MENU
212,821

北海道も春たけなわ

北海道では、富山県の花チューリップ🌷が満開
最高気温も20℃を超えてTシャツですごせる様になりました

引用して返信編集・削除(未編集)

klmnji様、こんにちは。

5月3日に富山の砺波チューリップフェアに行ってまりました。今年は、暖かくて、4月の末には、満開時期が過ぎていたそうです。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月16日 15:32)

花は良いですね、そして赤い花ならバラもあちこちで咲いています。

BGMは、ずばり「五月のバラ」がお似合いです。


これはブレンダリーで「思い出のバラ」と言うタイトルで歌っています。

引用して返信編集・削除(未編集)

2A3と同じVp-Ip特性

偶然にも昨日は、2A3兄弟管の6B4Gシングルアンプを聴いて来ました。
https://onnyo01.hatenablog.com/entry/2023/04/21/220000

音も良いですし、MT管と違って見た目でも聴き手を納得させてしまう魅力がありましたね。
私も作ってみたいと思ったのですが、おんにょさんの回路はDC点火を定電圧化したりと
難易度が高そうなので、私の場合はAC点火の2A3で作ってみたいと思っています。

私の2A3は、今はPPアンプに挿してあるのですが、このアンプを6B4Gに置き換えて、
抜いた2A3でシングルアンプを作ろうかと夢見ています。

ところで、はちべいさんは「トラターボ回路」というのを見た事はないでしょうか?
この方式を使うとパラにしなくても一回り大きな定格が得られるという回路です。

引用して返信編集・削除(未編集)

出力段の6DJ8をカソードフォロアにして、トランジスタをドライブするつまり、ダーリントン接続では、ないでしょうか?
トランジスタがメインの出力になるんじゃないかな?

トランジスタは二次降伏とかあるので、MOS-FETのほうがいいような・・・?

高耐圧のトランジスタはHFeが小さいし、MOS-FETのほうがいいかも・・・?

まあ、帰還なしでは、厳しい様な気もします。帰還がかかってはじめて、トランジスタは3極管のように振舞うはずです。

帰還を考えると、MOS-FET(ゲインが大きくなる)より、トランジスタ(ゲインが小さい)のほうが安定になるかな・・・・?

あまり、良くはわかりません。しかし、どこで、見つけたのですか?なかなか上手い手ですね?

ああ、そうか、出力段の6DJ8は、抵抗とみれば、C-B帰還だから、トランジスタは、三極管としてふるまうのか。

すると、D-G帰還のMOS-FETのほうがいいと思います・・・・・。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月14日 21:12)

C-B帰還、D-G帰還は、ここにVp-Ip特性があります。C-B帰還は、直線ですが、D-G帰還は真空管ぽいです。
http://daisan-y.private.coocan.jp/html/B090222.html

リニアリティからすれば、C-B帰還が直線なのでいいように思われます。

引用して返信編集・削除(未編集)

>C-B帰還、D-G帰還は、ここにVp-Ip特性があります。

なるほど、はちべいさんは既に色々と検証なさっていたのですね。

なお、この回路はTANAKAさんの「たまリントンとトラターボ」に載っていた回路図で、
http://tezukuri-amp.org/toppage/archive/tanaka/tamarinton.htm
今は添付図が無いのですが以前は見られたので、ローカルディスクに保存していたのを
自分の手で書き直したものです。(そのままでは無断転載になるので)

三極管の音質がそのまま得られるとの触れ込みですし、私の手元には高耐圧バイポーラが結構あるので、
いつかはやって見たいと思っているのですが、その前に誰かやってないかなぁーと思ったのです。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月14日 22:36)

菊地様、おはようございます。

オワコンの真空管オーディオですが、私がたどり着いたところはこうなりました。
http://daisan-y.private.coocan.jp/html/2022-8-02-04.html

まあ、年金生活では、とても実験なんてできません。まあ、部品はほとんどありますが・・・・

最近は、体力維持です。あちこちガタが来ましたしね。そのため、畑も庭も掃除も重要です。

今やっているのは、青色のうんざりはちべえをクリックすると、見れます。真空管ぽくありませんか?

