MENU
291,342

1/19 裏妙義探鳥会のミヤマホオジロ

雨が降って残念でした。またよろしくお願いします。
鳥合わせで未確認扱いにしたミヤマホオジロですが、帰ってから現像してみたところ一応それらしく姿をとらえていました。
かなり画質悪いですが・・・

引用して返信編集・削除(未編集)

逃げようともしないイワヒバリ

標高650m、平地山林際の石の上で見つけたイワヒバリ。2mに近づいても全く逃げるそぶりなく終始くるくる頭を回すだけ。喉元の縞模様が何とも美しく印象的でした。
(機材:ボーグ天体望遠鏡+ニコンカメラ=840mm)

引用して返信編集・削除(未編集)

クマタカの旋回飛翔

風もない穏やかな今朝、少しだけ開けた山懐に入り込み鉄塔にパーチしているクマタカを見つけました。急いで滑らかに動く重量三脚をセットし終わった直後、同時に飛び出したクマタカを追いかけました。何と餌捕り狩場の上空を9回も旋回し又、同じ鉄塔にパーチするまでの約2分弱の飛翔です。空抜けですが、だからこそクマタカ本来の雄大な飛翔に元気を拝受しました。
撮影日 2月5日 Torahoo

引用して返信編集・削除(未編集)

群馬県西部 クマタカ♀

引用して返信編集・削除(未編集)

群馬県西部 クマタカ♀-2

引用して返信編集・削除(未編集)

イワヒバリの採餌

夏場では亜高山帯で希少種のイワヒバリ、冬場は標高700m前後付近まで下り越冬します。この映像は1月末、奥深い山岳道のモルタル施工された、やや垂直のガケ面です。モルタル面のガケには苔があちこちで見られ餌となる雑木類の種子が絡み付きイワヒバリには見つけ易く拾い易い好みの餌場のようです。また、道際には風で寄せられた枯葉が堆積していて、その中の種子を探すのに嘴で枯葉を深く蹴散らし食していました。

引用して返信編集・削除(未編集)

大寒波の中1月30日の午後、撮影条件厳しく時お小雪ちらつく二度上げ峠林道から何とか撮れましたイワヒバリの画像です。

引用して返信編集・削除(未編集)

教えてください

2月4日に西上州で撮りました。アオジのような感じですが、どうでしょうか?

引用して返信編集・削除(未編集)

ニューナイスズメの雌です。県内での越冬地は少ないので、場所が特定されないようご配慮下さい

引用して返信編集・削除(未編集)

ニュウナイスズメ「入内雀/斑無雀/新嘗雀」のメスとのこと
ありがとうございます。オスも写っているかも知れません。さがしてみます

引用して返信編集・削除(未編集)

スズガモ♂かな

マゼンタ(赤紫)色素が強い個体です。

引用して返信編集・削除(未編集)

下面の姿です。

引用して返信編集・削除(未編集)

上面の姿です。

引用して返信編集・削除(未編集)

羽ばたき①です。

引用して返信編集・削除(未編集)

羽ばたき②です。

引用して返信編集・削除(未編集)

T様
 変わった色のスズガモですね。部分的に黒い色素が少なくなる、いわゆる「バフ変」といわれる個体のようです。これだけ目立てば個体識別ができて、滞在期間や近距離の移動などを追えるかもしれません。珍しい画像をありがとうございました!

引用して返信編集・削除(未編集)

ヨタカ様
 添付画像の検討・考察・結論を頂きありがとうございました。
被写体に当たる太陽光量と動きが合致する瞬間の待ち時間は長かったです。
「鳥だより」に投稿致します。

引用して返信編集・削除(未編集)

ケアシノスリ

話題になっている利根川のケアシノスリ、以前御嶽山探鳥会の後で撮影に行ってみましたが、あまり早急に掲載しない方がよろしいのではないかとご進言をいただき控えておりました。現在はもう広く野鳥関係者に知られるところで以前ほどCMさんも集中していないようで最初に教えてくれた鳥友さんも「もういいんじゃないの」と言ってくれたので掲載する気になりました。なんでも3羽も来ているらしく尾羽のバンドが1本のと2本のと3本のがいるのだと現地にいたCMさんに教えてもらいました。3羽いればタイミングが良ければ個体差を比較できるチャンスですね。私は1羽しか見られませんでしたが、とにかく距離が遠くて小さくしか写りませんでした。

引用して返信編集・削除(未編集)

飛び出しです。

引用して返信編集・削除(未編集)

