MENU
68,401

規格に填まれなかった私たちへ 紫陽花

私はただぼーっとしていた 
暑すぎた夏が終わったとようやく
私の体が認識したからなのか

いつものようにみちこちゃんから
お金を預かってコンビニに
通販の青汁の支払いに行った
セブンイレブンの自動釣銭機に
じゃらじゃらっと封筒から
お金を入れる
ウイーンといつもの音がしている
と思ったらなんだかガチャガチャ
音がするエラー音も聞こえるような

私が放心してると
店員さんが異変に気付いて
自動釣銭機を開けてくれた
中から出てきたのは
500円玉より一回りは大きい
昭和の青函トンネル開通記念硬貨
その大きさは釣銭機の穴を通らないよね
当たり前だ
確認を怠った自分を責めながら
店員さんに平謝りした
店員さんは
この硬貨は使えません
普通の500円を出してください
と言っている

そう 普通の500円を出さないと
いけない
普通でないと時々こんなふうに
はじかれてしまう

帰り道やっぱり私はくよくよしていた
元を辿れば私は酒乱の父のいる家庭で育ち
暴力をうけた青あざを隠し通学し
ある日ふと異常に気付いて
市のDV相談センターに相談したところ
10人のうちの2人はそんな家庭です
とさらっと言われたところから
家出 何回もの転職
高齢出産と こんな生き様

家族があるだけいいじゃない
職につけるだけいいじゃない
子供がいるだけでいいじゃない

そうだその通りではある
有難いと思っている
ただ世間でいう8割の規格には
填まれなかった
みちこちゃんも似たようなもの
彼女は父母の早世 自身の精神障害
今でも3日に一回は怒ってる
あの鍵付きの病院に入院させられた事

ああ私たち世間一般という規格には
填まれなかったみたいね
青函トンネル開通記念硬貨と一緒だ
記念硬貨だってお金なのにね
あの自動釣銭機の穴の大きさに
合わなかっただけなのにね

今日は
皆が決めた普通の穴を
するりと
通り抜けられなかった

私達だって存在してる
なんだか分からないが世間の8割の
行動規格に合わなかっただけだ
そしてなんだかんだ言いながら
みちこちゃんと私
今はにこにこ穏やかに暮らしている
今日から青函トンネル開通記念硬貨も
私達と穏やかに暮らせばいい
そういうことにした

編集・削除(編集済: 2022年11月23日 12:23)

慈愛 黒い木

俺はもうすぐ死ぬ。
今朝病院の周りを散歩していると、茶色く腐った雀の死骸を見つけた。
俺は泣いた。自分もこんな風になるのが恐ろしくて。
ある銀杏木の側を通ったとき、黄色い葉っぱが溢れるようにどっと落ちてきた。
俺は泣いた。この木は俺の死を悲しんで泣いてくれているのだ。
なんと喜ばしいことだろう。

編集・削除(未編集)

似ている  樺里ゆう

父方の祖父母の
七回忌の集まり

別れ際に握手したとき
私は驚いた

叔母さんの
うすい掌は

祖母の掌に
そっくりだったのだ

家に帰って
風呂に入ったとき
また私は驚いた

洗い場の鏡に映る
半月形の白い額と
それにかかる癖毛が
祖母とよく似ていたから

誰もが
誰かの面影をまとって
生きている

私のいかり肩と
とんがった坐骨は
私が生まれる前に亡くなった
母方の祖父から

かきむしると
すぐに負ける肌は
父方と母方
両方の祖父から

すべて私が
もらったもの

私はそれが
うれしい

編集・削除(未編集)

