけ長く乗り継ぐ高速クルージングを目的に作られています。
後期に作られたものは、その要素にパフォーマンス性を加味し、ロングサイズながらカットバックやボトムターン、トップターンの切れを字を重視されています。

ただしあくまでもメインのコンセプトはロングボードとして、トリム&グライドに重点が置かれています。


【キラー】

1960年代後半のトランジション期に作られたロングボードがショートボード化していく過程のボードです。フィーリングとしては長いシングルフィンショートボードというイメージです。

同系のサファーはより掘れた波に対応するピンテールですが、キラーはマッシーな波に対応し、スカッシュテールを生かしたよりアグレッシブな動きが可能です。

あくまでもショートボードにつながる過程で作られたショートボードフィーリングというところがザーベルとの違いです。



両者ともにロビンの特性であるスピードが最大限に強調されたモデルであり、まさに波を切り裂くフィーリングですが、ザーベルはロングボードの延長線上のフィーリング、キラーはショートボードに近いフィーリングとなります。


ちょっと抽象的にはなりますがご理解いただければ幸いでございます。


その他、ご質問などございましたら何でもお気軽にお問い合わせください。

なにとぞよろしくお願いいたします。

シーコング藤沢店
田中

引用して返信編集・削除(未編集)

肥満でサーフィン

すいませんロングボード歴5年ぐらいの者です
息子がダイエット兼ねてサーフィンをしたいのですが
身長180cm体重130キロです
9.2fjエポキシの知り合いの板で練習させたのですが
安定感がないのかちょっとわからなく購入しようかと思いますがどんな板が良いのか教えてください

投稿日:2020年 5月31日(日)19時11分20秒

引用して返信編集・削除(未編集)

このたびはお問い合わせいただきまことにありがとうございます。

大変失礼ではございますが、一般的な浮力のロングボードでは浮力が足りていないと思います。
当店取扱いのボードで浮力の大きいモデルを下記にてご案内させていただきます。
下記のボードは体重100㎏前後の方に対応いたします。

・メガフロート
サイズ:9'0ft 幅:24in 厚み:4in
https://seakong.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=141589

・ティップ
サイズ:10'0ft 幅:24in 厚み:3 1/2in
https://seakong.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=141589

・ハーバー プランティン
サイズ:10ft 幅23 5/8インチ 厚み3 1/2インチ
https://seakong.shop-pro.jp/?pid=150988300

できるだけ長さと幅と厚さが大きく、ロッカーは抑えめのボードを選んでいただき、大きいフィンを装着していただければ、パドル時の横ブレも減少し、テイクオフの成功率も高まると思います。
浮力が足りない感じる場合は、11ftや12ftをカスタムオーダーされるお客様も実際いらっしゃいます。

他にご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
なにとぞよろしくお願いいたします。

シーコング東京江戸川店
渡辺

引用して返信編集・削除(未編集)

カスタムオーダーについて

先日ダノーVボトムの質問の回答大変わかりやすくありがとうございました。度々質問で申し訳ないですが、カスタムオーダーの際、パフォーマーかホットドッグで8.7フィートでオーダーは可能でしょうか?

投稿日:2020年 5月12日(火)21時40分49秒

引用して返信編集・削除(未編集)

この度はお問い合わせありがとうございます。
早速回答させていただきます。

パフォーマー8.7ftのカスタムオーダーは可能ですが、エルモアホットドッグ8,7ftのカスタムオーダーはお受けすることができません。

パフォーマーは過去にミニパフォーマーというモデルを作っていましたので可能です。
一方でホットドッグは、ボードが短くなってしまうと、トロイの考える本来のボードコンセプトとかけ離れてしまうためお作りすることができません。

どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

また何かご不明な点やご質問ございましたらお気軽にお問い合わせください。

シーコング中野

引用して返信編集・削除(未編集)

サーファビリーとダノーの違いについて

ダノー(ジャレッドメル)かサーファビリー(ジャレッドメル)で迷ってます。
(サーフィン歴は10年以上で湘南が中心です)
お忙しいところ申し訳ありませんが各板の違いを教えて頂けますか?

投稿日:2020年 5月 6日(水)18時01分27秒

引用して返信編集・削除(未編集)

このたびはお問い合わせいただきまことにありがとうございます。
サーファビリーのジャレッドメルモデルはダノーのジャレッドメルモデルをチューニングしたモデルとなりますので、コンセプトは変わらずにジャレッドメルのような“スイング”カットバックとノーズライディングを楽しめるボードです。

まずは下記にて、ボードの説明をさせていただきます。


・サーファビリー ジャレッドメル

ピッグ系のアウトラインを持ち、最大幅はなんと23インチを超えます。それによって波の力をテール側で余すところなく吸収するため、異常に速いテイクオフが可能です。
そしてもう一つの大きな特徴は“極端なアップレール”です。
デッキ面はほぼ平ら、ボトムの両サイドがお椀のようにシェープされています。
この“極端なアップレール”はジャレッドのライディングの特徴である、スイングを超簡単にできるようにするためにシェープされています。
テールを中心にボードをスイングさせてもレールが決して引っかかることはありません。
ストレッチ気味なノーズのアウトラインと薄く施されたノーズコンケーブにより、ピッグ形状ながらノーズライディング性能にも優れていて、ノーズに行って戻って大きくボードをスイングし、またノーズに向かうことを繰り返し、現在の世界のロングボードシーンのマニューバーを一般の方でも簡単にできるようにしたイージーモデルです。


・ダノー ジャレッドメルPRO

超重量級ボードが魅力のひとつでもあるダノーのラインナップですが、『ジャレッドメルPROモデル』は、デッキが4オンス+8オンス、ボトムが8オンスと軽量化されています。
ちなみに前身のジャレッドメルモデルはオール8オンスです。
軽量化されているといってもフォームは高圧縮フォームを使用していますので、標準的なシングルフィンログの9㎏前後の重量があります。
クラシックタイプのロングボードよりも比較的薄めのレール形状(60/40でややアップレール)でスピード性と取り回しの良さが特徴です。
適度な重量はボードの推進力を増し、常にボードを安定させた状態にするのでジャレッドのようなウォーキングやトリッキーな動作ができます。
直線的なアウトライン、テール部分に施されたくぼみ(デッキコンケーブ)とテールキックの組み合わせで、ノーズライディング時にテールのホールド感が高まり、また、ボトムの大きいノーズコンケーブでジャレッドのようなトリッキーでティップタイムの長いノーズライディングを引き出します。

次に性能面を比較してみました。

◎テイクオフ
DANO_JM < SAB_JM

◎コントロール
DANO_JM = SAB_JM

◎トリム&グライド
SAB_JM < DANO_JM

◎ノーズライディング
SAB_JM = DANO_JM


どちらのボードも湘南で実際ご使用いただいているお客様からも評判が良く、以前、ダノーのジャレッドメルモデルを愛用していた方がサーファビリーに乗り替えるというケースも多くございます。
重量はそこまで違いはありませんが、ボリュームのあるアップレールにより、サーファビリーのジャレッドメルのほうが、軽いフィーリングで浮遊感があります。
パドルの漕ぎ出しもサーファビリーのほうが早く感じると思います。
個人的には、小波の湘南でサーフィンすることが多い場合は、テイクオフ性能が勝るサーファビリーのジャレッドメルをおすすめいたします。


簡単ではございますが、他にご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。
なにとぞよろしくお願いいたします。


シーコング東京江戸川店
渡辺

引用して返信編集・削除(未編集)
合計503件 (投稿254, 返信249)

ロケットBBS

Page Top