MENU
34,745

シメの水浴び

オオルリやコルリを狙って行ったMFにシメがやって来て驚きました。お馴染みの冬場のシメは嘴ピンク色ですが、夏場のシメは嘴グレー色で、このシメは更に黒く色づいていました。こんなシメは初めて見ました。

引用して返信編集・削除(未編集)

太郎の父様
 いつも興味深い情報をありがとうございます! このメスは内側初列の先端(シメ独特の形状の部分)があまり大きく湾曲していないように見えるので、メス(オスより湾曲は小さい)であることを差し引いても、幼羽の風切のように思われます(成鳥は幼鳥より湾曲する)。虹彩の色も少し鈍いように見えるので、昨年産まれの幼鳥かもしれません。繁殖地に戻るのが遅れたか、越冬地での居残り組でしょうか。

引用して返信編集・削除(未編集)

ヨタカ様
 ご教示ありがとうございます。
 シメは群馬では恐らく冬鳥(漂鳥)ということで良いのだろうと思いますが、標高の高い所で稀に夏場見ることがあります。また東北地方では夏鳥としても見られると聞いたことがあります。繁殖地も中日本から北で局所的に繁殖とも図鑑に記載がありますね。ということはヨタカさんのおっしゃるとおり、繁殖地に戻るのが遅れたか越冬地での居残り組と考えるのが自然なんでしょうね。この周辺で生まれたというのも可能性は少なくても、絶対にあり得ないということでもないのでしょうか?ここは標高は1200~1300mくらいだと思います。
 シメは夏季嘴の色が鉛色(グレー?)ですが、このように先端から根元に向かって黒くなっているのを初めて見ました。

引用して返信編集・削除(未編集)

太郎の父様
 繁殖はしていないだろうと思っていたのですが、嬬恋牧場では繁殖記録(下記)があるようです。びっくりしました。幼鳥の画像が不鮮明ですが、黄色い頭と下面のボチボチした斑が写っています。
https://manzanc.jp/fieldnote/2021-08-27-07-26-50

 eBIRD で幼鳥の画像が見られます。
https://ebird.org/japan/species/hawfin

 この水場でも、幼羽の写真が撮れるといいですね。

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年06月23日 09:58)

ジョウビタキの繁殖記録も載ってました。
https://manzanc.jp/fieldnote/2021-08-05-14-13-01

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年06月23日 10:00)

ヨタカ様
 いつも情報提供や詳しいご教示をありがとうございます。
 各図鑑を読んでみるとシメは中日本から北日本で「局所的に」繁殖と記載がありますね。群馬では冬平地で過ごし、春夏は恐らく少数が標高を上げて高原で繁殖しているのかもしれません。というか嬬恋牧場の記録によれば確かに繁殖しているのですね。
 昨今嬬恋村では村が力を入れ野鳥観察団体が立ち上がり万座しぜん情報館はその一翼を担っているようですから、今後は色々と観察記録が増えてくるかもしれませんね。とても興味深いフィールドだと思っております。

引用して返信編集・削除(未編集)

部分白化のハシボソガラス

千葉の友人から送られてきたハシボソガラスの画像です。カササギっぽく、奇麗なので、友人の許可を得て、投稿します。今年のヒナで、親の後を追いかけていたそうです。

引用して返信編集・削除(未編集)

二枚目

引用して返信編集・削除(未編集)

三枚目

引用して返信編集・削除(未編集)

四枚目

引用して返信編集・削除(未編集)

五枚目

引用して返信編集・削除(未編集)

教えて下さい

今日、高崎の公園で撮ったキセキレイの事で教えて下さい
胸の黄色が薄く、初め幼鳥かと思ったのですが若鳥のような・・・
よろしくお願いします

引用して返信編集・削除(未編集)

2枚目

引用して返信編集・削除(未編集)

3枚目

引用して返信編集・削除(未編集)

野鳥大好き様
 体羽が羽枝の粗い幼羽ではないようなので、巣だったばかりの雛ではないですが、風切や雨覆、尾羽が一様にきれいな羽に見えるので、今年生まれの幼鳥かもしれません。虹彩の色、各羽の形状や摩耗具合などの情報があれば、もう少しわかることがあるかもしれませんが、画像だけだと難しいですね。

引用して返信編集・削除(未編集)

ヨタカ様
教えて頂いてありがとうございます。
虹彩の色や羽の様子等、いろいろな角度からの検討が必要なのですね
勉強になりました。また続けて観察したいと思います
お世話になりました

引用して返信編集・削除(未編集)

カルガモファミリー

自宅付近の河川で、子カルガモ11羽が、母カルガモに見守られ、すくすくと成長しています。

引用して返信編集・削除(未編集)