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月15日 08:25)

>真空管ぽくありませんか?

特性的には三極管特性になるとは思うのですが、お燈明が灯らないのれすぅー!
ほのかな火は、太古の昔から人の気持ちを落ち着かせてくれるのです。

しかし真空管も、今後は思い通りの特性の球が入手出来るとは限らないので、と言うか入手困難になるので、
「半導体の助けを借りて、手元にある球を思い通りの定格特性に変える」
なんて事が出来れば良いなぁー、と夢見ているのです。

はちべいさんなら半導体に詳しいので可能ではないかと・・・

>CMOSアンプの観察・・・

リンクのページを読ませて頂きましたが裸特性の高域が早々に落ちているのは、
ドライブ段のドレイン抵抗が大きすぎるからと思います。出力段の石の入力容量が
570PFもあるようなので、前段のドレイン抵抗は2kΩ以下が良いように思います。
https://www.vishay.com/docs/91278/sihfr902.pdf

一方、私も体力維持のために近所を散歩をするようにしています。
また庭の草むしりもしたいのですが、今日の東京は朝から雨なので部屋でのんびりです。

引用して返信編集・削除(未編集)

MOS-FETは、秋月電子通商の通販で買っています。
IRFU120NPBF 税込み50円
hーTTーps://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06050/  
IRFU9024NPBF 税込み70円
hーTTーps://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06026/
です。やすいでしょう?
銅板もホームセンターで150mmx150mmx0.5mmを買っています。
あとは、電源ですが、同じく秋月電子通商で、
65W級スイッチングACアダプター24V2.7A 税込み2450円
hーTT−ps://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00409/

トータルしても真空管オーディオの出力トランス1個より安いのです。

さて、オープンゲインが、10KHzから、落ちているのは、わざとそうしているのです。
高帰還では、高域の位相が問題になるので、-6dB/octで落ちると高域が−90°〜−120°で、位相が落ち着けばいいのです。-6db/octは、-20dB/decなので、10KHzから100KHzまで、帰還後フラットになります。100KHzあれば、だいたいOKでは・・・・・?

これも、
hーTTーp://daisan-y.private.coocan.jp/homepage/html/2020041901.html
そういう設計です。第2章第4節は、NFBが57dB位ありますので、帰還前20数KHZですが、帰還後6MHzくらいまで伸びています。また、低歪でしょう?なお、帰還をかけるときは、C3をGNDでなく、R1とR5のつなぎ目に変えます。

また、高帰還は、いわゆる三極管のVp-Ip特性ですから・・・・

なお、hーTTーは、httに置き換えてください。

まあ、自慢話みたいなことになっていますが、我慢してお付き合いください。また、お許しください。
でも、半導体もDCアンプにこだわらなければ、全然難しくないのですよ。

引用して返信編集・削除(未編集)

負帰還も多く掛けようすると位相の問題とか色々と面倒になりますよね。
https://ishinolab.net/modules/doc_serial/audio_history_japan/serial001_010.html
私の場合、この辺りの話はさっぱり判らないので、
まず裸特性を上げておいてNFは軽く掛ける、という安易な方法を取る事が多いです。
半導体アンプの場合は、はちべいさんの方法が正論だし正攻法なのでしょうが・・・

>トータルしても真空管オーディオの出力トランス1個より安いのです。

真空管アンプは小物部品も値上がりして凄い事になっています。
こっちのオフ会でも話題になったのですが、何でもないラグ板が値上がりしてるので、
それなら「ハト目ラグ」で自作しようとしたら、そのハト目まで入手困難と言う有様だそうです。
パワーFETが50円で、立てラグが100円という、昔なら考えられない値付けですよね。

引用して返信編集・削除(未編集)

菊地様、こんばんは。

>真空管アンプは小物部品も値上がりして凄い事になっています。
>こっちのオフ会でも話題になったのですが、何でもないラグ板が値上がりしてるので、
>それなら「ハト目ラグ」で自作しようとしたら、そのハト目まで入手困難と言う有様だそうです。