日曜日のピアノ弾き  朝霧綾め

日曜日
今日は雨が降っていて外へ行けない
そんな日 私は
ピアノの蓋を開けてみる

リビングの隅に置かれている
白いピアノ
たくさんの鍵盤が ずらりと並ぶ

家族が習っているけれど
私は弾けない
それでも 人差し指をそっと鍵盤にのせれば
 ドー
ずんと 音が
体の芯から響いてくる

今度は
親指 中指 小指で
ゆっくりと鍵盤を押してみる
 ド ミ ソ
心地よく 和音が響く

指を変えて
親指 薬指 小指で
鍵盤を押す
 ド ファ ラ
さっきと少し違う これもきれい

素早く軽やかに弾いてみる
 ポロン ポロン
楽しげな音色
外の雨だれも
 ピチャン ピチャン
はねて合わせるよう

 ド ミ ソ  
  ド ファ ラ
   ポロン  
    ピチャン
     ポロン
      ポロン

雨降りの日曜日に ピアノを弾く
家の中に
小さな音楽が響く

編集・削除(未編集)

さがす日々 大杉 司

私は探している
子供の頃大事に持っていた玩具や絵本を
日が暮れるまで探している
こんなに熱中して物を探すのは
久し振りだった

押入れに隠れて一人考えた
子供の頃の自分と今の自分
何が変わっただろうか
背が伸びた?体重が増えた?
挙げれば切が無かった

あの頃はとにかくわんぱくで
怖いものなしだった
今はどうだ
近所の子犬に吠えられては
驚いて肩をビクリと震わせている

そう思うとあの頃が羨ましく思う
何事にも怯まない精神と活発さ
それは大人になるにつれて自然と消えていた
今はとても苦しい

大人とはこうも退屈なのかと常々感じては
何もすることが出来ない自分を責める
非常に苦しい
異常に苦しい

そのような考えをするのはもうやめよう
そのような考えをしても何も変わらない
私は押入れから出て玩具や絵本を探す
じめじめとした空気を吸いながら

気付けば外は真っ暗だった
探す事を中断して買い物に行こう
今夜は何を食べようか

編集・削除(未編集)

過ちへの備忘録 白猫の夜

へどろが溢れてしまいそうな夜に
涙を流しながら散歩に出る
口ずさんでいる歌は次第にとまり
野良猫が私を胡乱げに見下げる
過ちを悔いて
震えながら生きて
腹の中が伽藍堂になって

ふと歩みを留める
足元のとんがった砂利を拾う
口元に運んで食んで砕く
食んで砕く
食んで砕く
咀嚼して、
飲み込んで。
多少マシになった空腹と
満たされない心の穴と

過去の自分は嘲るかな
今の自分が未来を呪って
未来の自分は消えたくなるかな
涙となったへどろが影を作り出し言い放つ
お前は本当に屑だよ。と

かき消すように地団駄を踏んで
悲鳴ともとれる声で叫んで
ただ、ただ、呆然と立ち尽くす
初めて自分を悔しいと思った今日も
いつかは過ぎ去り過去になる
未だ無い日に陰らないように
止めていた歩みを進めて
散歩道から帰路に着く

心残りは置いていこう
いつか迎えに来れるように

編集・削除(未編集)

恋愛論  紅桃有栖

何処かで、恋愛が生ずるまでは美が看板として必要だと云うのを聞いた気がします。人は美を追う内に恋愛を生み出してしまうのでしょうか。心に狂おしい情熱が生じたとき、そして彼/彼女が未だ遠くに在すとき僕の全ては氷のような炎に焼かれて、一縷の甘美な未来を夢見る以外は、その苦しみは形容し難く恐るべきものです。そっと解体すれば、相手を所有せんとする空しい悪魔が座っていたので、水晶のナイフで切りつけてみますと、炎熱も甘味も初めから生まれていなかったように消え失せつつ、僕は炭と灰の小さく永い火を抱いて眠る少年に返りました。愛しいあなたに言祝ぎましょう。もはや何も求めず怖がらず、無限定の満開が約束されたあなたは、何をせずとも乳粥を恵んでいるのです。この先、僕たちの道が交らわずともそれの何が問題になりましょう。あなたの好きなお酒を飲んで、密かに想えば充分です。そう、僕はこのお酒が好きなのだと。

編集・削除(未編集)