カラスに盛んにモビングされていました。

引用して返信編集・削除(未編集)

頻繁にホバリングします。

引用して返信編集・削除(未編集)

黄色系鉱物の汚れかな

左岸でコハクチョウを観ていたら頭部と頸に黄色系の汚れ個体二羽がペアで居りました。

引用して返信編集・削除(未編集)

二枚目です。

引用して返信編集・削除(未編集)

三枚目です

引用して返信編集・削除(未編集)

私もそう思います。鉄分?の多い黄褐色の水の場所で採食したのでしょうね、例えば下記のように。カモ類でもときどき見ます。

https://borancha.exblog.jp/15517834/

引用して返信編集・削除(未編集)

コミミズクの狩り場(食事タイム)

今年のコミミズクの出現は県内外とも、特に良いようです。投稿の場面は近年の作になりますが高崎市街地内でコミミズクの貴重な狩り場シーン(連続6枚)を捉えた画像です。宜しくです。

引用して返信編集・削除(未編集)

継続の2枚目。

引用して返信編集・削除(未編集)

継続の3枚目。

引用して返信編集・削除(未編集)

継続の4枚目。

引用して返信編集・削除(未編集)

継続の5枚目。

引用して返信編集・削除(未編集)

継続の6枚目。

引用して返信編集・削除(未編集)

ボーナスです。

引用して返信編集・削除(未編集)

ボーナス-2

引用して返信編集・削除(未編集)

ケアシノスリのホバリング飛翔

関東(群馬埼玉の県境)は利根川の土手よりケアシノスリを至近の水平目線にてのホバリング飛翔を撮影しました。撮影時間の原形29秒ですが、4倍減速ソローモーションでのアップです。残念ながら狙った獲物は捕れずしてこの場を去るまでの映像です。しかしながら体(頭)をピタリと止める技は凄いこと。そのために尾羽の微妙に終始コントロールする様をスローが見せてくれました。Torahoo
動画リンク

引用して返信編集・削除(未編集)

62年前へ戻れます!

 群馬県鳥類目録の新しい記事「歴代の目録からみた群馬県の鳥類の動向」が公開されました。目録掲載種の変遷を辿ると群馬の鳥類の動向が見えてくる、というものです。下記から閲覧ページ(会員限定)へお入りください。パスワードは野の鳥374号(2022年11/12月号)に同封されています。
https://www.wbsj-gunma.org/mokurokuver2/mokurokuver2.html

 特にお薦めしたいのがこの記事の電子付録で、1961年発行の「群馬県の野鳥」です。手書き原稿のガリ版刷りで、公の物は高崎と前橋の市立図書館に各1部あるだけの貴重な資料です。今回、会員の谷畑さんの蔵書をお借りしてPDF化したものを、著者の卯木さんのご厚意で、会員のみなさんへ公開できることになりました。62年前の群馬の鳥がどんな様子であったのか、ぜひ想いを馳せてください! 読まれた方は、ご感想を掲示板へお寄せいただければ幸いです。

引用して返信編集・削除(未編集)

 資料を読むには閲覧ページへログイン後、下図の「資料」を開いてください。
 会員限定公開の貴重な資料です。当然ですが、譲渡や二次配布は固くお断りします。

引用して返信編集・削除(未編集)

1/15 佐久発電所調整池探鳥会の鳥合わせに虚偽申告してしまいました。

コガラを申告いたしましたが、撮った時はコガラと思ったのですが、帰ってからトリミングして逆光補正したところ、どうもエナガのようでした。
訂正させていただきたく報告いたします。

引用して返信編集・削除(未編集)

画像は確かにエナガですね。
コガラを観察種のリストから削除する様に、関連部署に連絡します。
投稿、有難うございました(^-^)/

引用して返信編集・削除(未編集)

鍋割山をバックに

一見、鍋割山からそう遠く無い所を飛んでいる様に見えますが、

これは望遠レンズの圧縮効果によるもので、実際にこの鳥が飛んでいたのは

埼玉と群馬の県境です。

引用して返信編集・削除(未編集)

Yさま

 もう少しヒントをください!

引用して返信編集・削除(未編集)

ヨタカ様

尾のもとの方が白くて先に黒帯があるのがこの鳥の一番のポイントだと思います。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年01月21日 07:29)

Y様

 ありがとうございます。白いのは尾羽であって腰ではない、下面の画像だとほぼ答えになってしまう、ということですね。翼上面は、初列基部がもう少し白く写っていてもいいように思いますが、遠くて判別が難しいのかもしれませんね。

引用して返信編集・削除(未編集)

あらためて、この鳥について調べてみたところ、名前の由来になってるのは、
足指まで羽毛が生えている事に依るという事なので、
この画像で解る長いフサフサしてる脚の羽毛とは、別の部分のようですね?