いっそのこと、Arito様の基板組み立てが、一番なのでしょうね。

引用して返信編集・削除(未編集)

蛇の目基板も高くなって、決して安いとは思わないですけどね。
基板の良いところは、設計段階でデバッグができることじゃないでしょうか?
チェックを第三者にも頼めますしね。あとは設計通り作ればOKとなります。

引用して返信編集・削除(未編集)

先日のオフ会で、丁度ARITOさんが披露された6GN8負荷中点接地アンプの内部は
全てのCRがユニバーサル基板一枚に実装されていて、とてもスマートに纏まっていました。
https://onnyo01.hatenablog.com/entry/2023/05/14/150000

上記リンクページの6枚目の写真ですが、これからは主流になるかも知れませんね。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月16日 09:57)

Arito様、菊地様、こんにちは。

みなさん、工作がきれいですね。私なんか、実験機なので、空中配線なんかもあって、とても見せられません。

Arito様のは、見た目がスッキリしていて、さすがにいいですね。

引用して返信編集・削除(未編集)

>みなさん、工作がきれいですね。私なんか、実験機なので、空中配線なんかもあって、とても見せられません。

大丈夫、はちべえさんは賢いから、本質がしっかりしています、ボロは着てても心は錦~♪

引用して返信編集・削除(未編集)

ポール牧様、こんばんは。

そんなに、おだてても何もでませんよぉ〜

最近は、手が震えてはんだ付けも難しいときがありました。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月16日 19:19)

献花

めのさんの初七日も済んでいる頃で、もう納骨されていると思いますが、
家の庭ではサツキが綺麗な花を咲かせていたので献花です。
もっとも私はのんきに藤の花を撮りにあちこち出掛けていたのですが、
これらの花も、めのさんへ捧げる花になってしまいました。

皆さんからお悔やみの言葉が届いていますが、これもめのさんのお人柄が成せる事でしょう。
一報を聞いてから10日ほど経って、冷静になるにしたがって思うのですが、
めのさんが残した「皆さんとの同好の輪」を途切れさせたくないと思うようになりました。

私としては、四十九日くらいまでは(六月初め頃)今まで通りに本掲示板に書き込みをしようと思います。
皆が沈黙してしまうのは、めのさんも望んではいないように思いますから・・・

その後は・・・管理が出来ず続けられないので、何か考えなければなりませんね。

引用して返信編集・削除(未編集)

> その後は・・・管理が出来ず続けられないので、何か考えなければなりませんね。
掲示板を設置してみました。こんな感じでいかがでしょう?
[仮称]自作オーディオいろいろ掲示板
https://onnyo01.bbs.fc2.com/
パスワード:test (本格運用時には外します)

HTMLタグは使用できません。
投稿できる画像はGIF・JPEG・PNGでファイルサイズは500KBまでのようです。
レス記事は15に設定してあります。最大レスは100まで可能。
1つの投稿に複数のURLを貼れます。

もしものトラブル時に管理人として対応できるか不安です。
「人徳」の無い私に管理人が務まるかという問題もあります。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月13日 07:18)

このページも使い易そうですね。他に候補が無ければここに決めて良いと思いますが・・・
ただ一か月くらいは移行期間と言う事で、こちらをメインにしようと思います。
(いきなり無人になるのは故人も寂しがると思うのです。)まあ、段々と移行して行けば良いように思います。

そして、おんにょさんには管理人を頑張って頂きたいと思います。
人徳なんて皆んな似たようなものですし、何かトラブルになった時は皆で応援しますから。

一方、午前中に近所のお寺にお参りして来ました。
いつもの堀之内妙法寺ですが、アヤメの花が綺麗でした。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月11日 19:38)

えーと、二人で話が進んでいってるのですが、皆さんの意見もお聞かせ下さい。

で、昨日の妙法寺の境内ではサツキも満開でした。
燃えるような真っ赤な大輪の花が咲いていて見事でした。

引用して返信編集・削除(未編集)

おんにょ様、菊池様、こんにちは。

めのさんは、「ものつくりの掲示板」でした。
半導体がメインの仕事であった・・・?
めのさんは、ものつくりがテーマであったと私は思うのです。

また、仮に趣味だったとしても、「真空管オーディオの掲示板」とはしませんでした。

ここで、真空管オーディオに限定してしまうとおかしくないですかと、私は思うのですがどうでしょう?