カルガモファミリー同一個体群

引用して返信編集・削除(未編集)

ガビチョウ

今まではカオジロガビチョウが主でしたが、ここ数年、姿は確認できないものの、ガビチョウの声が時々聞かれるようになりました。ところが、今年に入って、すっかり定着したようで、姿をさらして堂々と囀っているのが見られます。繁殖もしているのではないかと思います。この2種が増え続けるとどうなるのかとちょっと心配です。
お隣の屋根でさえずっているガビチョウ(前橋北部)

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年06月19日 21:30)

ゴイサギ

昨日の夕方、碓氷川でゴイサギが魚を狙っていました。
ゴイサギは狩猟鳥でしたが、数が減少していることもあり、非狩猟鳥に指定されるようです。安心して魚とりできますね。

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年06月18日 08:24)

結局魚はゲットできませんでした

引用して返信編集・削除(未編集)

仲良く....?ツーショット

引用して返信編集・削除(未編集)

コルリ

暗い森の中、ネズミのようにチョロチョロッと走ってきたコルリが苔むした石の上に乗りました。
3枚連射した中で一番被写体ブレしなかったコマです。青い♂ですが、まだ少し若い個体のようで色が今一つです。

引用して返信編集・削除(未編集)

コルリの♀も出て来ました。暗くてISO800のSスピード1/40秒で目にはピンが合っていますが、尾周辺は被写体ブレしています。

引用して返信編集・削除(未編集)

アオサギ

瑞々しい田に揺れるアオサギが落日の時間に訪れた。

引用して返信編集・削除(未編集)

オオルリの水浴び

森の暗い水場にオオルリが水浴びに現れました。変に直射日光が当たらない方が羽色は美しく出ますが、いかんせん暗くてISO上げで繊細さを欠き、更にSスピードが極遅、カメラブレ被写体ブレばかりでした。

引用して返信編集・削除(未編集)

オオルリの水浴び、雌も来てくれました。
今度の新しい掲示板は自分で画像をリサイズしなくても、程よい大きさに自動リサイズしてくれるので便利ですね。

引用して返信編集・削除(未編集)

コゲラ

新しいMFの森にてオオルリやキビタキやクロツグミを観察中にコゲラが水浴びに現れました。アカゲラやアオゲラのは見たことがありましたがコゲラの水浴びを見たのは初めてでした。水浴びでヘアスタイルが少し乱れたのか頭の赤いのが写りました。

引用して返信編集・削除(未編集)

新掲示板を開設しました

本日(6月10日)、新掲示板をオープンいたしました。

★この掲示板の詳しい使い方はメニューにある「使い方」をお読みください。掲示板のタイトルをクリックすると掲示板のトップページに戻ることができます。

★スマホ、タブレットに対応しております。画像も自動的に縮小されますので、リサイズしなくても投稿できます。画像は一記事につき、一枚ですが、複数ある場合は、返信を使ってアップロードなさってください。YOUTUBEにアップしてある動画のURLを記入すると動画が表示されます。ご利用ください。

★お名前はハンドルネームとなっていますが、差し支えなければ実名でも構いません。

★投稿を編集、削除されたい場合は投稿日時の横にある「・・・」から編集・削除ができます。投稿を後で編集・削除する際に編集キー(パスワード)が必要です。投稿の際、編集キーを記入してください。編集キーは英数字または記号が使用でき、少なくとも英字と数字の両方を含め、4文字以上である必要があります。

★管理室は投稿を削除することはできますが、編集はできません。編集キーを忘れて投稿の編集・削除ができなくなった場合は、下記の「お問い合わせ」にご連絡ください。その他、この掲示板に関するご質問、ご意見等は、「お問い合わせ」からお願いいたします。

★希少種や繁殖に関する投稿は、場所などが特定されないように、十分にご配慮ください。なお、個人情報のメールアドレスは無記入になっておりますので、不適切と思われる投稿は、投稿者に断りなく削除する場合があります。ご了承ください。

★なお、旧掲示板(2019年4月~2022年6月10日)は、7月31日まで見られます。
    https://9230.teacup.com/gunma/bbs
それ以降は、ログと画像(サムネイルのみ)は、下記からご覧ください。
    https://wbsj-gunma.sakura.ne.jp/bbs/keijiban.html

それでは、皆様のご投稿をお待ちしております。

赤城山

引用して返信編集・削除(編集済: 2022年06月17日 06:28)

榛名山

引用して返信編集・削除(未編集)
合計328件 (投稿111, 返信217)

ロケットBBS

Page Top