引用して返信編集・削除(未編集)

 なるほど、この翼上面が遠くだと最初の画像のように見えるのですね。
 今回の写真に、名前の由来はちゃんと写っているようです。黄色い趾(あしゆび:ここには羽毛がない)のすぐ上の跗蹠(ふしょ:図の赤丸)に羽毛があるので黄色く見えません(画像の改変、ご容赦ください)。
 群馬では記録が多くないです。この個体が居なくなってからで構いませんので、鳥だよりに記録を残してください。お願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)

踵から足指までの間をふしょと言うのですね。勉強になりました。

引用して返信編集・削除(未編集)

イワヒバリ

体調がすぐれませんで、久々の投稿です。少しやる気が出たので凍結の峠道越えをしていましたら、運よくイワヒバリに出会いました。2羽いましたが雌雄の見分けはつきません。草の実を採餌中で動きが早く、しかも暗いのでシャッタースピードが遅くブレまくりでしたが、何枚かジャスピンのコマがありました。

引用して返信編集・削除(未編集)

こういった少しジメッとした感じのモルタル吹付法面や岩場が好きなようです。

引用して返信編集・削除(未編集)

黒い鳥

順光、キジバト2羽の羽毛色正常→露出は正常。
黒い鳥は嘴と脚も黒い。キジバト比、一回り小さいがコクマルガラスが妥当とした。
単独1羽の旅路の休息とする。

引用して返信編集・削除(未編集)

Dさま
 下のキジバトは、体の色がわかるのは右上だけで大半は黒く見えるので、この写真は順光ではなく半逆光ではないでしょうか。さらに問題の個体の止まっている枝が黒いので、この鳥の周囲は他の木の影か何かに入っているようにも見えます。色が黒く写っているのはそのせいではないでしょうか。また、この鳥の嘴はコクマルガラス(https://macaulaylibrary.org/asset/317648711)の嘴より細長く見えます。体の大きさがキジバトより小さいことからも、この鳥はコクマルガラスではないと思います。

引用して返信編集・削除(未編集)

ヨタカ様
Ⅾです。貴重なお時間を費やしてしまい、すみませんでした。
再度、観察します。ありがとうございました。

添付画像行為は常に観察できますか。推定ですが猛禽に襲われて水没した小鴨♂をオオバンが川底から拾い出した採食行動です。ご意見いただければ幸いです。

引用して返信編集・削除(未編集)

採食②です。

引用して返信編集・削除(未編集)

採食③です。

引用して返信編集・削除(未編集)

採食④です。
よろしくお願いいたします。
          記載 Ⅾです。

引用して返信編集・削除(未編集)

死んでしまったコガモは気の毒ですが、オオバンの採食行動として興味深いです。下記から記録を投稿していただけませんか。宜しくお願い致します。
https://forms.gle/QjECzUaNFY2kiGkn6

引用して返信編集・削除(未編集)

ツグミの集団

例年ですと今の時期畑や公園のそこかしこでツグミが見られるのですが、今季はいまだチラホラしか見られません。こんなに少ないのはどうしてかと思っていましたら、昨日利根川上流の河原でツグミが30羽以上いるのを見ました。それぞれテリトリをもたず、いまだ集団で行動しているようです。こんなにまとまってツグミが見られたのは初めてで驚きました。

同じ方向(川方向)に向いて20羽以上止まっていました。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年01月15日 11:27)

この冬はまだあちこちで柿がたくさんぶら下がっており、ムクドリたちなどが来ています。例年だと必ずツグミも遠慮がちにいるのですが、全く見ていません。集団でも十分餌があり、まだバラける必要がないということなんでしょうか?不思議に思っています。

引用して返信編集・削除(未編集)

せきれい様

 関係があるかどうか分かりませんが、我家の餌台に今季はヒヨドリもムクドリもまだ来ません。例年通りミカンやリンゴの切りカスを出していますし、近所にムクドリの群れはいるのですが。今年は何か変だなと思っていました。

引用して返信編集・削除(未編集)

ヒメハジロ

昨年12月に多摩川にやってきた珍鳥ヒメハジロが今話題になっています。千葉の知人WYさんから撮影した画像が送られてきました。許可を得ましたので、皆さんにもこの小さな珍しい海ガモを見ていただきたく投稿いたします。