まあ、「タイトルに関わらず何でも書いてね」とも書いてあります。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月12日 13:20)

真空管オーディオ協議会も活動を停止したようです。
hーTTーp://www.shinkukanaudio.com/

ラジオ技術も書店の取り扱いはなくなったようです。
hーTTーp://www.iar.co.jp/
 今回の事態は,その取次を通じての買い取り制もやめ,読者の皆様との直接販売だけに販路を絞ったことにあります.

アナログオーディオフェア2023の中止
hーTTーp://analog-audio-fair.com/#top.html

真空管アンプというものも高年齢化して、多分年金生活で、こんなことはやっておれないし、往年のスピーカーも磁石が劣化して、スピーカーとして危ない状況です。もう昔のオーディオは、後期高齢者たちが、死んだら終わりじゃないかな・・・・・

なお、hーTTーpは、httpに置き換えてください。こうしないと、ロケットBBSでは、URLがたくさんあると、投稿できないからです。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月12日 16:46)

>第一、今どきの音楽をどう思いますか?ラップなんて論外だし・・・・・

何でも聴く私ですが、ラップは・・・・ねえ~、訳解りません。

>めのさんは、「ものつくりの掲示板」でした。
ものつくりは楽しいです、心ときめきます、電気系だけでなくて機械系の融合、現在ではロボットですか?
事の起こりは、マブチモーターと乾電池、ああ~、懐かしい。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月12日 16:30)

FMをたまに聞くのですが、今年70歳になった山下達郎さん、来年70歳の坂崎幸之助さん、同じくユーミンさんとか、そうそう勲章をもらう歳になったんですよ。

そうそう小林克也さんも現役ばりばり・・・・

それでも、FMの番組を持っている。

そこから飛んで、若い世代は20代で、間はいない。

昔は、おじさんというと、小沢昭一さん、永六輔さんでしたね・・・・

FMもだいじょうぶなんかなあ・・・・

ところで、ぺるけさんは、ユーミンと同い年なんですよ。ユーミンは下手くそだと言ってました・・・

わたしも、来年70歳です。生きているかなあ・・・・?
でも、放送大学で、勉強しています。今は、流行りの機械学習と深層学習です。

わりと、最近買ったCDは、Beegie Adair trioを3枚とNicki Parrott2枚です。
Beegie Adairは、去年1月だったかに亡くなりました。
そうそう、あのバート・バカラックが今年2月に亡くなりましたねえ。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月12日 15:53)

ユーミン
>ところで、ぺるけさんは、ユーミンと同い年なんですよ。ユーミンは下手くそだと言ってました・・・

ユーミンは素晴らしいと思います、あのビブラートが一切ない、ベターとした歌唱法、声量は控え目、
彼女独自の個性であり、誰も真似が出来ない、「ユーミンは下手くそ・・・」
解ってないですなあ~。

引用して返信編集・削除(未編集)

デビューした頃は、そんなんじゃなかったのですよ。

一時期、ユーミンの声は、モンゴルのホーミー発声のように、超音波が出ているとNHKで番組にもなりました。

引用して返信編集・削除(未編集)

はちべえさん、お久しぶりです。
最近農業は如何でしょうか?

