MENU
212,803

ヤフオクの沼、再び!

癖というものは、一度体験すると習慣っとなってしまいます、
ヤフオクで人気のない出品は、長期間買い手が着かず、「コレ、ダメだろうな」と思うものは結構多いです、
まあ、真夏の火鉢、(誰も手を出さない)状態であります。
そんな中、私の時計の好きなタイプは、アラビア数字表記であります、
世間では人気は無いが、私は好み、ベルトなんかヨレヨレで長く出品されておりました、
インデックス板がこちらを見て「ねえ~、買ってえ~」っと、吉原の売れない女●の様に・・・・・
価格は千円につられ思わず、ポチ、で、落札おめでとう、であります。
ヤフオクの沼、再び足を掴まれました。

引用して返信編集・削除(未編集)

めでたく商品が到着いたしました、
外形36.5mm の比較的小型であります、精度は流石電波ソーラー、スマホと同期しております、
用途は画像の如く置き時計です、これで時刻合わせは楽になります、(これでいいのか?)
いっその事、常用時計も電波ソーラーにしたら? と言う意見もある筈です、
いいんです、バネや歯車が常時働き続ける機械式が好みですから、
時刻が正確な新幹線より蒸気機関車が好き、っと一脈通じる所があります。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月07日 14:15)

お出かけ(病院通い位か?)の際は、機械式であります、
病院通いは長期になると馴染みの看護婦さんも居る事ですし!
右のSEIKOプレサージュは8年前に買ったものです、
色々針がありますが、曜日と日時はほったらかしです、
重宝しているのが左のパワーリザーブ、動力バネ力の表示であります、
秒針の動きの繊細さは、機械式独自であります。

引用して返信編集・削除(未編集)

清明・・里山の春

今日は二十四節気の清明、里山も春満開です。
https://weathernews.jp/s/topics/202304/040105/

東京都は、亜熱帯の小笠原から二千メートルを超える雲取山まで、
同じ都内にあっても日本一気候変化の多彩な都道府県ではないかと思います。
なので市街地の桜は散り始めてますが、多摩西部の山里は今が春本番になっています。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月06日 00:24)

ここは、あきる野市五日市の奥にある「乙津花の里」で、
https://imatama.jp/spot/index/otsuhananosato
大きな枝垂れ桜が山里に春を告げています。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月06日 00:00)

さらに奥へと進むと檜原村にも大きな枝垂れ桜があって、
バス停を包み込むように咲いていました。
https://hinoharavillage.net/post/82980893569/

まだ五分咲き位で満開にはなってませんでしたが、ここは三頭山への途中にあり、
ツーリングのバイカー達も立ち寄って、思い思いに写真を撮っていました。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月06日 01:01)

私もさらに山道を登って三頭山の駐車場で昼食休憩をして、奥多摩湖へと下りてきました。
青い空をバックに見る桜も良いですが、青い空を映した湖面をバックに見る桜も綺麗でした。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月06日 01:02)

その奥多摩湖畔ではソメイヨシノが丁度満開だったので、湖畔の道はまさに桜ロードでした。
東京市街地の桜と、さらに奥多摩の桜と、今年は二度も満開の桜を満喫出来ました。

引用して返信編集・削除(未編集)

菊地さま、
武蔵五日市からバス15分でこんな素敵な場所があるとは、、、五日市周辺にいったといえば、学生時代に五日市線の旧型国電の追っかけ、そしてセメント工場のうけわたしの大久野貨物駅がある時代に旧型国電控えのマヤ検査(軌道試験)で撮影にいったくらいです。でものどかでした。

引用して返信編集・削除(未編集)

この龍珠院の里は秋川の渓谷を挟んで街道の向かい側になるので、あまり知られてなかったのですが、
SNSに紹介されて有名になり、今では花の季節に多くの人が訪れるようになりました。

写真では静かな山里に見えますが、人通りの途切れる瞬間を待って撮っています。
実のところ、付近の道路や駐車場は車が溢れていたので、バスで来るのが正解だったと思います。
ただ私は二週続けてですし、さらに奥まで巡る予定だったので車で行ってしまいました。

一方、大久野貨物駅に行った事があるのは貴重な体験ですね。
少し前までホームと屋根が残っていたのですが、今はもう取り壊されて更地になってしまいました。
http://www.asahi-net.or.jp/~CN3H-KKC/tokyo/kyuiwaibrg.htm

なお下の写真は10日ほど前の龍珠院で、枝垂れ桜が開花前だったので人も少なく静かな境内でした。

引用して返信編集・削除(未編集)

武蔵岩井まで営業しているころは、五日市の拝島側がスイッチバックになっていて単行のクモハ40やら12が1日6往復くらいしていたようです。営業が終了しても大久野駅は貨物駅としてセメント会社に鉄道輸送が終了するまで平日1往復くらい国鉄の貨物が動いていて、引き渡しのためだけに存在していました。そこまでは国鉄の所有ですから、かならず線路や架線の試験の事業用電車も試験ではいってきます。ロケーションがよく旧型国電クモハ73原型控えをわざわざこの駅で撮影するのもおつだと思い撮影にいきました。スマホのどこのフォルダに入れてあるか?でFBでUpしました。友達しか見れないです。ARITOさん経由から申請すればみれるかと。

