MENU
60,921

発達障害に生まれて

こんにちは。
ちょっと愚痴になってしまいますが、よろしくお願いします。

以前に竹川先生が、発達障害で良かったと思えることが、治療のゴールのひとつであるとおっしゃっていましたが、今の私は全然そんな風に思うことなんて出来ないです。この障害のおかげでどれだけのことを犠牲にしてきたことやら‥‥。

養老孟司先生は、自分に与えられたものをどのように受け止め、それをどう生かすかはあなた次第であり、又あなたに与えられ課題であるというようなことをおっしゃっていました。

この世の中で生きていくのにコミュニケーションが苦手な発達障害は致命傷、就ける仕事も限られ、仕事に就けたとしても本当に苦労の連続で、様々なことに翻弄され、その対処に精一杯、疲労困憊。普通の人が楽しめることも楽しめない。だったら自分なりの楽しみを見つければよいのだけど、そんな物はどこにもない。竹川先生のおっしゃる自己満足の世界も何ひとつ持つことが出来ないで、ただただもがいているだけ。
それでも人は生きていかなきゃいけない。そのためにはお金がいる、けど仕事ない。
やっぱり、普通(定型発達)に生まれたかったです。

普通が何かもわからないくせに普通に生まれたかったなぁと思ってしまいます。

私は変わっていると開き直って堂々と生きていけばいいのだと自分に言い聞かせているけれど、やっぱりつらいなぁと最近強く思います。

最近、特に何もかもが上手くいかないトラブル続きで、歳を重ねればこの障害をうまくかわすことができるなんて思っていた私は浅はかで歳とともにひどくなっていくような気がしています。
なにもやる気がしなくなりました。
もう、こんな状態がずっと続いています。

引用して返信編集・削除(未編集)

こんにちは、投稿ありがとうございます。
「発達障害は幸せなのか?不幸なのか?」というのは、
本当に難しい問題です。
私が一番患者さんから聞かれることで、永遠の課題でもあります。



人間は社会性の動物であるゆえ、
友達は多い方がいい、皆と仲良く出来た方がいい、自己管理は出来た方がいい、
普通に学校を卒業して、普通の会社に勤め、普通に結婚して、
休日はプライベートで趣味や友人と楽しく充実させる。

それが良い人生、普通の人生と私たちは学んできましたので、
そう思うのも無理はないですが、
この価値観を定着させたのは定型発達=多数派の人
ですので、発達障害=少数派の人は当てはめなくて良いですよ。

というか、普通の人生って、つまらなくないですか?

空気を読んで、周りに気を遣い、好きでもない人と仲良くしないといけない。
普通の仕事で普通のやり方、普通の恋愛や結婚、
皆が好むことに合わせて、相槌を打ち、一緒に動かないといけない。

SNSでリア充マウントは取れると思いますが、
そんな疲れる人生に意味はあるのでしょうか?

発達障害の人は、少数派と開きおなり、
「私は変わっています」「皆と合わせられません」「普通が解りません」「仕事の仕方も皆と違います」
「自己管理が苦手です」「空気読めません」「変わった趣味があります」「面倒くさい人間です」
「感情が上手くコントロール出来ません」「トラブルメーカーです」
と周りに豪語し、自分勝手にマイペースに生きた方が楽しくないですか?

確かにこれらと言うと最初はビックリされ、我儘 甘え、人間的にダメと
否定する人も居ると思います。
生きていく為には、どうしてもお金がかかりますので、
そこは何とか用意しないといけません。
余程の資産家ではない限り、最低限の社会性は必要と思います。

でも発達障害の人は、非常に真面目で素直、嘘がつけない 思ったことを言う
偏った知識がある、突飛な行動をとる、物怖じしない、行動力がある
など人間としては、非常に魅力があるところもありますので、
そこに気が付いた人は、貴方と一緒に居るという選択を取るでしょう。

そういう人は少数かもしれませんが、そのような
理解者に一人でも出会えれば、十分生きていけますよ。
その理解者が自分でも構いません。

世の中を変えてきた、天才、偉人の伝記を読んでみて下さい。
ヒューマンドラマや映画の主人公、面白いアニメの主人公など見れば
魅力的な人間=発達障害の傾向のある人
という答えに行きつけると思いますよ。


生まれつき脳の構造が違うのに合わせようと必死になり、
時に否定され 蔑まれ、怒られ、しにたいと思ったこともあったでしょう?
散々苦労しても、今こうして生きている自分を褒める事は出来ませんか?

もう周りに合わせるのは止めて、自分を否定せず、開き直ること、
そして、自分の生きている意味、自己満足を追求し、
自分のことを好きになれると良いですね。

引用して返信編集・削除(未編集)

予後というか余命について

https://x.com/A10GADGET/status/1796145418511720755?t=K51Wwr2Iq3YOJ0Wk41xt0Q&s=19
昔は天井が見えるとかで表現されていた余命や人生の残り時間について、なんとなしに健作していたらそういう考えや表現や考察がありました。
人生100年時代でも現役世代で動ける時間帯とリタイヤや本当に体が無理が効かなくて穏やかに過ごさざるを得ない老境の時間帯で考えると比率や濃度や密度は人生後半戦になると薄くなってくると思いました。
質問は後半戦のはじまる40代からの人達は何を標として生きるのか?家庭に縁が無かったり興味が無い者はどうやって過ごせば良いかわからなくなって、先生のご意見を参考の一つに伺いたいと思いました。人生論という重い質問恐縮です。

引用して返信編集・削除(未編集)

こんにちは、投稿ありがとうございます。
40代はまだまだ若いと思いますが、難しい質問ですね。

私個人の意見では、人生に目標やゴールは必要ないでしょう。
まあ生きてくのに最低限のお金や自立は必要とは思いますが、
結婚する 家族を持つ、マイホームを購入する 出世するといった、
昭和の思想は不要ではないでしょうか?


人生において一番大事なのは、自己満足です。
将来に大きな目的やゴールを設定しないと、得れないのであれば、
それでも良いですが、もっと身近な小さな自己満足でも、
人生は充分だと思いませんか?

趣味 運動 推し活、ゲーム ネット、おいしい食事、
温泉 綺麗な景色、面白い映画や動画、ボランティア
ペット、植物 友人 異性、恋愛、風俗 アルコール 

外に出れば、色々な経験が出来ると思いますが、
その中で、小さな感動 感激、生きていて良かったと思う瞬間が
あれば、生きている価値があるでしょう??

確かに人生は限られておりますが、40代なら
まだまだ時間はありますよ。

どんどん外に出て、色々を探検してください。
貴方の人生を変えることが出来るのは
貴方だけだと思います

引用して返信編集・削除(未編集)
合計347件 (投稿156, 返信191)

ロケットBBS

Page Top