引用して返信編集・削除(未編集)

あいかわらず、耕運機もなしで、畑を耕していますよ。
今年は、暖かかったんで、物事が、前倒しです。
トマト(桃太郎)6本、きゅうり4本、ナス2本、ししとう2本、ピーマン2本、さつまいも30本、じゃがいも30個、たまねぎ(去年11月に300本植えたけど、今残ったのは6割くらいかな)、オクラ4本で、大忙しです。
まあ、一段落です。

引用して返信編集・削除(未編集)

誤解のないように言っておきますが、ぺるけさんと20年ほど前の思い出であって、批判しているわけではありません。
また、おんにょ様も、Arito様も、頑張っておられることは、今更言うこともなく、批判しているわけでもありません。

その他の出てきた人たちも、批判しているわけではありません。

どうか、そのように感じられたら、不徳の致すところであります、お詫びします。

引用して返信編集・削除(未編集)

>真空管オーディオ

真空管アンプが「オワコン」なのは皆も承知の上です。
そして、だから愛おしいのです。「滅び行くもの」は人の哀れを誘うのです。

話が飛びますが、幕末に「ただの人切り集団」だった新選組が今の世にも人気なのは
滅び行く徳川幕府に最後まで従って滅んでいったからです。
中でも沖田総司は若い女性に大人気で、私のような歴史好きでも驚くほどです。
https://ryoma-hometown.com/20170922/essey36.html

一方の勝ち残った薩摩や長州の志士達で、若い人にこれほど人気のある志士は一人もいません。
という事で話を戻して、真空管が半導体よりも人気があるのは「歴史の必然」なのです。

>FM放送

FM放送は今も盛況ですよ。ただしリスナーは圧倒的に長距離ドライバー達で、AM放送はエンジンの
イグニッションノイズで音が悪いので、車のドライバーは、ほぼ間違いなくFMラジオを聴いています。
今のEV車のノイズは判りませんが、長距離トラックはディーゼルエンジンなのでFM放送なんです。

放送内容も、そのような理由から音楽重視ではなく「眠気防止でお喋り重視」になっていますね。
しかし小出力のFMコミュニティー放送は、家庭や地元商業施設を相手にしているので、
今でも音楽重視の放送内容になっていて、私もFMコミュニティー放送よく聴いています。

>ユーミン

別に下手という訳ではないけど、特段上手いとも言えないかも?

カラオケ好きの間で、歌手としての評価の高い女性歌手は「MISIA」とドリカムの「吉田美和」で、
「カラオケで高得点を出したいならMISIAとドリカムは歌うな!」と言われています。
つまりこの二人は、難しい曲でもいとも簡単そうに歌うので、素人がつられて歌って見ると
実は曲が難しくてカラオケの点数が伸びない、ともっぱらの評判ですね。

まとめてレスした事もあり、長々と失礼しました。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月19日 22:37)

2A3は、旧い球です。つまり、真空管を作るとできやすい特性なんでしょう。以下のように、2A3と同じVp-Ip特性は、いくらでもあります。
http://daisan-y.private.coocan.jp/homepage2/html/20170904.html

さて、6AH4はぺるけ球ですが、パラにすると、2A3と同じになります。6CA7の三結の二パラも2A3と同じになります。
6BX7の二パラも2A3と同じで、ということは、6AH4、6CA7の三結、6BX7は同じとなりますね。
だから、6AH4の差動PPは、6CA7の三結の差動PPにすれば、パワーアップできるのです。6BX7PPは、少しスケールダウンになります。6AH4と同じVp-Ip特性とはいえ、プレート損失は違うし、μも違いますので、動作点の変更は必要ですが、ロードラインは、同じですので、プレート損失を見ながら、平行移動で済みます。それで、動作点は決まります。

これは、Ayumiさんのモデルから作ったものですが、Ayumiさんも同じVp-Ip特性になるなんて知らなかったと思います。

ぺるけさんも6AH4と45と、71Aが同じVp-Ip特性であったなんて知らなかったでしょうね。6CA7の三結のパラは、2A3のVp-Ip特性だったとも知らなかったでしょうね。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月14日 19:16)

はちべいさん、話が盛り上がってきましたが、このスレは掲示板の行く末について聞きたかったのです。
もっとも私も長文をレスしたりして人の事は言えないのですが、お話は大体聞けたように思いますし
件数も伸びたので、新しいスレに移って盛り上がりましょう。

引用して返信編集・削除(未編集)