引用して返信編集・削除(未編集)

私はホームページ以外のSNSはやってないので、出来ましたら当掲示板に貼って頂けると有り難いです。
もっとも面倒なようでしたら結構です。ひでほさんもお忙しいでしょうから。

ちなみに、このような古い施設の写真は貴重なんですよね。
私の場合も「あんたのページを見て訪れたら更地になってた。」なんてレポートを頂く事があり、
https://4travel.jp/travelogue/11760426

記録や写真に残す事の重要さを感じるようになりました。

引用して返信編集・削除(未編集)

保存のフォルダが???なのでスクリーンショットでお許しください。大久野にて。貴重な旧型国電の写真、小生以外撮影してない貴重な回送、シーンうざいほどあります。

引用して返信編集・削除(未編集)

フイルムスキャナーほしいです。こんなところに貼り付け恐縮ですが弊作PX25S、測定器上で完成し友人の家で初おとだし。身震いするくらいいい音でした。PX25に挑戦してよかったです。

引用して返信編集・削除(未編集)

ひでほさん、お手数をお掛けしました。これは貴重な写真ですね。
なので、この写真を拙の大久野の古い橋のページに載せたいと思うのですが、
ご許可頂けないでしょうか? もちろん「ひでほさん提供」とのクレジットを提示します。

一方、PX25シングルアンプの完成、おめでとうごさいます。
丁寧に作っているのは写真からも判りますし、音も良いとの事で、
いつか機会があったら聴いてみたいものです。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月15日 11:22)

どうぞ宜しくです。マヤ検査(高速軌道検査)で入線した車両の控えはクモハ73原型(3段窓 品川電車区所属)で国鉄時代首都圏で最期まで残った車両です。夜2両で松戸電車区に回送され、廃車予定の救援車両クエ28をはさみ大船工場に回送、解体されました。歴史、社会的にも保存が妥当な車両がバンバン解体されくやしいです。そのときも松戸から大船南部信号所まで何度も追い越しおっかけました。無念、失礼しました

引用して返信編集・削除(未編集)

ご許可頂き、ありがとうございます。さっそく拙ページに掲載させて頂きました。
なお、見やすくなるように少しだけ加工していますが、ご容赦ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~CN3H-KKC/tokyo/kyuiwaibrg.htm

引用して返信編集・削除(未編集)

写真の説明です。
右側に駅本屋があり、そこにホームがみえますが、くずれて芝生でおおわれています。
この駅から先の奥のところが武蔵岩井とセメント工場の分岐点で左によって勾配をあがるとセメント工場があります。
平日1往復くらいしかなく、最大で3往復あったらしいです。
国鉄時代は首都圏は南局、北局、西局とわかれていて、ここは西局の管轄です。
こんなせいぜい1~3往復の貨物駅でも駅員さんがいて、小生が構内撮影をご許可していただいた駅長さんは、八王子から車で通勤云々でした。たいていの西局の中央線の駅員はやったとか。
マヤ検査を待つ間いろいろお話が伺えました。
撮影した側は武蔵五日市駅から数百メートル手前拝島側にスイッチバックの分岐があり、武蔵岩井ー武蔵五日市間を営業していたころは、いったんわたりをわたり、折り返して大久野方面にむかっていました。せいぜい2両分しかないので、営業終了後は役目はありませんでした。
マヤ検査というのは軌道試験で首都圏ではこの73控えの組み合わせ、例外として常磐緩行など信号あるいは地下などで入れない区間(たとえば千代田ー常磐緩行は103系1K番代が両側控え)とかどんなローカル線であろうとDLがけん引で検査がありました。
小生は専門分野である旧型国電の回送、入場などトピックは常に情報を得ていましたから、大久野で撮影することは意義あることと感じて撮影し、いまだれも評価しないこの写真を菊池様が評価してくれたことをうれしくおもっています。
いまだとネット、スマホ、鉄道雑誌などで情報が氾濫していますが、このときだって撮影してるのも小生ひとり、、、見るひとが見ればうなるすごいネガ、スライドがいっぱいあります。
もう鉄道は移動手段となって久しいですが、学生時代はアンプよりもこの旧型国電の追っかけで休みともなれば、1日かけうどん2杯の生活で3週間4週間は自宅に帰らない生活をしていました。五日市線の検査の日は、小生の記憶が正しければ武蔵増子という駅で折り返して五日市1往復と大久野1往復をした記憶です。苦い思い出もあります。御殿場線の日、谷峨の鉄橋でゼンマイ式うで時計がとまっていて、三脚設定、川遊びしてたらいっちゃった事件のときは蒼白でした。国鉄時代は全国展開ですから、首都圏の旧型国電が地方で活躍している姿もおがめられたし、大阪だと阪和線の電車が、さらに古い福塩線の電車を淘汰し置き換わったり、たいてい広島、岡山は首都圏のお古でしたが、完全別会社となった今はそういうのもありません。本件で書き込むと終わらなくなるので、このへんで失礼します。