引用して返信編集・削除(未編集)

ヒメハジロはコガモよりやや小さいカモですが、ホオジロガモと同じくらいの大きさに見えますね。

引用して返信編集・削除(未編集)

コガモと比較

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年01月13日 18:37)

飛び立ち

引用して返信編集・削除(未編集)

頭部の光沢が美しい

引用して返信編集・削除(未編集)

羽ばたき

引用して返信編集・削除(未編集)

2023お節

水中魚影真上で急降下。脛節まで水中に入る。

引用して返信編集・削除(未編集)

ホバリングで上昇する。右足一本漁法で魚類を釣り上げました。

引用して返信編集・削除(未編集)

確率1.7%を目撃できる。期待するが?

引用して返信編集・削除(未編集)

釣り上げた鳥はチュウヒでした。

引用して返信編集・削除(未編集)

この魚はサケですか? 産卵後の死体でしょうか、まだ生きていたのでしょうか。大物ですね。いずれにしろ、チュウヒが魚を捕る行動は珍しいと思います。ぜひ群馬県鳥類目録改訂第三版の「興味深い行動」(下記)へ投稿してください! よろしくお願いします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdWfODsBCVdIES6WWBcrac_5-Sz53T-Z9zblIy3lTzTpkk5hQ/viewform

引用して返信編集・削除(未編集)

群馬県鳥類目録様
下記の内容考慮して再度投稿可否判断してください。
①魚種は不明です。図書館での調査は未定です。
②水面下に存在してました。
③一回目の飛込み上昇は空でした。二回目の上昇で魚体を掴んでました。
④画像NO354で魚体は落下しました。但し魚体の動き無しで落下後、水面に沈みました。
自ら捕獲採食行動を行いました。
⑤チュウヒの啄ばみ採食する姿は見られません。
⑥投稿可ならば項③の証拠画像は八枚必要です。事務局宛にメール致します。
以上の判断を願います。
                              担当 Ⅿ

引用して返信編集・削除(未編集)

魚種不明でも、生死不明でも、水中の魚(斃死体?)を捕るチュウヒは、興味深い観察事例であると思います。記録として必要な情報を整理して保存したいので、できればNo.373のフォームからご投稿いただけると助かります。その上で、画像は事務局宛に送付していただければ幸いです。お手数をおかけしますが、宜しくお願い致します。

引用して返信編集・削除(未編集)

NO379の件を実行致します。再吟味頂きありがとうございました。

                             担当 Ⅿ

引用して返信編集・削除(未編集)

管理人様
NO373のフォームから送信をクリックすると横断歩道の画面出て送信できません。
原因が不明です。
鳥だより投稿時と同一現象です。

引用して返信編集・削除(未編集)

記録の投稿フォームの設定で、そうなっていたようです。セキュリティー上の理由から、スパムメールやロボット対策として人間であることの確認用に、そのような画像がでて、正しくチェックしないとはじかれるという仕組みになっていたようです。フォームの設定を変更したので、たぶん大丈夫ではないかと思うのですが、再度試してみていただけませんか。お手数をおかけしますが、宜しくお願い致します。

引用して返信編集・削除(未編集)

群馬県鳥類目録様
作成送信致しました。
文字化け等の不具合有/無を後日、掲示板に回答願います。
        
                    担当 Ⅿ

引用して返信編集・削除(未編集)

M様
 貴重な記録をありがとうございました! 無事に受け取れました。取り急ぎお礼まで

引用して返信編集・削除(未編集)

「成人の日」の多々良沼

  9日、久し振りに多々良沼に行ってみたら、コウノトリが飛来中。

  それも5羽。皆さん、口々に「5羽も来るなんて珍しいね」とおっしゃっていました。

  昨年の春に栃木県小山市で生まれたコウノトリ若も居るらしい。

  脚リングで名前が判るようですが、まだ調べてはいません。
  
  今年の世界の運勢は「幸の取り」となるように願っています。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年01月10日 15:07)

多々良沼の水を抜くとコウノトリが餌を求めて渡良瀬から飛来するらしいです。

引用して返信編集・削除(未編集)

どんどん、繁殖が成功して各地でコウノトリが見られるようになって欲しいですね。

引用して返信編集・削除(未編集)

オシドリさん三羽!

写真の投稿を先程忘れてしまいこちらがオシドリさんオス三羽です

引用して返信編集・削除(未編集)
合計670件 (投稿209, 返信461)

ロケットBBS

Page Top