訃報連絡

いつもROMさせて頂いていた者で、立石と申します。
めのさんには、長きにわたり、ご指導頂いていた者ですが、
初めての書き込みで、悲しいお知らせをせねばなりません。

このサイトの管理者のめのさんは、先月26日、事故にてお亡くなりに
なりました。
ご冥福をお祈りください。

従いまして、このサイトもどこかで、使えなくなると思います。

詳細につきましては、お問い合わせ頂いても、お答えすることは
できませんので、悪しからずお願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)

突然のお知らせに驚いております、あの健康だっためのさんが、本当に信じられません、
ご冥福をお祈り申し上げます。

引用して返信編集・削除(未編集)

なんという悲しい報せなんでしょう。
いつか大分オフ会が開催されることを心待ちにしていたのですが...
ご冥福をお祈りいたします。

引用して返信編集・削除(未編集)

突然の悲報に驚いております。
めのさんが横浜在住時代には大変お世話になりました。
九州の半導体産業振興にもご尽力されていた最中なのに残念です。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

引用して返信編集・削除(未編集)

信じられません。最初に書き込みを見たときはイタズラじゃないかと思いました。
ソフトンの試聴会で何度かお会いしたことがあり、専門家らしい確かな技術の詰まった作品を拝見しました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

引用して返信編集・削除(未編集)

私も昨夜の書き込みを見た時は信じられなくて、一晩様子を見ていたのですが、
めのさんからの書き込みが無いので、残念ながら本当の事のようです。

めのさん自筆の解説ノートで勉強させて頂いた身としては本当に残念で、
いまだに信じられない思いですが、ただただ、ご冥福をお祈り申し上げます。

引用して返信編集・削除(未編集)

にわかには信じがたいのですが、事実とすれば受け入れるしかありません。
ご冥福をお祈り致します。

引用して返信編集・削除(未編集)

にわかには、信じがたいことですが、ご冥福をお祈りいたします。

引用して返信編集・削除(未編集)

突然の悲しい知らせに驚いています。
半年後辺りにお会いできるのかな…と思っていましたが残念です。

ご冥福をお祈り申し上げます。

引用して返信編集・削除(未編集)

信じられません。
善本さんの新年OFF会では大変お世話になりました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

引用して返信編集・削除(未編集)

久しぶりに覗いてみて驚きました。
めのさんとはMFさんのオフ会で一度お会いしたきりですが、同い歳でしたので勝手に親近感を抱いていました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

引用して返信編集・削除(未編集)

お逢いしたことないのに、自分の弟の突然の死、かなしい思い出がフラッシュバックしてきて発狂しそうです。
事故というのは交通事故?被害者だったら、加害者を刑事民事で追い詰めてやりたいです。
世の中って理不尽なんですよ。
亡くなったらどこにいき、どうなるんだろう。
つきなみな言葉、ご冥福を祈りますとしかいえませんね。
ひとひとりの命の大きさを感じます。

引用して返信編集・削除(未編集)

ひでほさま。
>亡くなったらどこにいき、どうなるんだろう。
そこには、我という意識が存在しません、ですから「無」に帰ると思われます、
光も闇も、空間、時間、は消滅するのでしょう?
あたかも、全身麻酔が永遠の連続であり、決して目が覚める事は無いのでしょう。

引用して返信編集・削除(未編集)

骨波田の藤

先週、埼玉県本庄市にある長泉寺に行って来ました。
このお寺の藤は骨波田の藤として知られれ、県の天然記念物にも
指定されている老木が毎年見事な花を咲かせます。
https://honjo.keizai.biz/headline/579/

引用して返信編集・削除(未編集)

ここの藤は房が長くてちょうど満開だったので、
境内はまるでカーテンのような花と、独特の香りに包まれていました。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年05月01日 19:39)

境内には池も配置されていましたが、コンクリで固められていて
亀戸天神のような風情はありませんでした。

引用して返信編集・削除(未編集)