引用して返信編集・削除(未編集)

ひでほさんも若かりし頃はずいぶんとアクティブに活動なさっていたのですね。
私も若い時は北アルプスの槍や穂高に登ったりしてたのですが、今では夢のようです。

写真については、失われてしまった過去の風景と現在の風景とを並べてみたりすると、
さらに興味深くなると思いますね。本当は老人センターの写真も欲しかったですが、
まさか過去の写真を掲載できるとは思わなかったので、あの辺りは何度も行ったのに素通りでした。

鉄道関連の写真としては、私の場合は都内の古い駅舎に興味があります。
http://www.asahi-net.or.jp/~CN3H-KKC/tokyo/harajuku.htm
中でも特に絵になると思うのは桜の花の季節で、旅立ちを象徴する駅と、卒業や就職など
旅立ちの季節を代表する桜とのコラボは、泣けるほど絵になるんですよね。

と言う事で、ひでほさんの書き込みにも出てきた武蔵増戸駅の桜の絵です。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月18日 14:11)

菊地さま
駅のUPありがとうございます。そういえば、昔国立に住んでいたとき、国立の駅舎は撮影したなあと思いだしました。広島、世田谷、国立、茨城県南と引っ越しましたが国立がいちばんよかったです。心臓はもともと奇形でOPは必至でしたが、24才までは健康体、同じ年のペーパー、信号無視、地理不良のやつに跳ねられ、それで骨折、OP、ばい菌が入り発見NG、病院かえたら、足がくさつていて、OPの連続、輸血は受けまくりnonAoBーC型肝炎ー非代償肝硬変となり、肝臓がんに怯える生活であります。加害者は恐れ、最初の2ヶ月後、にげました。民事裁判でこてんぱにしても裁判こないし被害は損保会社だけ。マイホームに子供2人と生活の順風満帆生活。こういう理不尽さが人生です。弱ると逃げる偽善者たち。いろいろ落ちるとどうなるかも学びました。ここはいいですね。利害関係もないし、、、失礼しました。

引用して返信編集・削除(未編集)

タブレット

初めてタブレットを買ってみました。
新しいOSを覚えるのが面倒なのとofficeを使いたかったのでWindowsタブレットにしたのですが、
指での画面操作は上手く反応しないし、画面は指紋で汚れるし、何か使い難いです。

引用して返信編集・削除(未編集)

私も、タブレット、スマホ、は最終的には満足が出来ません、
やはり画像の量からして情報量が貧弱と思います。
で、ノートパソコン(レッツノートの中古)が使いやすい、かつ世間に大量に放出、
壊れても修理しない、その時点で中古を買う、二周遅れのモデルで十分です。

引用して返信編集・削除(未編集)

付属のキーボードを繋げれば普通のノートパソコンにはなるんですが、
タブレットとしての良さって何なんでしょうね?
試していないのですがSIMカードを入れればスマホにもなるみたいです。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月03日 17:33)

白鳥

北へ帰る白鳥が、雪の残る空知川で羽を休めています。
春はすぐそこまで来ています。

引用して返信編集・削除(未編集)

当方南国では、朝夕は暖房、真昼は時々冷房です。

引用して返信編集・削除(未編集)

ささやかな希望がようやく実現しました。

引用して返信編集・削除(未編集)

関東も寒くて、我が家も朝は暖房してます。

>ささやかな希望がようやく実現しました。
言問い団子?

引用して返信編集・削除(未編集)

庭の桜が散り始めて、シャクナゲが咲きました。

引用して返信編集・削除(未編集)

>北へ帰る白鳥が・・・

まさに北の旅人ですね。



一方、シャクナゲの花は綺麗ですね、まだギリ3月なのに咲くのが本当に早いです。

引用して返信編集・削除(未編集)

YABAI

以前米国製ときいて落札したTO-3のLM338。
PX25のHの定電流に使うため、目下製作中です。
ふと気になって、ネットを検索したら、中華で同じ印刷のを発見。
恐怖を感じています。穴開けちゃっているし、、
これって米国製?中華製?
ご存じのかたいらしたら、レスお願いします。
写真:LM338
   

引用して返信編集・削除(未編集)

現在の配線進捗

引用して返信編集・削除(未編集)

ナショセミのマークが付いているので米国製では?
https://www.alldatasheet.jp/view.jsp?Searchword=LM338

工場は中国かも知れないけど、
同社の品質管理で出荷されているだろうから問題ないのでは。

引用して返信編集・削除(未編集)

中国産、鰻だったらイヤですがコレは大丈夫でしょう。

引用して返信編集・削除(未編集)

よくよく考えた見たら、中国製のメタルCan半導体
って、見た事ないような・・・
中国で製造するようになったのはモールド樹脂製になってから??