小さな中庭  荻座利守

麗らかな昼下がりの
やわらかな陽射しがそそぐ
大学病院の片隅

法医学教室がある建物から
ピアノの音が聞こえてくる

その優しげな旋律は
色とりどりの花が植えられた
小さな中庭を隔てた一角にある
古い部屋にも届いていた

今では使われていない部屋
そのドアに貼られた
くすんだ表示板には
「遺族待合室」
と記されていた

今までにその部屋に
どれだけの苦しみや悲しみが
満ちていたのか
想像することすら難しいが

法医学によって
死の様相が明らかにされ
法のもとに正義の裁きが
下されたとしても

その部屋に満ちていた
苦しみや悲しみは
決して消え去ることは
ないのだろう

正義が語られ
正義が求められ
正義が行われるところには
常にその傍らに
苦しみや悲しみが踞っている

何故なら正義とは
拭い去ることのできぬ
それらの想いにより
支えられ
保たれているものだから

その場に今なお残る
身を焼き尽くすかの如き
怒りや憎しみを
和らげようとするかのように
小さな中庭に
やわらかな陽射しはそそぎ
色とりどりの花は咲き
ピアノの優しげな旋律は
たおやかに流れてゆく

その小さな中庭は
我らの平穏な生が
過去に流された数多の涙に
支えられてこそある
ということを
伝えているかのようだった

編集・削除(未編集)

奈イさんへ  青島江里

☆眠れぬこと 奈イさん (11/3 ご投稿分)

奈イさんへ。このたびは、どうもすみませんでした。奈イさん宛てのデーターが掲載されていませんでした。掲示板へのデーター移行時の私の手違いによるものです。送り主の私は、すっかり送信したつもりになっていました。

たいへんお待たせしました。ここから本題に入らせていただきます。日に日に寒くなってまいりました。パソコンのキーボードで文章を打ち込むにしても、ペンを握って文字を書くにしても、ゆびさきの冷えはこまりものですね。一連目と二連目の初めまでは、現実の時間が流れています。「慌ててストーブをつけて一息をつく」という言葉を添えることにより、部屋のぬくもりや人いきれが伝わってきて、より一層の現実的な空間が広がっていくように思えました。

三連目からは様子が変わってきましたね。この作品の中で一番面白いシーンになっていると思いました。空の色の気づき。そして例え方。どちらともいえないような色の例えが、現実の空間に立っている作中人物を、言い表せない時間に連れて行ってしまいます。その表現は、思わず見入ってしまい、いつのまにか引っ張られていかれそうな、何とも言えない気持ちにさせられると思いました。なかなか面白い展開になっているなと感じました。

五連目の「そうこうしているうちに」ですが、どういう風にしているかということを、「しゃがみこんでしまって」等、なんとなくでもいいので、わかるようにするとよいかもしれませんね。六連目から最終連にかけては、めまいのような世界から元通りの現実にもどる場面になっていますね。「詩にしたかったことも/忘れてしまって」は、詩に書きたいと思うことを上回ってしまうくらいのこと、それぐらい不思議なことということが伝わってきました。わけがわからないくらいの不思議な体験。そのまま通過せず、書き留めておこうとする気持ち。どれだけ不思議な体験だったかということもが伝わってきました。

不思議な経験に限らず、詩を書いていこうとする時、日頃の気付きや忘れたくない体験を書き留めておくのは、よいことだと思いました。そのような詩作に向かう純粋な思いも感じさせてくれる作品だと思いました。

たいへん、たいへん、お待たせしました。不安な気持ちにさせてすみませんでした。これからの時期、ペンを握るゆびさきのかじかむ日も増えるでしょうね。どうぞ焦らずゆっくりあたためてから書き始めてくださいね。奈イさんのこれからの詩生活が、充実したものとなりますように。

編集・削除(未編集)

三浦先生への詩評お礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありません。
当方、学生の頃は遠い昔ですが、こんな詩を書いてしまいました。
ありがとうございます。また、投稿させていただきますので、何とぞよろしくお願いいたします。

編集・削除(未編集)
合計1074件 (投稿1074, 返信0)

ロケットBBS

Page Top