また背丈ほどもあるツツジの老木もありましたが、残念ながらピークを過ぎていました。
境内のツツジが藤の花の見頃と重なる年もあるようで、そうなったら綺麗だったと思います。

引用して返信編集・削除(未編集)

春の北海道の花

北海道の森に春を告げる淡い青の可憐な花、エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)が咲きました。
桜も開花し、五月連休には満開になると思います。

引用して返信編集・削除(未編集)

北海道にも桜の便りが届きました
空知川沿いに咲く桜です

引用して返信編集・削除(未編集)

桜の足元には雪が残っているようで、まだまだ寒そうですが、
遅いけど着実に春は訪れているのですね。

ところで野の花と言えば「菜の花」も咲いているのでしょうか?
こっちでは桜と一緒に咲くので、写真にもよく撮られています。
と言う事で、これは昨日撮った群馬県の山並みと菜の花です。

引用して返信編集・削除(未編集)

私の居る所で「菜の花」は見かけませんが、これから野原に「タンポポ」が一斉に咲き始めます。
栽培している所では「チューリップ」も咲きます。

引用して返信編集・削除(未編集)

タンポポの黄色い花も桜とお似合いなんです。
ただカメラを地面に着くくらい低くしなければならないので、
桜と合わせて撮るのは意外と苦労するんです。

引用して返信編集・削除(未編集)

6B4Gシングルアンプ

またアンプが1台増えました。
ARITO's Audio LabのSE-5K10Wを使った6B4Gシングルアンプです。
製作にあたり、ARITOさんの300Bシングルアンプを参考にしました。
どうもありがとうございます。
https://onnyo01.hatenablog.com/entry/2023/04/21/220000

引用して返信編集・削除(未編集)


おんにょさん、完成おめでとうございます。
結局、一次側は5kΩで使われたのですね。
いつもながら完成度の高いアンプで敬服です。
またこのページもリンクを張らせていただいてよろしいでしょうか?

引用して返信編集・削除(未編集)

どうもありがとうございます。
リンクは構いませんのでよろしくお願いします。

引用して返信編集・削除(未編集)

完成おめでとうございます。
いつもながら綺麗な仕上がりが素敵です。
2A3系の球で5W出力は素晴らしい成果ですね。

引用して返信編集・削除(未編集)

善本さんどうもありがとうございます。
来るミニオフ会での披露を考えています。

引用して返信編集・削除(未編集)

ミニオフ会で聞かせて頂けるのを楽しみにしています。

引用して返信編集・削除(未編集)

亀戸天神藤まつり

予想はしていましたがむちゃくちゃ人がいました。
外国人も多かったので観光名所になっているのでしょう。
フジは満開で房も長かったです。
行くなら早朝かライトアップされる夜が良いようです。

引用して返信編集・削除(未編集)

幼少の藤原道真公とフジ。
亀戸天神近くの船橋屋には行列ができていました。
これから見れる花といったらアジサイでしょうか。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月19日 16:49)

夕方のニュースでとりあげたのですよ。
そのときは、そんなでもなかったけど、小生も市川の病院帰りは行ってみようなんて。
おそらくTVの影響です。

引用して返信編集・削除(未編集)

コロナが落ち着いて来たので行って見ようと思っていましたが、昼間は混雑のようですね。
東京でも一番の藤の名所なので仕方ありませんが、
ゆっくり鑑賞したいなら、仰せのように早朝が良いようですね。
寝起きに車を飛ばして、朝食は帰りの道すがらにコンビニのおにぎりかな・・・

>おそらくTVの影響です。

でしょうね。「鬼滅の刃」ブームはまだまだ健在なんですね。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d23de8c6a82a0e7d3b124acf3972d3d2f751e424

東京近辺でも足利や牛島の藤を見に行くとなれば一日がかりだけど、
亀戸ならば半日も掛からないから、海外観光客にも喜ばれるのでしょう。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月20日 00:26)

私の方も新作アンプのチューニングが終わって各定数が確定したので、
CRを買いに秋葉に出るついでに亀戸天神に行って見ました。

早起きは苦手だし秋葉に行く予定だったので昼頃に出掛けたら人で混雑していました。

引用して返信編集・削除(未編集)