引用して返信編集・削除(未編集)

菊池様、ポール牧様
半導体回路の師匠(メーカーOB)にメールしたところ、いかさま品でした。
PX25まだテストしなくてよかったです。
正規品12Kくらいするらしいですが、Digi-Keyにあるとかないとか?
PX25壊すよりいいかなと思い、入手するまで球挿しは控えようと思います。
写真:やっとH通電できるまでこぎつけたけど、、、中国製は恐怖です。
OPアンプバカパラアンプのOPアンプは中国製でがんがんならしたけどSP、5K円でお気楽でしたが、、、
PX25はだめ。
レスありがとうございました。
写真:本日の配線進捗

引用して返信編集・削除(未編集)

半導体師匠云々、MILが偽物の証だそうです。
半導体のMIL規格のものが手に入るわけがなく、中国のサイトの写真にもMILが入っていました。

引用して返信編集・削除(未編集)

えっ、と言う事は・・・
中身もレギュレーターではなく、普通のバイポーラだったりして?

引用して返信編集・削除(未編集)

中国は何でもありだから、ロレックスも二千円だし、Ali-Ex何て奇妙な真空管あります。

引用して返信編集・削除(未編集)

恐ろしいのでPX25のかわりにいろいろな抵抗で長時間通電テスト、とか、やってみます。0.3~2Ωくらいで定電流、規制の抵抗は定電流で0.6ΩでADJしてます。さてさて、必ずへんな結果だったら、金に糸目つけず米国LM338K探しだすまでです。情報見つけたら教えてください。

引用して返信編集・削除(未編集)

やはり、米国製LM338Kでないとダメなのでしょうか?

引用して返信編集・削除(未編集)

テキサスインスツルメンツのページから@80US$位で注文できそうです。
https://www.ti.com/product/ja-jp/LM338-MIL/part-details/LM338K%20STEEL/NOPB
テキサスの本物もMIL表記があるみたいです。
ただし米国輸出規制対象品なので購入には何らかの申請が必要かもしれません。

引用して返信編集・削除(未編集)

スレッドの皆様、指導ありがとうございます。
ADJ抵抗0.6Ω、負荷抵抗そこらにあった2.2Ωセメント20Wで疑似的にチェックしてみたら、やはり粗悪品、、、電圧切れました。保護回路が働いた?と思いきや、一向に電圧OFFONしてもNG。飛んだようです。
そんなわけで、Digi-Keyで1こ12KとNOPCB14Kちょっともするのが二十数個在庫ありとなっていたので、5本も注文してしまいました。
オクで米国製と云々のやつは、まだキットで出品していました。
いい勉強になりました。
関税はDigi-Keyで負担してくれるようです。
在庫数十となっていて注文できたのに、ありがとうございますメールには出品可能数は0になっていて???です。
ざっと予備いれて8万半導体代金。TO220で製作すればよかったのに、米国製云々でTO-3穴あけちまい、このアンプすげえ金かけています。
そしてルンダールOUT10万、橋本PT、CHで5万、タムラTN351オクで3万、真空管ドーム2、ナス4で30万近く、シャーシ1万ちょい。
LM317のTO-3の米国製は秋葉で350円でなぜか売ってるところあるのに、1個14Kとは。
けっこう、ローカルな半導体やさん、に在庫あったりして。5V5AのTO-3米国製は某所で3Kで購入。在庫あったりします。
お騒がせしました

引用して返信編集・削除(未編集)

流石、金に糸目をつけない、ひでほさま、あっぱれであります、
この世に生がある内に思う存分、心おきなく、はなさかじいさんの如く、未練を残さない様に、
散財祭り、「バンザァ~~イ」

引用して返信編集・削除(未編集)

ポール牧さま、あなあけしてなければ、TO220ので逃げますが、体裁重んじて、こうてしまいました。DigiーKeyお墨付きのなので、偽物ということはないはずです。しかし意外とローカルな半導体やさん、たとえば、◯しの🌳総業あたりで倉庫探してもらい出て来て数K円で手に入ったりして。過去記事の先輩の散財に比べれば、かわいいものです。必ずなにするにもトラブルなことにひきこまれるのです。生きてるのもありえないというのも、おっしゃるとおり、なんとかいきているので、後悔はいやです。

引用して返信編集・削除(未編集)

>未練を残さない様に、散財祭り、「バンザァ~~イ」

もう注文してしまったようなので、「後の祭り」ですが・・・
図の(2)のようにすれば千円程度で代用出来たかも。

TO-3の石も、若松で手頃なのが手に入るようです。
ここの石は割高だけど、今まで不良品に当たった事はないので私はよく利用しています。
https://wakamatsu.co.jp/biz/products/detail.php?product_id=10130067

偽物トラブルなんかでイライラすると免疫を下げますし、次作以降の参考になれば。

引用して返信編集・削除(未編集)

わたくしは、モールド(Mos-FET)を採用しましょう。なにせ在庫は豊富です。

引用して返信編集・削除(未編集)

菊池さま
指導ありがとうございます。
LM338K 318Kなかったら、TO-3の5Aをなんとか活用するしかないかと、こいつは専科で3Kで以前購入しておりました。定電流で4Vいくようにせねば、、、たいへんそう。
ポール牧様
この組み合わせはダイデン商事や若松でよく売っていて買いました。
あのころは、小生、あんよをひきずりながら、岩本町交差点の販売店のビルに職場を追い出され、昼休みは社のちゃりで秋葉をふらふら毎日しておりました。最高でした!あれから30年あいかわらずアホで進捗ございません。アンプまた進捗添付いたしました。

引用して返信編集・削除(未編集)

まがいもののLM338K取り替え無事H点灯式、入力にいれた1段パイF抵抗交換とADJ抵抗調整せんと、、落ち着くと4.5Vでてしまった。整流球、HFの効率悪いU15、380Vタップから500Vタップにあげ無難な電圧に、、5R4のつもりで製作していた。いかん遺憾。あとトランスドライブだし補正CR、あと初段定数見直しでテスター上の直流動作確認は皆様のおかげで終了です。H抵抗だけは用意せんと。

引用して返信編集・削除(未編集)

LM338Kのまがいもの(MIL)と正規品

引用して返信編集・削除(未編集)

はらわた

引用して返信編集・削除(未編集)

退磁器?購入

退磁器をamazonより購入、物凄く安い、見るからに中国製、
磁気を帯びた物体の磁気を消滅させます、
時計が磁気を帯びると精度が落ちるんです、さて結果や如何に?

引用して返信編集・削除(未編集)

バブルの頃はサンパチニトラとかのテープデッキを数台持っていたので、
ヘッドのメンテ用に消磁器も持っていましたよ。
デッキを捨ててないので、消磁器も何処かにある筈です。

使い方は昔のように「静かに近づけて静かに離す」でしょうか?

引用して返信編集・削除(未編集)

>使い方は昔のように「静かに近づけて静かに離す」でしょうか?

はい、その通りです、時計を置いて通電ボタンを押す、そして静かに離す、です。
効果は大きい様です、YOU TUBEでも例が多く、買ってしまいました。

引用して返信編集・削除(未編集)

時計なんて趣味でなかったのですが、偶然にも自分の時計(機械式)を調べてゆくうちに深みにはハマりました、
機械式時計は磁化されると精度が落ちます、それは駆動用バネが磁化され、出力にムラが出来るからです、
バネは蒸気機関車のボイラーに蒸気を貯めたタンクの様なものです、
定量を正確に出力されると精度も正確になります、
時刻はスマホで合わせております、(これで良いのだろうか?)

引用して返信編集・削除(未編集)

真空管アンプを自作する者なら、ヒータートランスと空洞コイルで作れますね。
http://park15.wakwak.com/~ja1cvf/diy/anti-mag/anti-mag.html

さらに、やった事はないですが腕時計位なら、電源トランスの磁力線の出る方向のコアに
静かに近づけて静かに離せば、それでも効果があるのでは? と思いますが・・・

引用して返信編集・削除(未編集)

ご指摘の通り、腕時計の磁化は微々たるものです、それでも精度には大きく影響いたします、
応用編として電源トランスの漏洩磁力でも効果は期待出来ると思います、
また、小型ヒータートランスの応用も可能ですが、
amazonの退磁器は、送料共で千円と破格の安さ、これは買いでしょう。

結果は八年前買った時計は驚異的精度に精度アップ、
今回のヤフオク(新製造)はまあ並程度、
amazonの退磁器は価値アリです。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月26日 13:23)

桜開花情報

先週は東京で桜(ソメイヨシノ)の開花発表がありましたが、
同じ桜でも緋寒桜は既に満開になっていました。
数日前にNo.686と同じアングルで撮ったもので、後ろの白梅は散っています。

引用して返信編集・削除(未編集)

そしてソメイヨシノは、家の近辺でも三分咲き位になっています。
今日からは暖かい日が続くようなので、一気に満開になるのではと思います。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月19日 14:41)

足元で咲いていた花も綺麗だったので、ついでに撮って見ました。
ヒュウガミズキの花は小さいので目立ちませんが、
アップで撮ると可憐で写真写りの良い花ですね。

引用して返信編集・削除(未編集)

わたしの春はいずこに?

引用して返信編集・削除(未編集)

一歩、足を踏み出せば・・・ほらっ、そこに。

引用して返信編集・削除(未編集)

昨日の近所のソメイヨシノの開花状況は、概ねこんな感じで三分咲きでした。
しかし、以前のNo.713の桜だけは満開に近いので、品種が違うのかも、と思って、
ぐるっと観察したら名札が掛かっていて、コマツオトメという品種の桜でした。

家に帰って写真を見比べても、ソメイヨシノとは花の色が違ってピンク掛かっていますね。
という事で、No.713の桜は「コマツオトメ」でした。

引用して返信編集・削除(未編集)

菊池様、ありがとうございます。
どこを接地するかで電圧はきまりますね。
そう、電圧が電位差であることがわかれば、いつでも春はあるのだということでした。

引用して返信編集・削除(未編集)

北海道はまだ根雪が残り、北へ帰る白鳥が翼を休めています。
雪が消えた所から、漸くフキノトウが顔を出しました。
春が来るのが待ち遠しいです。

引用して返信編集・削除(未編集)