さらに肝心の藤の花もピークは過ぎていて、
辛うじて見られるのは参道西側の藤だけでした。

生憎の曇り空で花の色が出難いのですが、レタッチで見られるようにしました。

引用して返信編集・削除(未編集)

それでも境内には観光客が多く、今は欧米からの旅行者が多いようでした。
手前の擬宝珠が邪魔ですが、正面に写っている女性は綺麗な方でした。

引用して返信編集・削除(未編集)

亀戸天神に行かれましたか。今年は花の咲くのが早く、藤まつりが終わる前に
散ってしまうでしょう。藤の房は年々短くなっており、コロナで見る人が減った
せいか今年は長くなりました。
今はハナミズキやツツジが花の旬ですが、アジサイも早く咲き出すと思います。
このところ気温の低い日が続いており、河川敷の桜の樹の下は気持ちよかった
ですよ。ユリカモメはもう去って、オオバンがまだ水草を食べていました。

引用して返信編集・削除(未編集)

そうですね、今日の状態でもほとんど散りかけなので、
明日辺りに雨が降ったら、残りも完全に散ってしまうでしょう。

本当はおんにょさんの書き込みの後にすぐに行けば良かったのですが、
アンプの定数が確定するのを待っていて、亀戸に行くのが遅くなってしまいました。
こうなったら奥多摩か北関東の藤を見に行きたいところですが、
あんまり遊び回っていると新作アンプがオフ会に間に合わなくなってしまうかも・・・

引用して返信編集・削除(未編集)

引っ越し

ワンルームから3DKの部屋へ引っ越しました。 こんなスピーカーでもこの距離だと悪くありません。 中々快適です。

引用して返信編集・削除(未編集)

めの様
引っ越しおめでとうございます。
3部屋あるといいですね。ベンチも常設できそうだし、あんなこともこんなことも。今日固定資産税きて、へなへなですが、広いことはいいことです。

引用して返信編集・削除(未編集)

狭いところから広いところへの引っ越しはいいですね~
私は2LDK、60㎡から2K、29㎡へと仕事場を移したので、未だに段ボールが無くなりません。
か~なりの断捨離をしなくては...

引用して返信編集・削除(未編集)

部屋はDK入れると4部屋ですが、一部屋は寝室、もう一つは同居人の部屋で、残りのリビングの片隅にPCデスクを
何とか押し込んでいるので、残念ながらひでほさんの仰るような”あんなこともこんなことも”とはいきませんね~。
最近忙しくて、工作は殆ど出来ていませんが、作業は勤務先の実験室を借りるのは変わらなそうです。

引用して返信編集・削除(未編集)

条件

高速・高負帰還、条件を満足しております。

引用して返信編集・削除(未編集)

重要な事は、補正が全く無しで、20dB の負帰還がかかっている事です、
その場合300KHz弱に+4dBのピークが発生しておりますが、原因は出力トランスの位相にあります、
50pFの位相補正を行いますとピークは減少いたします、
ただ、これ以上の補正は著しく音質劣化となります、
オシロスコープ観測のみの調整は慎むべきであります。

見落としてはいけないのは、無帰還の周波数特性です、出力トランス(EF-25-8)の特性がそのまま通過しております、
これは、増幅系のカットオフが非常に高い(MHz帯域)現れです。

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月11日 00:20)

重要な捨て駒!

増幅は行わない、単に位相反転に徹する、
位相反転は、増幅率(A=1)のP-K分割型、 重要な捨て駒であります、
理由は「ハッキリ聴こえる」 (スペアナ必要)

引用して返信編集・削除(編集済: 2023年04月12日 22:02)

高速・高負帰還は、増幅素子の種類(真空管、半導体、)には関係なく効果が期待出来ます、
例は少ないのですが、最初期のマーク・レビンソンには、同じ血筋を感じます。

引用して返信編集・削除(未編集)
合計1226件 (投稿143, 返信1083)

ロケットBBS

Page Top