豪華な宴

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月22日 22:18)

>雪が消えた所から、漸くフキノトウが顔を出しました。

隣のスレで書きましたが、フキノトウは健康に良いそうです。
私はフキ味噌にしましたが、天ぷらにすると苦みが少なく絶品なんですよね。


>豪華な宴

侍ジャパンの準決勝でメキシコに辛勝した時に、私も思わず祝杯を挙げてしまいました。
お彼岸の日だったので墓参りに行く予定だったのですが、運転出来ないのでそのまま宴になりました。

そして昨日の決勝の時は、アメリカに勝って世界一になったのですが、
宴はぐっと我慢して、あんパンをかじりながら車を運転して墓参りに行きましたが、
途中で皇居のお堀端を通ったところ桜が満開で、多くの人出で賑わっていました。

今日の東京は生憎の雨模様ですが、桜が満開になったら、
私もコンビニ弁当と缶ビールを持って近所の公園に繰り出す所存でーす。

引用して返信編集・削除(未編集)

昨日は雨が止んだので、近所の公園へ花見に出たら丁度満開になっていました。
宴に良さそうな場所を見つけてコンビニへと引き換えしたのですが、
その途中で雨が降り出してきて、せっかくの宴は家に帰ってからになりました。

まあ、熱戦の高校野球をテレビ観戦しながらのビールもまた良いものです。

引用して返信編集・削除(未編集)

倉沢尾根再挑戦

去年、途中で断念した倉沢尾根の大檜でしたが、今度は到達してきました。
時間を多めにとって休み休み登ったのが良かったようです。

一度挫折してるだけに目の前に大檜が現れた時には感激でしたね。
ただ狭い尾根の上なので撮影スポットが限られ、
奥多摩町のHP掲載の写真と同じような構図になってしまいました。
https://www.ohtama.or.jp/sightseeing/336.html

引用して返信編集・削除(未編集)

以前にポール牧さんが、
>倉沢のヒノキは自然の中に人工物(案内板)を入れる事でより引き立つ・・・

と書かれていて、紹介ページに載せる写真ならアリとは思うのですが、
せっかくの「自然の風景を損ねる」と考える人も居るようで、案内板の位置が変えられていました。
こちら側は後ろが石垣の崖なので後ろに下がれず、案内板と一緒に全体を撮るのは困難でした。
標準ズームの限界で、専用の広角レンズがあれば良かったですね。

引用して返信編集・削除(未編集)

気を取り直して、次の巨木へと向かいました。入り口にはこんな案内板も立っているし、
さらに六地蔵も迎えてくれて、巨木への期待が高まりますね。

引用して返信編集・削除(未編集)

この巨木はイヌグスと言うそうで、主幹はなく高さもないのですが、
岩のようにゴツゴツとして、この木が過ごしてきた長い時の経過を感じさせます。

引用して返信編集・削除(未編集)

この巨木の手前にちょっとした野原があって、
フキノトウが顔を出していたので、ついでに野草摘みをして来ました。
時期的に花が開いているのもあるのですが、これで蕗味噌を作ろうと思います。
https://www.sirogohan.com/recipe/hukinotou/

引用して返信編集・削除(未編集)

お疲れ様でした。
ふき味噌は白味噌を使うと砂糖の量が少なくて済みます。
拙宅ではピーナツを潰して入れています。
バタピーを10粒くらい使い、他は普通にツマミとすれば簡単です。
↓下の方にレシピを載せています。
https://onnyo01.hatenablog.com/entry//201902/article_2.html

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月12日 17:25)

花が開いていてエグ味が強いので、茹でてアク抜きをするのが正解でしたね。

早く処理しなければと、おんにょさんのレスの付く前に既に油で炒めてしまいました。
そのまま味噌と和えたのですが、御飯に載せるには少しクセが強いです。
しかし豆腐田楽にしたところ、酒の肴にピッタリになりました。

さらに明日にでもピーナッツと和えて見ようと思います。

引用して返信編集・削除(未編集)

流石にプロ
菊地さんの画像も、気合を入れた写真と思われます、
しかしHPの出来栄えは流石にプロ、見事です。
https://www.ohtama.or.jp/sightseeing/336.html

引用して返信編集・削除(未編集)

ページの出来栄えは確かにプロのお仕事らしく良く出来ていますが、
その写真にはプロとは思えない手抜きが感じられますね。
前にも書きましたが、この木の全身を撮る為には広角レンズが必要で、
仕事で撮っているのに標準ズームしか用意してなかったようです。

と言うのも、この木は数メートルの所で主幹が無くなり
フォークのように枝分かれして上へと伸びています。
尾根筋で成長している木の宿命で、雷に打たれて主幹を失ったのだと思いますが、
そんな生育場所からくる特性を見せる為にも、特に全身写真が求められる木のように思います。
なお、今は避雷針がとりつけられていて、よく見ると右側に電線が垂れています。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月16日 11:24)

上記のフキノトウですが、ガンの予防治療に高い効果があるそうです。
これが本当なら朗報ですが、早春の頃しか食べられないのが欠点ですね。



ただフキの佃煮なら一年中食べられるけど、花でないとダメなんでしょうか?
一方、ゴーヤーチャンプルーも好物で、スーパーで見かけるとよく買っています。
どれも苦い野菜ばかりで、やはり「良薬口に苦し」なんでしょうかね。

引用して返信編集・削除(未編集)

またアンプが1台増えました

色付けのない音を至高とするより、音楽に聴き入ってしまう音のほうが良いです。
https://onnyo01.hatenablog.com/entry/2023/03/03/170000

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月05日 21:22)

おんにょさま
あいかわらずシンメトリーでかっこいいアンプですね。
89なかなかしびれますね。
一瞬トップPとおもいきや、トップはG1ですね。
なぜか、おんにょさまがどこかでトップPはやらないとおっしゃっておられたのを覚えていたりして、、、小生の裸のフィンつきアンプは失格ですね。
小生もやってみたいですが、ノルマありすぎで手がでません。
いまPX25やっています。
次はハイブリッド6463PPか4B20Sです。
失礼します。

引用して返信編集・削除(未編集)

トップグリッドなのでこんな大袈裟なキャップでなくても良いのですが、
どこかにピンチみたいなバネで固定するやつを売っていませんか?
当初は黒で塗装してしまおうと考えたのですがそのままです。
…と思ったんですがDC80Vかかっているのでダメでした。

近くの公園のハクモクレンが咲きました。青空がバックだと映えます。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月07日 21:47)

おんにょさま
バンテックで数種類販売しておりました。後半拝見したら、ありゃ。80VだとNGですね。

引用して返信編集・削除(未編集)

相変わらずハイピッチで美しい新作を仕上げてますね。
その上、音的にも好ましいようで、作業の遅い私は恐れ入るばかりです。

で、6ZP1比較では音的には如何でしたか?
私も前に述べた「トラターボアンプ」では
小出力管として6ZP1か6AR5辺りの三結を使おうかと考えているので・・・

>近くの公園のハクモクレンが咲きました。青空がバックだと映えます。

ハクモクレンは露出が難しいのですが、これはよく合っていますね。
花が白だからと背景に暗い場所を選んだりすると、
肝心の花弁がハイキーになって陰影が消えてしまったりするんです。
やはり白い花と青い空は絶好の組み合わせですね。

一方、こっちの公園では緋寒桜が咲き始めました。
背景の白梅もまだ咲いていて、空の青と白梅と緋色の桜で、
上手い具合にコントラストになっていました。

引用して返信編集・削除(未編集)

音色の好みは個人の主観ですので。
6Z-P1も89Yも好みです。ただ89Yのほうが好きです。
うまく説明できませんが、45や71Aなどとは違った志向です。

引用して返信編集・削除(未編集)

そうですか、おんにょさんの今までのアンプも音の良いアンプばかりでしたから、
きっと89Yも魅力的な音なのでしょう。
ただグリッドキャップがやたら目立つので採用には好みが別れるかも?
デザインとしてアクセントにはなっているとは思うのですが・・・

引用して返信編集・削除(未編集)

黒いグリッドキャップに変更しました。
また、真空管をカーボンスートではない89に変えてみました。

引用して返信編集・削除(未編集)

>黒いグリッドキャップに変更しました。

シャーシの色もOPTの色もグレーの落ち着いた風合いなので、
この方がデザイン的にしっくり来ているように思いますね。

一方、ハクモクレンはこっちでも咲いていましたが、青空ではなく良い絵が撮れませんでした。
それでも三月らしく桃の花が満開になっていて、薄曇りの空に向かって咲いていました。

引用して返信編集・削除(未編集)

セミナー講師やってきました

先週、今週と県主催のイベントとして、大分県産業科学技術センターで開催された”アナログ回路の基礎講座”
というセミナーの講師をやってきました。 まぁ、浅学の代表者の様な私が講師などと笑止千万なのですが、
こういった奇特な役割を引き受けて下さる方は他に居ないようで、社会貢献の一つとして引き受ける事となりまし
た。 どういった訳か盛況で、40人を超える方に来ていただき(無料です)、皆さん、熱心に聞いて頂き
ました。 これはR6年度からの大分高専での講義の前哨戦です。 何とか無事にこなせてやれやれです。
一番前で熱心に聞いて頂き、多くの質問を投げてくれたH君と仲良くなりました。 彼は、真空管にも興味
しんしんのようで、これからの交流が楽しみです。

引用して返信編集・削除(未編集)

それはそれは、お疲れ様でした。盛況だったそうで、私も受講したかったですね。
私の電気回路知識は何もかも自己流で、基礎から勉強した事なんてなかったもので・・・

それにしても早くも真空管仲間が出来そうとの事で、
そのうち、めのさんの弟子を集めて「大分真空管OFF」が開催出来るかも??

引用して返信編集・削除(未編集)

>私の電気回路知識は何もかも自己流で、基礎から勉強した事なんてなかったもので・・・
私も同じです、高卒普通科です、理数科系なんて全く考えにありませんでした、
やはり女子高生がいなきゃあ~、
大学はまっぴら御免です、基本的に勉強嫌いなんです。
ただし、好きな事、興味ある事、は一生懸命頑張ります。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月04日 00:38)

電気工作を始めたのは、1960年代初頭だったかな?
勿論電卓なんてありませんから、対数計算等は大変苦労しました、
計器はテスター一台です、
初めて買ったレコードは、クリフリチャードの「ヤング・ワン」(45回転、ドーナツ盤)です、
中学生の頃、ビートルズが出現、本格的電蓄「ステレオ」が必要となります、
当時、探せばST菅等はゴロゴロしておりました。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月05日 17:09)

めのさん、1980年代末期(バブル全盛期)私も講師した経験があるんですよ、
何でも、必要な時期に勉強するんです、学校は余分なものまで勉強しなくてはいけない、そこが嫌い、
一旦ハマるとクレージーに変身します、
最先端のその先にあるもの、そこが重要なんです、
日産、2,000万個を生産する生産設備、全般を構築します、マシン、電気、ソフト、責任者でありました、
日本でもトップクラスに類します、
ものつくりなために生れてきた様なものです。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月07日 13:27)

H3ロケットの打ち上げが失敗しましたが、噂では信号系のトラブルではないかという事でした。
二段目は実績のある既存エンジンなのでエンジン系統は問題ないはず・・・のようで、
前のブースターロケットが点火しなかったのも電気系にノイズが載っていたようですし、
近頃のデジタル屋さんはノイズ対策を軽視して回路設計をやっているように感じます。

デジタル屋さんも、始めはアナログ回路でノイズ対策を学んでからデジタルを手掛けたら良いのかも?
ド素人なもので、噂レベルの話しか出来ませんが、今回の打ち上げは成功して欲しかったです。

引用して返信編集・削除(未編集)

>H3ロケットの打ち上げが失敗しましたが、
誠に残念であります、今回は二段目着火が従来と異なるようです、
これによって、研究、開発、のペースに影響が無い事を望みます。

引用して返信編集・削除(未編集)

上空で爆破してしまったので、いまだに原因が判らないみたいですね。
二段目だけ燃料を入れずに作り直して、地上で着火試験をする・・・とかかな?
とにかく原因を特定しないと、次の計画が始まらないでしょうね。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d0366e333e6adfac3ea2ee5addbce203335ac1b6

引用して返信編集・削除(未編集)

因果関係を追求する、これは現物が爆破されて残骸が残っていない、
これは非常に困難な環境、と予想いたします、
増してロケットという一般的でない代物ですから想像以上の難解な状態です、
健闘を期待いたします。

引用して返信編集・削除(未編集)

因果関係、調査。
これはカレイナットといって、ネジ切りが不可能な薄物材にローレット刃先を有するナットです、
ところが、平均1千個に一個の割合で不良品が出ます、その不良とはローレット加工を逆に行うのです、
不良率は1/1千であります、少ない様ですがこの数字は製造設備としては落第です、
そこで、因果関係の調査、となります・・・・・ 続

不良品とは? 元来不良品を作ろう、と思っているのではありません、
想定と異なる事象によって発生する訳です、
この頃になると、高卒(普通科)の私にも部下が多少揃ってまいりました、皆大卒(理工学科)です、
こ奴らは全く役に立たない、なぜなら学校で教えられた事は出来るが、未知の事柄は全く戦力にならない、
「君等は辞書型人間やなあ~、もっと自分で考えろ!」と檄を飛ばすが馬耳東風、呆れました、
そんな訳で、高卒(普通科)の私が大活躍です、
最終的には、電気系は元より、ソフト(全般)、最後には機械構造をも、設計の風雲児となりました。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月14日 16:43)

因果関係解明 → 解決方法
工程として、
【1】パーツフィーダーでワークを整列、→【2】整列したワークをシュートに挿入、→【3】リリーシングピンにてローディグ挿入、
【4】ローディグは90度回転して、コレットチャックに挿入、
以上の何処かでワークは反転している筈?
それぞれの工程に部下を数人配置、反転の原因を見つける、じいい~っと見てるんです、
やがて一人が「反転した」と! 【3】の工程でありました、
何とあり得ない事象です、千に一つの異常とはその様なものです、
そこで「はい、みんな解決策の案を出して」、、、この類が出来ないのです、
サブルーチンではダメなんです、エジソンになって発明の発想が必要なのです、

ネジ一つとってみても以上の様な有様です、ましてロケットとなると、その部品点数は比較にならない、
増して現物は爆破して裏着けが取れないのです、
関係各位の努力は想像以上の困難が予想されます。

(カレイナットの加工機、主スピンドル、私の制作です、断面図はページ116参照)
この頃、オープンゲイン+80dB、NFB=40dB、の高速・高帰還のアイデアが芽生えておりました。
NFBと自動制御は、一脈通じるものがあります、(全てではありません、一部分です)

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年03月19日 20:46)
合計1226件 (投稿143, 返信1083)

ロケットBBS

Page Top